【2024年最新版】キャリアコンサルタントとは?資格や仕事内容、将来性まで徹底解説! | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【2024年最新版】キャリアコンサルタントとは?資格や仕事内容、将来性まで徹底解説!

キャリアコンサルタントとは、労働者の職業選択、職業生活設計、職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行う専門職です。

2016年4月に職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格となりました。この資格を所得しない者は「キャリアコンサルタント」又は、これに類似した紛らわしい名称を用いることができません。

キャリアコンサルタントは、求職者や働く人の相談に応じ、その人の適性や能力、価値観などを理解し、その人の将来のキャリア形成を支援します。具体的には、以下のような業務を行います。

  • 職業選択・就職に関する相談
  • 転職・再就職に関する相談
  • キャリアアップ・キャリアチェンジに関する相談
  • 職業能力開発に関する相談

キャリアコンサルタントの需要は、近年増加しています。少子高齢化や働き方の多様化により、労働者のキャリア形成に対するニーズが高まっているためです。

キャリアコンサルタントの資格取得

キャリアコンサルタントになるためには、厚生労働省が実施する「キャリアコンサルタント技能検定」に合格する必要があります。この試験は、学科試験と実技試験の2つで構成されています。

学科試験は、キャリアコンサルティングに関する基礎知識やスキルを問う試験です。

実技試験は、ロールプレイングやグループワークなどを通じて、実際のキャリアコンサルティングの現場で求められるスキルや知識を問う試験です。

キャリアコンサルタント技能検定は、毎年7月に実施されます。合格率は、学科試験が約60%、実技試験が約40%です。

キャリアコンサルタントの就職先

キャリアコンサルタントの就職先は、大きく分けて以下の3つです。

  • 民間企業
  • 公共機関
  • 教育機関

民間企業では、人事部や教育研修部などに所属して、社員のキャリア形成支援や採用支援などの業務に従事します。

公共機関では、ハローワークやジョブカフェなどに所属して、求職者や働く人の相談・支援に従事します。

教育機関では、キャリア教育やキャリアカウンセリングなどの業務に従事します。

キャリアコンサルタントの仕事内容

キャリアコンサルタントの仕事内容は、以下のとおりです。

  • 相談者の話を傾聴し、その人の状況やニーズを把握する
  • 相談者のキャリアに関する課題を整理し、解決策を提案する
  • 相談者が自立してキャリア形成を進められるよう、支援する

キャリアコンサルタントの仕事内容:相談者の話を傾聴し、その人の状況やニーズを把握する

キャリアコンサルタントの仕事の第一歩は、相談者の話を傾聴することです。相談者の話を丁寧に聞き、その人の状況やニーズを把握することが重要です。

相談者の話を傾聴する際には、以下のことに注意しましょう。

  • 相談者の話を遮ったり、否定したりしないこと
  • 相談者の話を客観的に捉えること
  • 相談者の話を理解するために、質問すること

相談者の話を傾聴することで、相談者の抱える課題や悩みを理解することができます。また、相談者の価値観や考え方を知ることで、適切なアドバイスを行うことができます。

キャリアコンサルタントの仕事内容:相談者のキャリアに関する課題を整理し、解決策を提案する

相談者の話を傾聴した上で、相談者のキャリアに関する課題を整理します。課題を整理することで、相談者が抱える悩みの根源を理解することができます。

課題を整理する際には、以下のことに注意しましょう。

  • 相談者の話をもとに、課題を抽出すること
  • 課題の原因を分析すること
  • 課題の解決に向けた方針を策定すること

課題を整理することで、相談者が抱える悩みを解決するための具体的な方法を提案することができます。

キャリアコンサルタントの仕事内容:相談者が自立してキャリア形成を進められるよう、支援する

相談者が自立してキャリア形成を進められるよう、支援することもキャリアコンサルタントの重要な仕事です。

支援する際には、以下のことに注意しましょう。

  • 相談者の自主性を尊重すること
  • 相談者の目標を達成するために、必要な情報を提供すること
  • 相談者の行動を促すように働きかけること

相談者が自立してキャリア形成を進められるように支援することで、相談者がより良いキャリアを築くことができます。

キャリアコンサルタントは、相談者の話を傾聴し、その人の状況やニーズを把握することが重要です。

また、相談者のキャリアに関する課題を整理し、解決策を提案するスキルも必要です。

さらに、相談者が自立してキャリア形成を進められるよう、支援する姿勢も大切です。

キャリアコンサルタントの将来性

キャリアコンサルタントの将来性は、明るいと言えるでしょう。少子高齢化や働き方の多様化により、労働者のキャリア形成に対するニーズが高まることが予想されるためです。

また、近年では、キャリアコンサルタントの資格を取得する企業や団体も増えており、キャリアコンサルタントの活躍の場は広がっています。

キャリアコンサルタントの将来性:少子高齢化と働き方の多様化で需要拡大

キャリアコンサルタントとは、労働者の職業選択、職業生活設計、職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行う専門職です。2016年に職業能力開発促進法で国家資格として定められました。

キャリアコンサルタントの将来性は、明るいと言えるでしょう。その理由は、以下の2つです。

  1. 少子高齢化による労働力不足

少子高齢化が進む日本では、労働力が不足していくことが予想されています。そのため、人材を有効活用するために、キャリアコンサルティングによる人材育成やキャリア支援のニーズが高まっていくと考えられます。

  1. 働き方の多様化

働き方の多様化も、キャリアコンサルタントの需要拡大につながると考えられます。テレワークや副業・兼業など、さまざまな働き方が増える中で、キャリアコンサルタントによるキャリア相談やキャリアカウンセリングのニーズが高まっていくでしょう。

具体的には、以下の分野でキャリアコンサルタントの活躍が期待されています。

  • 企業の人事部門

企業の人事部門では、従業員のキャリア形成支援や採用支援など、さまざまな業務においてキャリアコンサルタントの活躍が期待されています。

  • ハローワークやジョブカフェなどの公共機関

ハローワークやジョブカフェなどの公共機関では、求職者や働く人の相談・支援において、キャリアコンサルタントの活躍が期待されています。

  • 教育機関

教育機関では、キャリア教育やキャリアカウンセリングなどの業務において、キャリアコンサルタントの活躍が期待されています。

キャリアコンサルタントを目指す方は、以下の資格取得がおすすめです。

  • キャリアコンサルタント技能検定

厚生労働省が実施する国家資格です。キャリアコンサルタントとして活躍するためには、この資格の取得が必須です。

  • その他

キャリアコンサルタント技能検定以外の資格としては、以下のようなものが挙げられます。

* **キャリアコンサルタント認定試験**
* **キャリアコンサルタント資格認定試験**
* **キャリアコンサルタント国家資格取得支援講座修了認定証**

これらの資格を取得することで、キャリアコンサルタントとしてのスキルや知識を身につけることができます。

キャリアコンサルタントは、労働者のキャリア形成を支援する重要な役割を担っています。今後も、キャリアコンサルタントの需要は高まっていくことが予想されます。

キャリアコンサルタントを目指す方へ

キャリアコンサルタントを目指す方には、以下の資質やスキルが求められます。

  • 傾聴力
  • コミュニケーション能力
  • 問題解決能力
  • 支援する姿勢

キャリアコンサルタントは、相談者の話を傾聴し、その人の状況やニーズを把握することが重要です。また、相談者と信頼関係を築き、相談者のキャリア形成を支援する姿勢も大切です。

キャリアコンサルタントになるためには、キャリアコンサルタント技能検定の合格が必須です。また、キャリアコンサルタントとして活躍するためには、実践的な経験を積むことも重要です。

キャリアコンサルタント養成講座や、ハローワークなどで実施されているキャリアコンサルタント養成研修を受講して、スキルや知識を身につけましょう。

最短最安で国家資格者になれる!

オンライン【キャリアコンサルタント養成講習】詳しくはこちらから↓↓↓↓


 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました