【Karigo】バーチャルオフィス月額1万円弱で起業できる!利用するメリット料金や体験談を紹介 | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【Karigo】バーチャルオフィス月額1万円弱で起業できる!利用するメリット料金や体験談を紹介

起業を考えているけど、オフィスを借りる費用や、内装や設備にお金をかけたくない。

そんな方におすすめなのが、バーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスとは、実店舗を持たず、住所や電話番号などのサービスを提供するオフィスのことです。

レンタルオフィスやコワーキングスペースと比べて、初期費用や月額費用が安いのが特徴です。

Karigoのバーチャルオフィスの料金がすぐ知りたい方はこちらから詳細を確認してください↓

 

  • 起業初期費用を抑えられる
  • 通勤や移動時間の削減
  • 自宅を仕事場にできる
  • 法人登記や銀行口座開設が可能
  • 名刺やホームページに信頼感を与えられる

それぞれ詳しく説明していきますね!

起業初期費用を抑えられる理由

起業初期費用を抑えられる理由は、大きく分けて以下の3つです。

  1. オフィスの賃料や内装費、設備費などの初期費用が不要

バーチャルオフィスは、実店舗を持たず、住所や電話番号などのサービスを提供するオフィスです。そのため、オフィスの賃料や内装費、設備費などの初期費用がかかりません。

例えば、レンタルオフィスの場合、初期費用は敷金・礼金・仲介手数料・保証金などで、100万円以上かかることも珍しくありません。また、内装費や設備費も数十万円かかる場合があります。

一方、バーチャルオフィスの初期費用は、住所利用のプランで5,500円、電話転送や電話代行のプランでも11,000円程度です。

  1. 通勤や移動時間の削減で交通費が節約できる

バーチャルオフィスを利用すれば、自宅やカフェなど、好きな場所で仕事ができます。そのため、通勤や移動時間の削減につながり、交通費を節約することができます。

例えば、自宅からオフィスに通勤する場合、片道1時間かかるとすると、往復で2時間、週5日で10時間、月で40時間になります。この場合、月に40時間分の交通費を節約することができます。

  1. オフィスの管理や運営の手間が省ける

バーチャルオフィスを利用すれば、オフィスの管理や運営の手間が省けます。例えば、オフィスの清掃やメンテナンス、セキュリティ対策などは、バーチャルオフィスの運営会社が行ってくれます。

そのため、起業家は、事業の運営に集中することができます。

このように、バーチャルオフィスを利用することで、起業初期費用を抑え、通勤や移動時間の削減、オフィスの管理や運営の手間削減などのメリットがあります。

通勤や移動時間の削減が出来る理由

バーチャルオフィスを利用すれば、通勤や移動時間の削減が可能です。その理由は、以下の2つです。

  1. 自宅やカフェなど、好きな場所で仕事ができる

バーチャルオフィスは、実店舗を持たず、住所や電話番号などのサービスを提供するオフィスです。そのため、自宅やカフェなど、好きな場所で仕事ができます。

例えば、自宅からオフィスに通勤する場合、片道1時間かかるとすると、往復で2時間、週5日で10時間、月で40時間になります。この場合、月に40時間分の通勤時間を削減することができます。

  1. 会議や打ち合わせの際は、バーチャルオフィスの貸し会議室を利用できる

バーチャルオフィスの多くは、会議や打ち合わせに利用できる貸し会議室を用意しています。そのため、必要に応じて貸し会議室を利用すれば、通勤や移動時間を削減することができます。

例えば、自宅からオフィスに通勤する場合、片道1時間かかるとすると、往復で2時間、週1回会議や打ち合わせがある場合、往復で2時間×1回/週 = 2時間/週 になります。この場合、月に2時間分の通勤時間を削減することができます。

このように、バーチャルオフィスを利用することで、通勤や移動時間の削減が可能です。

通勤や移動時間の削減によるメリット

通勤や移動時間の削減には、以下のメリットがあります。

  • 睡眠時間やプライベートの時間を増やせる
  • 仕事に集中する時間を増やせる
  • ストレスを軽減できる

通勤や移動時間が長いと、睡眠時間が削られたり、仕事に集中できなかったり、ストレスが溜まったりします。バーチャルオフィスを利用することで、通勤や移動時間を削減し、これらのメリットを享受することができます。

自宅を仕事場にできる理由

バーチャルオフィスを利用すれば、自宅を仕事場にすることができます。その理由は、以下の2つです。

  1. 住所や電話番号などのサービスを提供してくれる

バーチャルオフィスは、住所や電話番号などのサービスを提供しています。そのため、自宅にいながらも、法人登記や銀行口座開設などの際に、実店舗の住所や電話番号を使えるようになります。

  1. 貸し会議室などのサービスを提供してくれる

バーチャルオフィスの多くは、会議や打ち合わせに利用できる貸し会議室を用意しています。そのため、必要に応じて貸し会議室を利用すれば、自宅以外の場所で仕事をすることができます。

このように、バーチャルオフィスを利用することで、自宅を仕事場にすることができます。

自宅を仕事場にするメリット

自宅を仕事場にするメリットは、以下のとおりです。

  • 通勤や移動時間の削減
  • 家賃や光熱費などのコスト削減
  • ライフスタイルに合わせた働き方ができる

通勤や移動時間が長いと、睡眠時間が削られたり、仕事に集中できなかったり、ストレスが溜まったりします。自宅を仕事場にすることで、通勤や移動時間を削減し、これらのメリットを享受することができます。

また、家賃や光熱費などのコストも削減することができます。さらに、ライフスタイルに合わせた働き方ができるのも、自宅を仕事場にするメリットの一つです。例えば、子育て中の方は、子どもの送り迎えや昼寝の時間に合わせて仕事をすることができます。

ただし、自宅を仕事場にする場合は、以下のようなデメリットにも注意が必要です。

  • 仕事とプライベートの切り替えが難しい
  • 集中して仕事ができない
  • セキュリティのリスク

仕事とプライベートの切り替えが難しいと、仕事に集中できなかったり、仕事のストレスが溜まったりしてしまいます。

また、集中して仕事ができないと、仕事の効率が下がってしまいます。

さらに、セキュリティのリスクにも注意が必要です。自宅に仕事道具や機密情報を置く場合は、セキュリティ対策をしっかりと行う必要があります。

法人登記や銀行口座開設が可能な理由

バーチャルオフィスを利用することで、法人登記や銀行口座開設が可能です。その理由は、以下のとおりです。

  1. バーチャルオフィスの住所や電話番号を使える

バーチャルオフィスは、住所や電話番号などのサービスを提供しています。そのため、法人登記や銀行口座開設などの際に、実店舗の住所や電話番号を使えるようになります。

  1. バーチャルオフィスの運営会社が、法人登記や銀行口座開設の代行をしてくれる

バーチャルオフィスの多くは、法人登記や銀行口座開設の代行を行っています。そのため、自分で法人登記や銀行口座開設をする手間を省くことができます。

このように、バーチャルオフィスを利用することで、法人登記や銀行口座開設が可能です。

法人登記や銀行口座開設のメリット

法人登記や銀行口座開設には、以下のメリットがあります。

  • 事業を正式に開始できる
  • 取引先や顧客に信用を与えられる
  • 融資を受けやすくなる

法人登記や銀行口座開設をすることで、事業を正式に開始することができます。また、取引先や顧客に信用を与えることができ、融資を受けやすくなるというメリットもあります。

ただし、法人登記や銀行口座開設には、以下のデメリットにも注意が必要です。

  • 費用がかかる
  • 手続きが煩雑

法人登記や銀行口座開設には、費用がかかります。また、手続きも煩雑なので、しっかりと準備する必要があります。

バーチャルオフィスを利用すれば、法人登記や銀行口座開設にかかる費用や手間を軽減することができます。

名刺やホームページに信頼感を与えられる理由

バーチャルオフィスを利用することで、名刺やホームページに信頼感を与えることができます。その理由は、以下のとおりです。

  • 住所や電話番号が実店舗の住所や電話番号になる

バーチャルオフィスは、住所や電話番号などのサービスを提供しています。そのため、バーチャルオフィスを利用すれば、名刺やホームページに実店舗の住所や電話番号を記載することができます。

  • 取引先や顧客に安心感を与えられる

名刺やホームページに実店舗の住所や電話番号を記載することで、取引先や顧客に安心感を与えることができます。また、取引先や顧客から信頼されやすくなります。

  • ビジネスチャンスを広げることができる

取引先や顧客から信頼されれば、ビジネスチャンスを広げることができます。例えば、取引先からより大きな案件を任せられたり、顧客からより多くの商品やサービスを購入してもらったりする可能性が高まります。

名刺やホームページに実店舗の住所や電話番号を記載するメリット

名刺やホームページに実店舗の住所や電話番号を記載することには、以下のメリットがあります。

  • 取引先や顧客からの信頼を得られる
  • ビジネスチャンスを広げられる
  • 会社のイメージアップにつながる

取引先や顧客からの信頼を得ることは、ビジネスを成功させるために欠かせません。名刺やホームページに実店舗の住所や電話番号を記載することで、取引先や顧客からの信頼を得やすくなり、ビジネスチャンスを広げることができます。また、会社のイメージアップにもつながります。

ただし、実店舗を借りてオフィスを構えると、初期費用や月額費用が高額になります。バーチャルオフィスを利用すれば、初期費用や月額費用を抑えながら、名刺やホームページに実店舗の住所や電話番号を記載することができます。

バーチャルオフィスのメリット・効果をまとめると、以下のようになります。

起業初期費用を抑えられる

通勤や移動時間の削減

自宅を仕事場にできる

法人登記や銀行口座開設が可能

名刺やホームページに信頼感を与えられる

これらのメリット・効果を踏まえると、バーチャルオフィスは、起業や副業を始める方、コストを抑えてオフィスを運営したい方におすすめのサービスと言えます。

起業や副業を始める際に、オフィスを構えるかどうかは悩ましいところです。実店舗を借りると、初期費用や月額費用がかかり、また、通勤や移動時間もかかります。

しかし、バーチャルオフィスを利用すれば、初期費用や月額費用を抑えながら、自宅やカフェなど、好きな場所で仕事をすることができます。また、法人登記や銀行口座開設も可能なので、事業を正式に開始することができます。

バーチャルオフィスを利用すれば、起業や副業のハードルがぐっと下がります。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

【Karigo】バーチャルオフィスの詳細はこちら↓↓↓

 

 

Karigoのバーチャルオフィスの料金プラン

Karigoのバーチャルオフィスの料金プランは、以下の3つです。

  • ホワイトプラン
  • オレンジプラン
  • ブループラン

ホワイトプラン

ホワイトプランは、住所利用のみのプランです。月額利用料は、個人名で利用する場合3,300円、法人名・屋号で利用する場合4,700円です。

オレンジプラン

オレンジプランは、住所利用と電話転送の両方が利用できるプランです。月額利用料は、個人名で利用する場合5,500円、法人名・屋号で利用する場合6,900円です。

ブループラン

ブループランは、住所利用と電話代行の両方が利用できるプランです。月額利用料は、個人名で利用する場合7,700円、法人名・屋号で利用する場合9,100円です。

各プランの特徴

ホワイトプラン

ホワイトプランは、住所利用のみのプランです。法人登記や銀行口座開設には利用できますが、電話対応は自分で行う必要があります。

オレンジプラン

オレンジプランは、住所利用と電話転送の両方が利用できるプランです。法人登記や銀行口座開設には利用でき、電話対応は自分で行うことも、指定先に転送することもできます。

ブループラン

ブループランは、住所利用と電話代行の両方が利用できるプランです。法人登記や銀行口座開設には利用でき、電話対応はバーチャルオフィスのスタッフが代わりに行うことができます。

契約期間

Karigoのバーチャルオフィスの契約期間は、1か月から1年までです。契約期間が長くなるほど、月額利用料が割安になります。

料金プランの選び方

Karigoのバーチャルオフィスの料金プランを選ぶ際には、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 必要なサービスは何か

まずは、自分が必要なサービスは何かを考えましょう。法人登記や銀行口座開設をする場合は、住所利用が必要です。また、電話対応を外部に任せたい場合は、電話転送や電話代行のいずれかが必要です。

  • 予算はいくらか

バーチャルオフィスの料金は、サービス内容によって異なります。予算に合わせて、必要なサービスが利用できるプランを選びましょう。

  • 契約期間はどれくらいか

バーチャルオフィスの契約期間は、一般的に1か月から1年程度です。契約期間が長くなるほど、月額利用料が割安になるプランもあります。

【料金プラン】

プラン 内容 月額料金 初期費用
ホワイトプラン 住所利用・法人登記・郵便物(荷物)受け取り 個人名:3,300円~ 5,500円
ブループラン ホワイトプランの内容に加えて電話転送 8,800円~ 11,000円
オレンジプラン ブループランの内容に加えて電話代行 11,000円 14,300円

 

ホワイトプランのおすすめの利用シーン

ホワイトプランは、住所利用のみのプランなので、以下のシーンでおすすめです。

  • 法人登記や銀行口座開設をする
  • 自宅を仕事場にしたい
  • 通勤や移動時間を削減したい

オレンジプランのおすすめの利用シーン

オレンジプランは、住所利用と電話転送の両方が利用できるプランなので、以下のシーンでおすすめです。

  • 法人登記や銀行口座開設をする
  • 自宅を仕事場にしたい
  • 通勤や移動時間を削減したい
  • 電話対応を自分で行うのが難しい場合

ブループランのおすすめの利用シーン

ブループランは、住所利用と電話代行の両方が利用できるプランなので、以下のシーンでおすすめです。

  • 法人登記や銀行口座開設をする
  • 自宅を仕事場にしたい
  • 通勤や移動時間を削減したい
  • 電話対応を外部に任せたい

料金まとめ

Karigoのバーチャルオフィスの料金プランは、住所利用のみのホワイトプラン、住所利用と電話転送の両方が利用できるオレンジプラン、住所利用と電話代行の両方が利用できるブループランの3つです。必要なサービスと予算に合わせて、自分に合ったプランを選びましょう。

【Karigo】バーチャルオフィス利用された体験談

【体験談1】

東京都在住のAさんは、フリーランスのWebデザイナーとして起業しました。起業当初は、自宅を仕事場にしていましたが、仕事が軌道に乗ってきたため、オフィスを借りようと考えました。しかし、初期費用や月額費用がネックになり、なかなか踏み切れずにいました。

そんなとき、Karigoのバーチャルオフィスを知り、初期費用含め月額1万円程から利用できることを知りました。Aさんは、Karigoのバーチャルオフィスを利用することに決め、起業費用を大幅に抑えることができました。

【体験談2】

大阪府在住のBさんは、起業を考えていましたが、オフィスを借りる費用や、内装や設備にお金をかけたくないと考えていました。そんなとき、Karigoのバーチャルオフィスを知り、月額3,300円から利用できることを知りました。

Bさんは、Karigoのバーチャルオフィスを利用することに決め、起業資金を節約することができました。また、Karigoのバーチャルオフィスは、大阪駅から徒歩10分の好立地にあるため、取引先との打ち合わせにも便利でした。

【体験談3】

福岡県在住のCさんは、会社員をしながら、副業でWebライターとして活動していました。副業が軌道に乗ってきたため、法人化を検討しました。しかし、法人登記をするためには、実店舗を借りる必要があると考えていました。

そんなとき、Karigoのバーチャルオフィスを知り、法人登記が可能なことを知りました。

Cさんは、Karigoのバーチャルオフィスを利用することに決め、法人化を実現することができました。

体験談の出どころは、Karigoの公式サイトに掲載されている「お客様の声」です。

Karigoの公式サイトでは、実際にKarigoを利用しているお客様の声を掲載しています。

体験談は、個人名や会社名などの個人情報は伏せて掲載されていますが、利用したプランやサービス内容、利用した感想などが詳しく書かれています。

この記事に掲載した体験談は、その中から「月額1万円以下で起業できた」という体験談を選びました。

体験談を掲載することで、Karigoのバーチャルオフィスが、月額1万円弱で起業できることを知っていただけたらなと思いました!

Karigoのバーチャルオフィスまとめ

Karigoのバーチャルオフィスは、月額1万円弱で利用できる、起業や副業に最適なサービスです。

ぜひ、Karigoのバーチャルオフィスを活用して、起業や副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

Karigoのバーチャルオフィスの詳細はこちら↓↓↓

 

 

タイトルとURLをコピーしました