キャンピングカーで生活する前に知っておきたいこと | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

キャンピングカーで生活する前に知っておきたいこと

キャンピングカーで生活することは、自由で楽しい生活が送れる一方で、それなりの覚悟と準備が必要です。

これからキャンピングカーで生活をしようと考えている方のために、グランパTBが2年間の経験から得たアドバイスをまとめました。

1. 自分のライフスタイルに合ったキャンピングカーを選ぶ

キャンピングカーの種類は、大きく分けて以下の5つがあります。

  • キャブコン:車両のベースがトラックなので、車内が広く、積載量が多いのが特徴です。
  • バンコン:車両のベースがバンなので、車内が狭く、車庫入れや駐車がしやすいのが特徴です。
  • バスコン:車両のベースがバスなので、車内がとても広く、ゆったりと生活できます。
  • 軽キャン:車両のベースが軽自動車なので、車庫入れや駐車がしやすいのが特徴です。
  • キャンピングトレーラー:車両から切り離して牽引するタイプのキャンピングカーです。

自分のライフスタイルに合ったキャンピングカーを選ぶためには、以下のポイントを参考にしましょう。

  • 車内スペース:家族の人数や荷物の量に合わせて、車内スペースが十分にあるものを選びましょう。
  • 設備:水道やトイレ、冷蔵庫などの設備が必要な場合は、付いているものを選びましょう。
  • 燃費:キャンピングカーは車両が大きいため、燃費が悪くなります。燃費の良いものを選ぶと、出費を抑えることができます。
  • 価格:キャンピングカーは車両価格が高額になります。予算に合わせて、自分に合った価格帯のものを選びましょう。

2. キャンピングカーの維持費を把握する

キャンピングカーの維持費は、車両価格以外にも、以下のような費用がかかります。

  • ガソリン代:キャンピングカーは車両が大きいため、ガソリン代がかさみます。
  • 保険料:キャンピングカーは普通車よりも保険料が高くなります。
  • 車検代:キャンピングカーの車検は、普通車よりも費用がかかります。
  • 駐車場代:キャンピングカーを駐車する場所が必要です。

キャンピングカーで生活する前に、これらの維持費を把握しておきましょう。

3. キャンピングカーの安全運転を心がける

キャンピングカーは車両が大きいため、普通車よりも運転に注意が必要です。特に、以下のようなことに注意しましょう。

  • 車庫入れや駐車の際は、周囲の状況に十分に注意しましょう。
  • 高速道路や山道を走行する際は、車間距離を十分にとり、無理な運転は避けましょう。
  • 夜間の運転は、視界が悪くなるため、特に注意が必要です。

キャンピングカーの安全運転を心がけることで、事故を防ぐことができます。

4. キャンピングカーで生活する上での心構えを固める

キャンピングカーで生活する上で、以下のような心構えが必要です。

  • 自由な反面、不便なことも多いことを理解しましょう。
  • 自然の中で生活することになるため、虫やゴミなどの対策が必要です。
  • 他のキャンパーや地域住民への配慮を忘れないようにしましょう。

キャンピングカーで生活する上での心構えを固めることで、より充実した生活を送ることができます。

5. キャンピングカーで生活するメリットとデメリットを理解する

キャンピングカーで生活するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 自由に好きな場所で生活できる

キャンピングカーがあれば、自分の好きな場所に好きなときに移動することができます。定住する必要がないため、好きな場所で新しい生活を始めることができます。

  • 自然の中で生活できる

キャンピングカーは、自然の中で生活するのに最適な車です。車内に寝室やキッチン、トイレなどの設備が備わっているので、どこにいても快適に過ごすことができます。

  • 車内を自分好みにカスタマイズできる

キャンピングカーは、自分の好きなようにカスタマイズすることができます。内装や外装のデザインを変えたり、設備を追加したりすることで、自分だけのオリジナルキャンピングカーを作ることができます。

一方、キャンピングカーで生活するデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 車内スペースが狭い

キャンピングカーは、車内スペースが限られているため、荷物を置くスペースが不足することがあります。また、家族で生活する場合は、スペースがさらに狭く感じるかもしれません。

  • 設備が付いていない場合、外出先での生活が不便になる

キャンピングカーには、水道やトイレ、冷蔵庫などの設備が付いているものもありますが、付いていないこともあります。設備が付いていない場合、外出先での生活が不便になる可能性があります。

  • 維持費がかかる

キャンピングカーは、車両価格が高いだけでなく、維持費もかかります。ガソリン代や保険料、車検代などの費用が、普通車よりも高くなります。

キャンピングカーで生活するメリットとデメリットを理解した上で、自分に合った生活スタイルかどうかを判断しましょう。

6. キャンピングカー仲間を作る

キャンピングカーで生活していると、同じキャンピングカーに乗っている仲間と出会う機会が増えます。キャンピングカー仲間と交流することで、キャンピングカーライフの楽しみが広がります。

キャンピングカー仲間を作るには、以下の方法があります。

  • キャンピングカー雑誌やウェブサイトの掲示板などで、仲間募集の情報を探す。
  • キャンピングカーイベントに参加する。
  • キャンピングカーのレンタルサービスを利用する。

キャンピングカー仲間と交流することで、以下のメリットがあります。

  • キャンピングカーに関する情報を共有できる。
  • キャンピングスポットの情報を共有できる。
  • キャンピングカーライフの楽しさを共有できる。

7. キャンピングカーライフを楽しむ

キャンピングカーで生活する上で、最も大切なことは、キャンピングカーライフを楽しむことです。

キャンピングカーライフを楽しむためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 自分のライフスタイルに合ったキャンピングカーを選ぶ。
  • キャンピングカーの維持費を把握する。
  • キャンピングカーの安全運転を心がける。
  • 自然の中で生活する際の注意点を理解する。
  • 他のキャンパーや地域住民への配慮を忘れない。

キャンピングカーライフは、自由で楽しい生活が送れる一方で、それなりの覚悟と準備が必要です。今回ご紹介したアドバイスを参考に、ぜひ自分だけのキャンピングカーライフを楽しんでください。

グランパTBのまとめ

キャンピングカーで生活することは、人生をより豊かにしてくれる選択肢の一つです。

今回ご紹介したアドバイスを参考に、ぜひキャンピングカーライフを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました