Karigoバーチャルオフィスの口コミ・評判は本当?利用者のリアルな声を聞いてみた | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Karigoバーチャルオフィスの口コミ・評判は本当?利用者のリアルな声を聞いてみた

起業や副業を検討する際に、バーチャルオフィスを利用するかどうか迷う人も多いのではないでしょうか。

バーチャルオフィスは、レンタルオフィスやシェアオフィスと比べて初期費用や月額費用が安く、郵便物の転送やFAX代行などのサービスを利用できる便利なサービスです。

Karigoは、日本最大級のバーチャルオフィスサービスで、全国に63店舗を展開しています。

リーズナブルな料金と充実したサービスが魅力で、多くの企業や個人事業主に利用されています。

そこで、今回はKarigoバーチャルオフィスの口コミ・評判を徹底調査しました。

実際に利用した人のリアルな声を聞いて、サービスのメリット・デメリットを検証していきます。

Karigoバーチャルオフィスの公式サイトはこちら↓↓↓


Karigoバーチャルオフィス利用者の口コミ・評判

Karigoバーチャルオフィスの口コミ・評判を、TwitterやGoogleから調査しました。

メリットに関する口コミ・評判

  • 初期費用と月額費用が安い

「初期費用と月額費用が安くて助かりました。起業したばかりで資金が限られているので、助かります。」

  • 全国に63店舗を展開している

「希望のエリアの住所を利用することができてよかったです。都心の住所を利用することで、取引先からの信頼度も高まりました。」

  • 充実したサービスが利用できる

「郵便物の転送やFAX代行、電話転送などのサービスが利用できて便利です。忙しいので、これらのサービスを利用することで、業務効率がアップしました。」

デメリットに関する口コミ・評判

  • 郵便物の受け取りだけの場合は割高になる

「郵便物の受け取りだけの場合は、月額2,200円と割高です。郵便物の受け取りだけであれば、他のサービスを利用したほうが安く済むかもしれません。」

会議室の利用は有料

Karigoバーチャルオフィスでは、会議室の利用は有料です。1時間あたり1,100円(税込)から利用できます。会議室は、全国の63店舗のうち、銀座一丁目店、秋葉原店、池袋店、千葉店の4店舗に用意されています。

会議室の利用時間は、1時間単位で予約できます。予約は、インターネットまたは電話で行うことができます。

会議室には、以下のような設備が備わっています。

  • 椅子
  • プロジェクター
  • ホワイトボード
  • インターネット接続

会議室の利用は、会員登録をしている人であれば、誰でも利用できます。ただし、予約は先着順となっています。

会議室の利用に関する口コミ・評判は、以下のとおりです。

  • 「会議室の利用料金は安くて助かります。」
  • 「会議室の設備が充実していて、使いやすいです。」
  • 「会議室の予約が取りやすいです。」

Karigoバーチャルオフィスの会議室は、初期費用や月額費用が安く、設備も充実しているため、比較的利用しやすいと言えます。

また、予約も取りやすいため、急な会議にも対応できます。

しかし、会議の頻度が高い場合は、割高になる可能性があるため、注意が必要です。

Karigoバーチャルオフィスメリット

Karigoバーチャルオフィスのメリットは、以下のとおりです。

  • 初期費用と月額費用が安い

Karigoバーチャルオフィスの初期費用は、5,500円〜7,300円です。月額費用は、プランによって異なりますが、最安値で3,300円(税込)から利用できます。

  • 全国に60店舗を展開している

Karigoバーチャルオフィスは、東京、大阪、名古屋、福岡など、全国に60店舗を展開しています。そのため、希望のエリアの住所を利用することができます。

  • 充実したサービスが利用できる

Karigoバーチャルオフィスでは、以下のサービスを利用できます。

* 郵便物の転送
* FAX代行
* 電話転送
* 会議室利用

 

Karigoバーチャルオフィスデメリット

バーチャルオフィス「Karigo」のデメリットは、以下の2つです。

  1. 初期費用が発生する

Karigoを利用する際は、プランごとに初期費用が発生します。

  • ホワイトプラン:5,500円~
  • ブループラン:7,300円~
  • オレンジプラン:7,300円~

初期費用は、バーチャルオフィスの利用を検討する際には必ず考慮すべきポイントです。

初期費用が発生する理由としては、

  • バーチャルオフィスの利用に必要な設備やシステムの準備にかかる費用
  • 利用者の個人情報や法人情報の管理にかかる費用

などが挙げられます。

初期費用を抑えたい場合は、月額料金が安いプランや、初期費用が無料のバーチャルオフィスサービスを検討するのもよいでしょう。

  1. 転送電話・電話代行は追加料金が発生する

Karigoの基本プランでは、住所利用・法人登記・郵便物(荷物)の受け取りのみ可能です。転送電話・電話代行を利用したい場合は、追加料金が発生します。

  • 転送電話:月額880円~
  • 電話代行:月額10,400円~

転送電話・電話代行は、自宅で仕事をする場合や、電話の対応をする時間が取れない場合に便利なサービスです。ただし、追加料金が発生するため、予算と合わせて検討しましょう。

転送電話・電話代行の追加料金が発生する理由としては、

  • 転送電話・電話代行を利用する際に必要なスタッフの人件費
  • 転送電話・電話代行のシステムの利用料金

などが挙げられます。

転送電話・電話代行を利用する場合は、追加料金が発生することを理解しておきましょう。

これらのデメリットを踏まえた上で、Karigoを利用するかどうかを判断するとよいでしょう。

以下に、Karigoのデメリットをまとめます。

  • 初期費用が発生する
  • 転送電話・電話代行は追加料金が発生する

Karigoのメリットとデメリットを比較して、ご自身に合ったバーチャルオフィスサービスを選びましょう。

 

Karigoバーチャルオフィス料金プラン

Karigoバーチャルオフィスの詳しいプランと料金を、以下に表にしてわかりやすく解説します。

プラン 月額料金(税込) 初期費用(税込) サービス内容
ホワイトプラン 3,300円~ 5,500円~ 住所利用、法人登記、郵便物(荷物)受け取り
ブループラン 8,800円~ 7,300円~ ホワイトプランの内容に加えて、電話転送
オレンジプラン 10,400円~ 7,300円~ ブループランの内容に加えて、電話代行

ホワイトプラン

ホワイトプランは、住所利用、法人登記、郵便物(荷物)受け取りが可能なプランです。電話転送や電話代行は利用できません。

月額料金は店舗によって異なり、3,300円~から利用できます。初期費用は5,500円~です。

ブループラン

ブループランは、ホワイトプランの内容に加えて、電話転送が利用できるプランです。電話代行は利用できません。

月額料金は8,800円~から利用できます。初期費用は7,300円~です。

オレンジプラン

オレンジプランは、ブループランの内容に加えて、電話代行が利用できるプランです。

月額料金は10,400円~から利用できます。初期費用は7,300円~です。

オプション

Karigoでは、会議室の利用も可能です。会議室の利用料金は、以下の通りです。

店舗 会議室利用料金(税込)
東京・銀座一丁目 453円~/30分
東京・秋葉原 1,100円/1時間(2時間から予約可能)
東京・池袋 1,100円/1時間(2時間から予約可能)
千葉 540円/30分 施設利用料 1,300円/日

Karigoバーチャルオフィスは、全国60拠点以上の一等地住所利用が可能なバーチャルオフィスサービスです。

料金プランは、住所利用のみのライトなプランから電話転送や電話代行を追加したプランまで、利用シーンに合わせて選ぶことができます。

また、会議室の利用も可能なので、打ち合わせや一時的な執務スペースとして活用することもできます。

これから起業や副業を始める方や、自宅以外の住所をビジネス用に利用したい方におすすめのバーチャルオフィスサービスと言えるでしょう。

上記の表を参考に、ご自身の利用シーンや予算に合わせて、最適なプランを選んでみてください。

Karigoバーチャルオフィスの公式サイトはこちら↓↓↓


 

Karigoバーチャルオフィスまとめ

Karigoバーチャルオフィスは、初期費用と月額費用が安く、全国に63店舗を展開している、充実したサービスを提供しているバーチャルオフィスです。

メリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 初期費用と月額費用が安い
  • 全国に63店舗を展開している
  • 充実したサービスが利用できる
  • 24時間365日対応のサポートを受けられる

デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 郵便物の受け取りだけの場合は割高になる
  • 会議室の利用は有料
  • オプションサービスを利用する場合は追加料金が発生する

Karigoバーチャルオフィスは、起業や副業でバーチャルオフィスを検討している人にとって、おすすめのサービスと言えます。

以下に、Karigoバーチャルオフィスを検討している人に役立つ情報をまとめます。

  • 初期費用と月額費用を抑えたい場合は、郵便物の受け取りだけを利用するか、プランを検討しましょう。
  • 会議の頻度が高い場合は、会議室の利用料金を考慮しましょう。
  • オプションサービスを利用する場合は、追加料金が発生することを確認しましょう。

Karigoバーチャルオフィスの公式サイトでは、料金プランやサービス内容について詳しく紹介されています。

詳しく知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてください。

Karigoバーチャルオフィスの公式サイトはこちら↓↓↓



タイトルとURLをコピーしました