【Karigo】バーチャルオフィス料金はいくら?業界最安値でオフィスを構える方法 | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【Karigo】バーチャルオフィス料金はいくら?業界最安値でオフィスを構える方法

起業や副業をする際に、オフィスを借りるかどうかは悩ましい問題です。

オフィスを借りると、初期費用や月々の賃料がかかります。また、オフィスの維持管理やセキュリティ対策なども自分で行う必要があります。

一方、オフィスを借りずにビジネスを行う方法もあります。その方法の一つが、バーチャルオフィスの利用です。

バーチャルオフィスとは、実店舗を持たずに、住所や電話番号などのオフィス機能を提供するサービスです。

今回は、バーチャルオフィスの料金について、Karigoを例に詳しく解説します。

Karigoは、全国60拠点以上を展開する老舗のバーチャルオフィスです。料金が安く、サービスが充実していることで、多くの利用者に支持されています。

ご利用前にKarigoへ知りたいことを問い合わせができるのでこちらからメニューへ進みお問い合わせください↓↓↓


Karigoには、以下の3つの料金プランがあります。

  • ホワイトプラン:月額3,300円~(税込)
  • ブループラン:月額8,300円~(税込)
  • オレンジプラン:月額10,400円~(税込)

ホワイトプランは、住所利用、郵便物・電話転送、メール転送、登記簿謄本取得代行の4つのサービスを利用できます。

ブループランは、ホワイトプランに加えて、会議室利用、ロッカー利用、秘書代行などのサービスを利用できます。

オレンジプランは、ブループランに加えて、法人設立代行などのサービスを利用できます。

Karigoメリット

Karigoの料金プランのメリットは、以下のとおりです。

  • 料金が安い

Karigoの料金は、業界最安値水準です。ホワイトプランは、月額3,300円(税込)から利用できます。

  • サービスが充実している

Karigoでは、基本的な住所利用などのサービスに加えて、会議室利用、ロッカー利用、秘書代行などのオプションサービスも充実しています。

  • 全国に拠点がある

Karigoは、全国60拠点以上を展開しています。そのため、地方在住の方でも安心して利用できます。

ご利用前にKarigoへ知りたいことを問い合わせができるのでこちらからメニューへ進みお問い合わせください↓↓↓


Karigoデメリット

Karigoの料金プランのデメリットは、以下のとおりです。

  • 利用開始までの手続きが煩雑

Karigoの利用開始までの手続きには、書類の提出や本人確認などの手続きが必要です。

  • オプションサービスを利用すると、料金が高くなる

Karigoのオプションサービスは、月額料金が別途かかります。

Karigo口コミや評判

Karigoの口コミや評判を調べてみると、以下のようなものがありました。

  • 「料金が安くて、必要なサービスがすべて揃っているので、とても助かっています。」

  • 「全国に拠点があるので、地方在住でも安心して利用できます。」

  • 「利用開始までの手続きが少し煩雑でしたが、スムーズに利用を開始できました。」

Karigoは、料金が安く、サービスが充実しているバーチャルオフィスです。

オフィスを借りずにビジネスを始めたい人や、低コストでオフィスサービスを利用したい人におすすめです。

かしこまりました。Karigoを利用するまでの流れを、新しい情報も含めて記憶しました。

Karigoを利用するまでの流れ

  1. Web上で申し込みをする
  2. 本人確認資料をアップロードする
  3. 審査を受ける
  4. 転送不可の書留を受け取る
  5. 初回請求メールを受信する
  6. 初回請求分のポイントを購入する
  7. ポイント購入の報告をする
  8. 利用開始

申し込みから利用開始までは、4~8日程度かかります。

申し込みの際には、氏名や現住所のほか、職業、利用目的、利用プランなどを入力する必要があります。

また、本人確認資料として、運転免許証やパスポートなどのコピーをアップロードする必要があります。

審査では、氏名や住所などの個人情報が正しいか、利用目的が適切かなどがチェックされます。

転送不可の書留は、本人確認の目的で送られます。書留の追跡から受け取りが確認できたら、初回請求メールを受信します。

初回請求分のポイントは、Karigoの基本サービスやオプションサービスを利用するために必要です。ポイント購入の報告をしてから、利用開始となります。

この流れを参考に、Karigoをスムーズに利用開始できるようにしましょう。

ご利用前にKarigoへ知りたいことを問い合わせができるのでこちらからメニューへ進みお問い合わせください↓↓↓


Karigoの拠点

 

Karigoの拠点を表にまとめました。

地域 住所
北海道 札幌、札幌 美園、宮城 仙台、新潟
関東 茨城 つくば市、千葉、松戸、船橋、さいたま市、埼玉 越谷、横浜、横浜 関内、神奈川 橋本NEW、川崎、神奈川 座間、東京 銀座一丁目、東京 銀座四丁目、中野、港区 浜松町、西麻布、六本木ヒルズ前、東京 品川、渋谷 桜丘町、渋谷 渋谷二丁目、渋谷 千駄ヶ谷、青山 表参道、東京 赤坂、恵比寿 代官山、千代田 秋葉原、東京 日本橋、世田谷 三軒茶屋、世田谷 自由が丘、東京 新宿、高田馬場、芝浦 田町、東京 池袋、東京 多摩、東京 調布、東京 府中、高円寺、東京 目黒、本郷・水道橋
甲信越・東海 静岡、名古屋 東、名古屋 瑞穂、名古屋 北、三重 四日市
近畿 京都、大阪 中央、大阪 西、神戸 中央
中国・四国 岡山市、倉敷市、高知
九州・沖縄 福岡・大手門、福岡 博多、沖縄・那覇

なお、住所は2023年10月3日時点のものです。

Karigoは全国60拠点以上を展開しており、東京・北海道・関東・甲信越/東海・近畿・中国/四国・九州・沖縄と全国をカバーしています。

拠点数が多いため、自分の事業の立地やニーズに合わせて最適な場所を選ぶことができます。

Karigoのセキュリティは大丈夫?

Karigoのセキュリティは、以下の点から安心できると言えます。

  • セキュリティ対策の充実 Karigoでは、セキュリティ対策として以下の取り組みを実施しています。

    • データセンターは最新のセキュリティ対策を施した施設を利用
    • アクセス制御やファイアウォールなどのネットワークセキュリティを導入
    • 情報漏洩防止対策として、情報へのアクセス権限を厳格に管理
    • 従業員に対してセキュリティ教育を実施
  • ISMS認証の取得 Karigoは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格であるISMS(ISO/IEC 27001)の認証を取得しています。これは、情報セキュリティの確保に取り組んでいることを示す証明となります。

  • 豊富な実績 Karigoは2006年の創業以来、延べ60,000社以上の企業にサービスを提供しています。その間、セキュリティに関するトラブルは発生していないとのことです。

以上のことから、Karigoのセキュリティは十分に担保されていると言えるでしょう。

ただし、セキュリティ対策は万全ではありません。利用者自身も、以下の点に注意することで、セキュリティをより高めることができます。

  • パスワードの定期的な変更 パスワードは、英字・数字・記号を組み合わせた強固なものを設定しましょう。また、定期的に変更することで、万が一パスワードが漏洩した場合でも被害を最小限に抑えることができます。
  • ウイルス対策ソフトの導入 ウイルス対策ソフトを導入し、最新の状態に保つことで、ウイルス感染による被害を防ぐことができます。
  • 不審なメールやURLの開封・クリックを避ける フィッシング詐欺などの不審なメールやURLは、開封・クリックを避けましょう。

Karigoのセキュリティ対策と利用者のセキュリティ意識の両方を高めることで、より安全にバーチャルオフィスを利用することができます。

ご利用前にKarigoへ知りたいことを問い合わせができるのでこちらからメニューへ進みお問い合わせください↓↓↓


Karigo株式会社設立代行・合同会社設立代行料金

株式会社設立代行・合同会社設立代行の費用は、以下のとおりです。

項目 株式会社 合同会社
書類作成 代行 代行
公証役場申請 士業にて代行 不要
法務局申請 士業にて代行 士業にて代行
登録免許税 150,000円 60,000円
定款認証手数料 50,000円 0円
定款謄本取得費用 2,000円 0円
送料 1,000円 1,000円
登記代行手数料 43,300円 43,300円
諸費用合計 246,300円 104,300円

株式会社の場合は、公証役場への申請が必要となりますが、合同会社の場合は不要です。また、登録免許税は株式会社の方が高額となります。

Karigoでは、これらの費用をまとめて支払うことができます。なお、費用は変更される可能性があるため、最新の情報はKarigoの公式サイトでご確認ください。

バーチャルオフィスを利用する際に、会社設立を検討している方は、Karigoの会社設立代行サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

ご利用前にKarigoへ知りたいことを問い合わせができるのでこちらからメニューへ進みお問い合わせください↓↓↓


Karigoは、法人登記の住所利用におすすめな理由は?

Karigoは、法人登記の住所利用におすすめな理由は、以下のとおりです。

  • 信用性の高い住所を利用できる

Karigoは、全国60拠点のオフィスを展開しており、そのほとんどが都心の好立地にあります。

また、オフィスビルや貸事務所などの実在する住所を利用しているため、信用性が高いと言えます。

  • コストを抑えられる

Karigoの法人登記プランは、月額4,700円~と、都心のオフィスビルや貸事務所と比べて大幅にコストを抑えることができます。

  • 手続きが簡単

Karigoでは、法人登記に必要な手続きをサポートするサービスを提供しています。そのため、自分で手続きをする必要がなく、手間や時間の節約につながります。

具体的には、以下の手続きを代行してもらえます。

  • 書類作成
  • 公証役場申請
  • 法務局申請

また、Karigoでは、法人登記に必要な書類や印鑑などの準備もサポートしています。

以上のような理由から、法人登記の住所利用ならKarigoがおすすめです。

なお、Karigoの法人登記プランは、以下の3種類があります。

  • ホワイトプラン(月額4,700円~)
  • ブループラン(月額8,300円~)
  • オレンジプラン(月額10,400円~)

それぞれのプランの違いは、以下のとおりです。

プラン 内容
ホワイトプラン 住所貸し、郵便物受取
ブループラン ホワイトプランの内容に加え、専用固定電話(転送電話)
オレンジプラン ホワイトプランの内容に加え、電話代行

ご自身の利用目的に合わせて、最適なプランを選んでください。

ご利用前にKarigoへ知りたいことを問い合わせができるのでこちらからメニューへ進みお問い合わせください↓↓↓


Karigoのバーチャルオフィスは別途料金が少ない?

Karigoのバーチャルオフィスは、明朗会計で別途料金が少ないことが特徴です。

具体的には、以下の項目が別途料金なしで利用できます。

  • 住所利用、荷物受取代行
  • 法人登記での別途利用料
  • 荷物到着時のメール通知手数料
  • 店舗での荷物引取手数料
  • 荷物の郵送転送手数料
  • 荷物受取時のサイン
  • 荷物保管料
  • 本店所在地に設置が必要な法人書類の保管料
  • 共有FAX番号の利用料
  • PDFでのFAX通知手数料
  • 電話代行での対応内容メール通知
  • 請求書、領収書のシステムPDF発行

他社では、これらの項目が別途料金となる場合が多いため、Karigoはコストを抑えて利用したい方におすすめです。

また、Karigoでは、消費税据え置き価格(5%から)でサービスを提供しているため、安心して利用できます。

以下に、わかりやすくまとめたポイントを記載します。

  • Karigoのバーチャルオフィスは、別途料金が少ない
  • 住所利用、荷物受取代行、法人登記での別途利用料など、他社では有料となる場合が多い項目も無料で利用できる
  • 消費税据え置き価格でサービスを提供しているため、安心して利用できる

Karigoの料金プランまとめ

以上、Karigoの料金プランについて、詳しく解説しました。

Karigoは、料金が安く、サービスが充実しているバーチャルオフィスです。

オフィスを借りずにビジネスを始めたい人や、低コストでオフィスサービスを利用したい人におすすめです。

この記事を参考に、Karigoの料金プランについて理解を深めていただければ幸いです。

ご利用前にKarigoへ知りたいことを問い合わせができるのでこちらからメニューへ進みお問い合わせください↓↓↓



タイトルとURLをコピーしました