火災保険の給付金、知らなかっただけで平均120万円!申請サポートで損しないためのポイント | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

火災保険の給付金、知らなかっただけで平均120万円!申請サポートで損しないためのポイント

火災保険の給付金、知らなかっただけで平均120万円!申請サポートで損しないためのポイント

火災保険は、火災だけでなく、台風や地震、積雪などの自然災害による被害も補償してくれる保険です。

しかし、その給付金を利用したことがある人は、わずか10%未満とされています。その理由として、最も多いのが「知らなかった」というものです。

実は、火災保険の給付金は、申請するだけで平均120万円受給できるのです。

体の医療保険は、怪我や病気をすれば保険の申請をするのが当たり前ですが、建物の傷がついても申請する認識がないのです。

火災保険の給付金を受けるための3つの条件

火災保険の給付金を受けるためには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

1.火災保険に加入していること

2.自然災害による被害を受けていること

3.被害を受けた箇所の修理や復旧に必要な費用が保険金の支払対象であること

条件を満たしていれば、誰でも給付金を受け取ることができます。しかし、申請には「建物知識」「保険知識」「災害知識」が必要です。

3年以内の災害に紐づけて、保険申請の根拠をしっかり示さないと給付されません。その為、専門知識が必要であり、プロの調査が必須です。

屋根などの自分で調査できない箇所も可能です。そのため給付額が高いのです。誰の目で見てもわかる、全損の様な大きな被害でないと、素人では給付できる可能性はほぼ0です。

そこでおすすめなのが、火災保険の給付金申請サポートを利用することです。

専門のスタッフが、無料で調査を行い、給付額の見積もりを提示してくれます。

また、申請手続きの代行もしてくれるので、手間をかけずに給付金を受け取ることができます。

火災保険の給付金申請サポートを利用するなら、ぜひ「住宅保険の窓口」をご検討ください。

「住宅保険の窓口」は、平均受給額120万円の実績を持つ、業界トップクラスの給付金申請サポートサービスです。

完全成果報酬型で、保険料はそのままなので、安心して利用できます。

また、無料相談も受け付けているので、まずはお気軽にご相談ください。

無料相談はこちら住宅保険の窓口

 

住宅保険の窓口とは?

住宅保険の窓口は、火災保険や地震保険などの住宅保険の見積もり比較や、加入、そして給付金の申請サポートを行う会社です。

2000年に設立され、全国に445店舗を展開しています。2022年には、顧客満足度調査で1位を獲得するなど、高い評価を受けています。

住宅保険の窓口の強み

住宅保険の窓口の強みは、以下のとおりです。

複数の保険会社から見積もりを比較・提案してくれる

専門のスタッフが、加入から給付金の申請までサポートしてくれる

完全成果報酬型なので、費用を抑えて利用できる

住宅保険の窓口の利用方法

住宅保険の窓口を利用するには、まず、公式サイトから無料相談の予約をします。予約後、担当スタッフが自宅や最寄りの店舗に訪問し、ヒアリングを行います。

ヒアリングの内容をもとに、複数の保険会社から見積もりを取得し、比較・提案してもらえます。また、加入手続きや、給付金の申請サポートもしてもらえます。

住宅保険の窓口の利用をおすすめする人

住宅保険の窓口の利用をおすすめする人には、以下のとおりです。

火災保険や地震保険の見直しを検討している人

初めて火災保険や地震保険に加入する人

火災保険や地震保険の給付金の申請をサポートしてもらいたい人

住宅保険の窓口の口コミ

住宅保険の窓口の口コミをいくつかご紹介します。

「複数の保険会社から見積もりを比較してもらったので、自分に合った保険に加入できました。」

加入手続きや給付金の申請まで、すべてサポートしてもらったので、とても助かりました。

「完全成果報酬型なので、費用を抑えて利用できました。」

住宅保険の窓口は、火災保険や地震保険の見直しや加入を検討している人、給付金の申請をサポートしてもらいたい人におすすめの会社です。↓↓↓

住宅保険の窓口

 

火災保険の給付金とは?

火災保険の給付金とは、火事や台風、地震などの自然災害で、家や家財が壊れたときに、保険会社からもらえるお金です。

給付金のしくみ

火災保険の給付金を受けるには、以下の手順が必要です。

保険会社に給付金の請求をする

保険会社が調査をする

保険会社が給付金を支払う

給付金の請求

給付金の請求をするときは、以下の書類が必要です。

保険証券

被害状況の確認資料(写真や図面など)

修理見積書

給付金の調査

保険会社は、提出された書類に基づいて、被害の程度や修理費用などを調査します。

給付金の支払い

調査の結果、給付金の支払いが認められた場合、保険会社は給付金を支払います。

給付金の種類

火災保険の給付金には、以下の2種類があります。

実損払い

時価払い

実損払い

実損払いとは、実際にかかった修理費用を全額補償する給付金のことです。

例えば、修理費用が100万円だった場合、100万円の給付金がもらえます。

時価払い

時価払いとは、被害を受けた建物や家財の現時点での価値を補償する給付金のことです。

例えば、被害を受けた建物が100万円の価値だった場合、100万円の給付金がもらえます。

給付金の申請期限

火災保険の給付金は、被害が発生した日から3年以内に請求する必要があります。

3年を過ぎると、給付金の請求ができなくなるので注意が必要です。

具体的な例を挙げる

台風で、お家の屋根が飛ばされてしまった。修理費用は100万円かかることになった。火災保険に加入していたので、保険会社に給付金の請求をした。保険会社が調査を行い、給付金の支払いが認められた。保険会社から100万円の給付金がもらえた。

火災保険の給付金は、自然災害で家や家財が壊れたときに、保険会社からもらえるお金です。

給付金を受けるには、以下の手順が必要です。

保険会社に給付金の請求をする

保険会社が調査をする

保険会社が給付金を支払う

給付金の種類は、実損払いと時価払いの2種類があります。

給付金の申請期限は、被害が発生した日から3年以内です。

火災保険の給付金の種類

火災保険の給付金には、以下の2種類があります。

  • 実損払い
  • 時価払い

実損払い

実損払いとは、実際にかかった修理費用を全額補償する給付金のことです。

例えば、修理費用が100万円だった場合、100万円の給付金がもらえます。

実損払いが適用されるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 被害を受けた建物や家財が、火災保険の保険対象である
  • 被害を受けた建物や家財の修理費用が、保険金額の範囲内である

時価払い

時価払いとは、被害を受けた建物や家財の現時点での価値を補償する給付金のことです。

例えば、被害を受けた建物が100万円の価値だった場合、100万円の給付金がもらえます。

時価払いが適用されるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 被害を受けた建物や家財が、火災保険の保険対象である
  • 被害を受けた建物や家財の修理費用が、保険金額の範囲を超えている

実損払いと時価払いの違い

実損払いと時価払いの違いは、以下のとおりです。

項目 実損払い 時価払い
補償内容 実際にかかった修理費用を全額補償 被害を受けた建物や家財の現時点での価値を補償
適用条件 被害を受けた建物や家財の修理費用が、保険金額の範囲内であること 被害を受けた建物や家財の修理費用が、保険金額の範囲を超えていること
メリット 修理費用がいくらかかっても、全額補償される 修理費用が保険金額を超えても、一定額の補償を受けられる
デメリット 修理費用が保険金額を超えた場合、差額を自己負担する必要がある 修理費用が保険金額を超えた場合、補償額が少なくなってしまう

実損払いと時価払いのどちらが有利か?

実損払いと時価払いのどちらが有利かは、被害を受けた建物や家財の状況によって異なります。

修理費用が保険金額の範囲内であれば、実損払いが有利です。修理費用が保険金額を超えている場合は、時価払いの方が有利になる可能性があります。

ただし、時価払いの場合は、修理費用が保険金額を超えた場合、差額を自己負担する必要がある点に注意が必要です。

火災保険の給付金には、実損払いと時価払いの2種類があります。

実損払いは、実際にかかった修理費用を全額補償する給付金です。

時価払いは、被害を受けた建物や家財の現時点での価値を補償する給付金です。

どちらが有利かは、被害を受けた建物や家財の状況によって異なります。

火災保険の給付金の申請期限

火災保険の給付金は、被害が発生した日から3年以内に請求する必要があります。

3年を過ぎると、給付金の請求ができなくなるので注意が必要です。

申請期限の例

例えば、2023年7月1日に火災が発生した場合、給付金の申請期限は2026年7月1日となります。

申請期限を過ぎてしまった場合

申請期限を過ぎてしまった場合は、原則として給付金の請求ができなくなります。

ただし、以下の場合には、例外的に給付金の請求ができる場合があります。

  • 被害の原因が、保険会社が予測できなかったものであった場合
  • 保険会社が、被害の調査や給付金の支払いを遅延させた場合

申請期限を過ぎないように注意する

火災保険の給付金の申請期限は、3年と短いため、注意が必要です。

申請期限を過ぎないようにするためには、以下の点に注意しましょう。

  • 被害が発生したときは、すぐに保険会社に連絡する
  • 被害状況の確認資料を早めに準備する
  • 修理見積書を早めに取得する

火災保険の給付金の申請期限は、被害が発生した日から3年以内です。

申請期限を過ぎると、原則として給付金の請求ができなくなるので注意が必要です。

申請期限を過ぎないようにするためには、被害が発生したときは、すぐに保険会社に連絡し、被害状況の確認資料や修理見積書を早めに準備しておきましょう。

まとめ

火災保険の給付金のしくみと注意点

火災保険の給付金は、火事や地震、台風、水害などの自然災害で、家や家財が壊れたときに、保険会社からもらえるお金です。

給付金を受けるには、以下の手順が必要です。

保険会社に給付金の請求をする

保険会社が調査をする

保険会社が給付金を支払う

給付金の種類

火災保険の給付金には、以下の2種類があります。

実損払い

時価払い

実損払い

実損払いとは、実際にかかった修理費用を全額補償する給付金のことです。

例えば、修理費用が100万円だった場合、100万円の給付金がもらえます。

時価払い

時価払いとは、被害を受けた建物や家財の現時点での価値を補償する給付金のことです。

例えば、被害を受けた建物が100万円の価値だった場合、100万円の給付金がもらえます。

給付金の申請期限

火災保険の給付金は、被害が発生した日から3年以内に請求する必要があります。

3年を過ぎると、給付金の請求ができなくなるので注意が必要です。

火災保険の給付金を受けるには、以下の点に注意しましょう。

被害が発生したときは、すぐに保険会社に連絡する

被害状況の確認資料を早めに準備する

修理見積書を早めに取得する

火災保険の給付金は、自然災害で被害を受けたときに、家や家財を修理するための大切なお金です。

火災保険に加入している方は、給付金のしくみと注意点をしっかりと理解しておきましょう。

また、火災保険に加入していない方は、この機会に加入を検討してみてはいかがでしょうか。

住宅保険の窓口は、複数の保険会社から見積もりを比較・提案してくれる会社です。

住宅保険の窓口を利用すれば、自分に合った火災保険に加入することができます。

まずは、無料相談で相談してみてください。

無料相談はこちらから住宅保険の窓口

 

タイトルとURLをコピーしました