保険見直しの流れとポイントを解説 | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

保険見直しの流れとポイントを解説

はじめに

保険は、万が一のときに備えて加入するものですが、ライフステージの変化に伴って、必要な保障が変わってきている可能性があります。

また、保険料が高すぎる、特約が不要になっているなどの理由で、見直しを検討している人も多いでしょう。

本記事では、保険見直しの流れとポイントを解説します。保険見直しを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

保険見直しのタイミング

保険見直しのタイミングは、以下のとおりです。

  • ライフステージの変化(結婚・出産・子どもの独立・退職など)
  • 保険料の負担が大きくなったとき
  • 保険内容をよく理解していないとき

ライフステージの変化に伴って、必要な保障が変わってきます。

例えば、結婚・出産を機に、家族構成が増えるので、死亡保障や医療保障を見直す必要があります。

また、子どもが独立すれば、教育費の保障を見直す必要があるでしょう。

保険料の負担が大きくなったときは、保障内容を見直して、本当に必要な保障だけを残すことで、保険料を抑えることができます。

保険内容をよく理解していないときは、保険会社に問い合わせたり、ファイナンシャルプランナーに相談したりして、保障内容を確認しましょう。



保険見直しの流れ

保険見直しの流れは、以下のとおりです。

  1. 現在の保険の状況を把握する

  2. 必要な保障を検討する

  3. 保険商品を比較検討する

  4. 保険を切り替える

  5. 現在の保険の状況を把握する

1.まずは、現在加入している保険の種類や保険金額、特約などを把握しましょう。保険証券や契約内容をよく確認してください。

  1. 必要な保障を検討する

ライフステージや家族構成、収入などを踏まえて、必要な保障を検討します。例えば、以下のような項目を検討しましょう。

  • 死亡保障
  • 医療保障
  • 介護保障
  • 就業不能保障
  • 教育費保障
  1. 保険商品を比較検討する

必要な保障を満たす保険商品を比較検討します。保険料や保障内容、付帯サービスなどを比較して、自分に合った保険商品を選びましょう。

  1. 保険を切り替える

見直し後の保険商品に切り替えます。保険会社に連絡して、保険の解約や新規加入の手続きを行いましょう。

保険見直しのポイント

保険見直しの際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 保障内容をよく理解する
  • 保険料と保障内容のバランスを考える
  • 自分に合った保険商品を選ぶ

保障内容をよく理解していないと、本当に必要な保障が抜けてしまう可能性があります。

また、保険料と保障内容のバランスが悪いと、保険料が割高になるだけでなく、必要な保障が十分に得られない可能性があります。

自分に合った保険商品を選ぶためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 保険料が安い
  • 保障内容が充実している
  • 付帯サービスが充実している

保険見直しのメリットとデメリット

保険見直しには、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 必要な保障を確保できる
  • 保険料を抑えられる
  • 保障内容をより充実させられる

デメリット

  • 保険料が上がる場合がある
  • 保険会社を変更する必要がある

保険見直しによって、必要な保障を確保できれば、万が一のときに安心です。また、保険料を抑えることで、家計の負担を減らすことができます。

ただし、保険料が上がる場合や、保険会社を変更する必要がある場合もあるため、注意が必要です。

保険見直しの注意点

保険見直しを行う際には、以下の注意点があります。

  • 保険料が安いからといって、保障内容が十分でない商品を選ばない
  • 保険会社を変更する場合は、解約返戻金や手続きの流れを確認する

保険見直しは、ライフステージの変化に合わせて定期的に行いましょう。

まとめ

本記事では、保険見直しの流れとポイントを解説しました。

保険見直しを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

保険見直しは、ライフステージの変化に合わせて定期的に行いましょう。

また、保険料が安いからといって、保障内容が十分でない商品を選ばないように注意しましょう。

保険見直しを行う際には、以下のポイントを押さえるとよいでしょう。

現在の保険の状況を把握する

必要な保障を検討する

保険商品を比較検討する

自分に合った保険商品を選ぶ

保険見直しによって、万が一のときに安心できる保障を確保し、家計の負担を減らしましょう。



 

タイトルとURLをコピーしました