【Karigo】バーチャルオフィスのメリット・デメリットを徹底解説! | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【Karigo】バーチャルオフィスのメリット・デメリットを徹底解説!

はじめに

起業や副業をする際に、オフィスの開設は大きなハードルとなります。初期費用や家賃の負担、内装や設備の準備など、さまざまな手間や費用がかかります。

そこで注目されているのが、バーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは、実態のないオフィスのことで、住所や電話番号、郵便物の転送などのサービスを利用できます。

本記事では、バーチャルオフィスの代表的なサービスである「Karigo」のメリット・デメリットを徹底解説します。

Karigoのメリット

Karigoのメリットは、大きく分けて以下の3つです。

  • 初期費用・月額費用が安い

Karigoの初期費用は、9,800円(税込)です。月額費用は、プランによって異なりますが、最安は3,300円(税込)から利用できます。

  • 全国どこでもオフィスを構えられる

Karigoは、全国に100以上の拠点があります。そのため、どこにいてもオフィスを構えることができます。

  • 郵便物や電話の転送サービスが利用できる

Karigoでは、郵便物や電話の転送サービスを利用できます。そのため、自宅やカフェなど、どこにいても仕事や商談を行うことができます。

Karigoのデメリット

Karigoのデメリットは、以下の2つです。

  • 実際にオフィスを利用できない

Karigoは、実態のないオフィスです。そのため、実際にオフィスを利用することはできません。

  • 会議室の利用には追加費用がかかる

Karigoで会議室を利用する場合、追加費用がかかります。

Karigoの料金プラン

Karigoには、以下の3つの料金プランがあります。

  • ホワイトプラン

月額3,300円(税込)

・住所利用 ・郵便物・電話転送 ・メール転送 ・登記簿謄本取得代行

  • ブループラン

月額8,300円(税込)

・ホワイトプランに加えて、会議室利用、ロッカー利用、秘書代行などのサービス

  • オレンジプラン

月額10,400円(税込)

・ブループランに加えて、法人設立代行などのサービス

Karigoの利用を検討している人

Karigoは、以下の人におすすめのサービスと言えます。

  • 初期費用や月額費用を抑えたい人
  • 全国どこでもオフィスを構えたい人
  • 郵便物や電話の転送サービスを利用したい人

まとめ

Karigoは、初期費用・月額費用が安く、全国どこでもオフィスを構えられるバーチャルオフィスです。

郵便物や電話の転送サービス、法人登記や名刺作成などのサポートも受けられるため、起業や副業に最適なサービスです。

背中を押す言葉

Karigoを使えば、起業や副業がもっと楽になるよ。

Karigoを使えば、ビジネスの可能性が広がるよ。

そう思えるなら、ぜひKarigoの利用を検討してみてください。

Karigoの詳細をもっと知りたい方は、ぜひ以下のリンクから公式サイトをご覧ください。



【2023年最新版】Karigoバーチャルオフィスの評判・口コミを徹底調査!
本記事では、Karigoの評判・口コミを徹底調査しました。良い口コミと悪いクチコミをそれぞれ5件ずつ紹介し、サービスの特徴やメリット・デメリットをまとめます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました