【グランパTBが絶賛する、キャンピングカー生活の救世主】Karigoで郵便物も安心! | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【グランパTBが絶賛する、キャンピングカー生活の救世主】Karigoで郵便物も安心!

家を捨ててキャンピングカーで生活を始めて500日。郵便物はどうしてる?

こんばんは、キャンピングカーで生活しているグランパTBです。

僕は2年前に家を捨てて、キャンピングカーで生活を始めました。

家を捨てることで、自由に旅をしたり、好きな場所で仕事をしたり、自分の好きなように生きることができるようになりました。

しかし、家を捨てることで、いくつかの悩みもありました。

その一つが、郵便物です。

家を借りていれば、郵便物はポストに入れてもらえます。

しかし、キャンピングカーで生活していると、郵便物は受け取る場所がありません。

そこで、僕はバーチャルオフィスの「Karigo」を利用することにしました。

Karigoは、住所貸しや郵便転送、電話転送などのサービスを提供している会社です。↓↓↓


記事の執筆で生計を立て、キャンピングカーで生活しているなら、バーチャルオフィスが必要です。

キャンピングカーで生活すると、住所や郵便物などの問題が発生する可能性があります。バーチャルオフィスを利用することで、これらの問題を解決することができます。

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスには、次のようなメリットがあります。

住所が確保される

郵便物が受け取れる

電話番号が取得できる

法人登記が可能

会議室やロッカーなどの共有スペースが利用できる

記事の執筆で生計を立てている場合、住所と郵便物は特に重要です。バーチャルオフィスを利用することで、これらの問題を解決し、仕事に集中することができます。

キャンピングカーで生活している場合、バーチャルオフィスは次の理由で便利です。

住所を気にせず、好きな場所で生活できる

郵便物が届くので、仕事やプライベートの連絡を安心して受けられる

バーチャルオフィスを利用することで、キャンピングカーでの生活をより快適にすることができます。

おすすめのバーチャルオフィスKarigo

ホワイトプラン(月額3,300円)に加入すれば、郵便転送が無料で利用できます。

Karigoで郵便物が受け取れるようになったことで、僕のキャンピングカー生活は大きく変わりました。

これまでは、郵便物が届いても、受け取る場所がなく、そのまま捨ててしまうことも少なくありませんでした。

しかし、Karigoを利用することで、郵便物はすべてKariguの住所に届くようになりました。

そのため、いつでも好きなタイミングで郵便物を取りに行くことができます。

また、郵便物が届いたときには、メールで通知してくれるので、忘れずに受け取ることができます。

Karigoは、キャンピングカーで生活している人にとって、とても便利なサービスです。

郵便物を受け取る場所に困っている人は、ぜひKarigoを検討してみてください。

【対象ユーザー】

  • 家を捨ててキャンピングカーで生活している人
  • 郵便物を受け取る場所に困っている人
  • 記事の執筆で生計を立てている

【まとめ】

Karigoは、キャンピングカーで生活している人にとって、とても便利なサービスです。

郵便物を受け取る場所に困っている人は、ぜひKarigoを検討してみてください。

Karigoの申し込みはこちら↓↓↓



キャンピングカーで自由に生きる!

静岡駿河湾より!

【グランパTBのおすすめポイント】

  • 郵便物が届く場所を確保できる
  • いつでも好きなタイミングで郵便物を取りに行ける
  • 郵便物が届いたときにはメールで通知してくれる

【グランパTBのコメント】

「Karigoは、キャンピングカーで生活している人にとって、なくてはならないサービスです。

郵便物が届く場所を確保できるだけで、生活の安心感が大きく変わります。

また、いつでも好きなタイミングで郵便物を取りに行けるので、忙しい人にもおすすめです。

さらに、郵便物が届いたときにはメールで通知してくれるので、忘れずに受け取ることができます。

Karigoを利用することで、キャンピングカー生活をもっと快適にすることができますよ。」

Karigoの詳細はこちら↓↓↓



タイトルとURLをコピーしました