転職ドラフトは、年収アップや自分の市場価値を知りたいエンジニアにおすすめ! | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

転職ドラフトは、年収アップや自分の市場価値を知りたいエンジニアにおすすめ!

「転職したいけど、どうやって始めればいいかわからない」「年収アップしたいけど、希望通りの求人が見つからない」そんな悩みを抱えているエンジニアの方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、公開競争入札型の転職サービス「転職ドラフト」です。

転職ドラフトは、企業がエンジニアを指名する際に、年収を事前に提示する仕組みを採用しています。

そのため、年収アップを目指すエンジニアや、自分の市場価値を知りたいエンジニアにぴったりのサービスです。

転職ドラフトの詳細はこちら↓↓↓



転職ドラフトメリット

転職ドラフトのメリットは、大きく分けて以下の3つです。

年収アップしやすい

転職ドラフトでは、企業がエンジニアを指名する際に、年収を事前に提示します。

そのため、自分の市場価値を把握した上で、年収アップを目指すことができます。

実際に、転職ドラフトを利用したエンジニアの約8割が、前職よりも年収アップを実現しています。

具体例

例えば、前職で500万円の年収だったエンジニアが、転職ドラフトを利用したところ、700万円の年収を提示されたケースがあります。

このエンジニアは、転職ドラフトに参加する前に、自身のスキルや経験を棚卸しし、市場価値を把握しました。

その上で、年収アップを狙って転職活動を行い、最終的に700万円の年収を提示された企業から内定を獲得しました。

このように、転職ドラフトを利用することで、自分の市場価値を把握し、年収アップを狙うことができます。

転職活動が楽になる

転職ドラフトでは、企業がエンジニアを指名する仕組みを採用しています。そのため、エンジニアは、自ら企業に応募するのではなく、指名された企業から選ぶだけです。

そのため、これまでのように、企業の求人を探して応募する手間や、面接の準備や対策にかける時間が省けます。

具体例

例えば、転職ドラフトに参加したエンジニアのAさんは、以前から興味のあった企業から指名を受けました。Aさんは、その企業にすぐに応募し、無事内定を獲得しました。

このように、転職ドラフトを利用することで、転職活動が楽になり、効率的に転職を成功させることができます。

フリーランスも利用できる

転職ドラフトでは、フリーランスのエンジニアも利用できます。そのため、正社員ではなく、フリーランスとして働きたいエンジニアにもおすすめです。

具体例

例えば、転職ドラフトに参加したエンジニアのBさんは、フリーランスとして働きたいと考えていました。

Bさんは、転職ドラフトを利用して、フリーランスの求人を探し、最終的にフリーランスとして働く企業から内定を獲得しました。

このように、転職ドラフトを利用することで、フリーランスとして働きたいエンジニアも、希望通りの求人を見つけることができます。

転職ドラフトデメリット

転職ドラフトのデメリットは、大きく分けて以下の2つです。

審査がある

転職ドラフトを利用するには、事前に審査を受ける必要があります。

審査の基準は公開されていませんが、一定のスキルや経験を有していることが求められます。

具体例

例えば、転職ドラフトの審査に落ちたエンジニアのCさんは、前職で3年間の経験しかなく、スキルや経験が不足していたため、審査に落ちてしまいました。

このように、転職ドラフトを利用するためには、一定のスキルや経験を有していることが求められます。

参加企業の数は少ない

転職ドラフトに参加している企業の数は、約100社程度です。そのため、すべての希望に合った求人が見つかるとは限りません。

具体例

例えば、転職ドラフトを利用したエンジニアのDさんは、希望する職種や勤務地の求人が見つからず、転職を断念しました。

このように、転職ドラフトに参加する際には、参加企業の数や求人の状況を把握しておくことが重要です。

 

転職ドラフトの利用者層や利用シーンの分析

転職ドラフトは、公開競争入札型の転職サービスです。

企業がエンジニアを指名する際に、年収を事前に提示する仕組みを採用しています。

そのため、年収アップを目指すエンジニアや、自分の市場価値を知りたいエンジニアに人気があります。

利用者層

転職ドラフトの利用者層は、主に以下の3つの層に分けられます。

年収アップを目指すエンジニア

転職ドラフトを利用したエンジニアの約8割が、前職よりも年収アップを実現しています。そのため、年収アップを目指すエンジニアにとって、転職ドラフトは有効な手段といえるでしょう。

自分の市場価値を知りたいエンジニア

転職ドラフトでは、企業がエンジニアを指名する際に、年収を事前に提示します。そのため、自分の市場価値を把握したいエンジニアにとっても、転職ドラフトは有益なサービスです。

フリーランスとして働きたいエンジニア

転職ドラフトでは、フリーランスの求人も取り扱っています。そのため、フリーランスとして働きたいエンジニアにとっても、転職ドラフトは選択肢のひとつとなるでしょう。

利用シーン

転職ドラフトは、主に以下の2つのシーンで利用されています。

転職活動の初期段階

転職ドラフトは、転職活動の初期段階で利用されることが多くあります。転職ドラフトを利用することで、自分の市場価値を把握したり、希望する条件に合った求人を探したりすることができます。

転職活動の終盤

転職ドラフトは、転職活動の終盤で利用されることも少なくありません。

転職活動を進めていく中で、希望する条件に合った求人が見つからない場合、転職ドラフトを利用することで、新たな選択肢を検討することができます。

転職ドラフトは、公開競争入札型の転職サービスであり、年収アップを目指すエンジニアや、自分の市場価値を知りたいエンジニアに人気があります。

利用者層としては、以下の3つの層に分けられます。

  1. 年収アップを目指すエンジニア
  2. 自分の市場価値を知りたいエンジニア
  3. フリーランスとして働きたいエンジニア

利用シーンとしては、以下の2つのシーンで利用されています。

  1. 転職活動の初期段階
  2. 転職活動の終盤

転職ドラフトを利用するかどうかは、ご自身の状況や希望などを考慮して判断してください。

転職ドラフトの最新情報

転職ドラフトは、公開競争入札型の転職サービスです。

企業がエンジニアを指名する際に、年収を事前に提示する仕組みを採用しており、年収アップを目指すエンジニアや、自分の市場価値を知りたいエンジニアに人気があります。

2023年8月現在、転職ドラフトの最新情報は以下のとおりです。

  • 参加企業数は約150社に拡大

2023年8月現在、転職ドラフトに参加している企業数は、約150社に拡大しています。2022年8月時点の約100社から、約50社増加しています。

参加企業数が増加したことで、エンジニアの選択肢が広がり、より希望に合った求人を見つけやすくなりました。

  • フリーランス求人の拡充

転職ドラフトでは、フリーランスの求人も取り扱っています。2023年8月現在、フリーランスの求人数は、約500件に拡大しています。

フリーランス求人の拡充により、フリーランスとして働きたいエンジニアの選択肢が広がりました。

  • 新たな機能の追加

転職ドラフトでは、新たな機能を追加しています。2023年8月現在、追加された機能は以下のとおりです。

* **キャリアプランニング**

キャリアプランニングでは、エンジニアのスキルや経験を分析し、最適なキャリアプランを提案します。

* **面接対策**

面接対策では、面接官の視点からアドバイスを受けることができます。

これらの機能の追加により、エンジニアの転職活動をよりサポートするようになりました。

今後も転職ドラフトは、参加企業数の拡大やフリーランス求人の拡充、新たな機能の追加など、さらなるサービス向上を図っていくとしています。

まとめ

転職ドラフトは、年収アップや自分の市場価値を知りたいエンジニアにおすすめのサービスです。

しかし、審査や参加企業の数などのデメリットがあることも理解しておきましょう。

転職ドラフトを利用するかどうかは、ご自身の状況や希望などを考慮して判断してください。

転職ドラフトの詳細はこちら↓↓↓


 

転職ドラフトの評判・口コミは本当?年収アップの理由とデメリットも解説
この記事では、転職ドラフトの評判・口コミを徹底調査し、年収アップの理由やデメリットも解説します。 転職ドラフトを利用するかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました