1番安くキャリアコンサルタント養成講座を受ける方法を詳しく解説 | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

1番安くキャリアコンサルタント養成講座を受ける方法を詳しく解説

キャリアコンサルタント養成講座は、厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了することで受験資格を得ることができます。しかし、養成講座の受講料は、30万円程度と高額です。

そこで、今回は、1番安くキャリアコンサルタント養成講座を受ける方法を詳しく解説します。

結論

1番安くキャリアコンサルタント養成講座を受ける方法は、専門実践教育訓練給付金を利用することです。

専門実践教育訓練給付金は、厚生労働省が実施する制度で、一定の条件を満たす人が、専門実践教育を受講する場合に、受講費用の一部を給付するものです。

キャリアコンサルタント養成講座は、専門実践教育に該当するため、給付金の対象となります。給付額は、受講費用の50%(年間上限40万円)が原則2年間(資格の取得に繋がる場合には最大3年間)支給されます。

例えば、30万円の養成講座を受講した場合、給付金を利用することで、15万円の費用を抑えることができます。

給付金の利用条件

給付金を利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

雇用保険の被保険者であること(離職者の場合は、受講開始日時点で離職後1年以内であること)

受講する教育訓練が、ハローワークの指定する教育訓練であること

受講する教育訓練の受講料が、10万円以上であること

給付金の申請は、受講開始日の翌日から1ヶ月以内に、ハローワークで行います。

給付金の申請方法

給付金の申請には、以下の書類が必要です。

給付金支給申請書

教育訓練受講計画書

教育訓練の受講料の領収書

雇用保険被保険者証

離職証明書(離職者の場合)

給付金の申請が認められれば、受講料の50%(年間上限40万円)が、原則として受講開始日の翌月から支給されます。

注意点

給付金の利用には、以下の点に注意が必要です。

給付金は、教育訓練の受講料の一部を支給するものです。受講料の全額を給付金で賄うことはできません。

給付金は、受講期間中のみ支給されます。受講期間を延長した場合は、給付金の支給期間も延長されます。

受講した教育訓練を修了しなかった場合、給付金の返還義務が生じる可能性があります。

まとめ

キャリアコンサルタント養成講座を受けるには、専門実践教育訓練給付金を利用するのが1番安い方法です。

給付金の利用条件を満たす方は、ぜひ利用を検討してみてください。

1番費用がかからないキャリアコンサルタント養成講座はこちら↓↓↓



 

 

 

タイトルとURLをコピーしました