2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)でFP資格と宅建士のダブルライセンスを取得! | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)でFP資格と宅建士のダブルライセンスを取得!

FP資格と宅建士のダブルライセンスは、金融業界や不動産業界で活躍したい人にとって、非常に有利な資格です。

FP資格は、個人のお金に関する知識とスキルを証明する資格であり、宅建士は、不動産の売買や賃貸に関する知識とスキルを証明する資格です。

これらの2つの資格を取得することで、金融や不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができ、仕事の選択肢が広がります。また、給与や待遇の向上も期待できます。

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、2級FP技能士とAFP資格の両方を取得できる研修です。この研修を受講することで、FP資格と宅建士のダブルライセンスを効率的に取得することができます。

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、金融や不動産業界で活躍したい人にとって、非常におすすめの研修です。

資格取得を目指すなら、資格対策ドットコムのeラーニング講座がおすすめです。

低価格で充実の講座内容

いつでもどこでも学習可能

丁寧なサポートで合格へ導く

ぜひ、資格取得の第一歩として、資格対策ドットコムのeラーニング講座を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらから


2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)には、以下のメリットがあります。

FP資格と宅建士のダブルライセンスを効率的に取得できる

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を受講することで、FP資格と宅建士のダブルライセンスを効率的に取得することができます。

その理由は、以下の2点です。

  • FP2級の受験資格が取得できる

FP2級の受験資格は、以下の3つです。

  • FP技能検定3級合格
  • AFP認定研修の受講修了
  • FP実務経験2年以上

AFP認定研修の基本課程を受講することで、FP2級の受験資格であるAFP認定研修の受講修了を取得することができます。そのため、FP2級の受験資格を取得するために、FP技能検定3級を受験する必要がなくなります。

  • FP3級の知識を活かしてFP2級の学習を進められる

AFP認定研修の基本課程は、FP3級の知識を前提として学習を進めていきます。そのため、FP3級の知識を習得している人は、FP2級の学習をスムーズに進めることができます。

FP3級とFP2級では、以下の知識が共通しています。

  • 金融商品
  • 税制
  • 社会保障
  • 不動産
  • 相続・贈与

これらの知識を習得していれば、FP2級の学習において、理解にかかる時間を短縮することができます。

このように、2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を受講することで、FP資格と宅建士のダブルライセンスを効率的に取得することができます。

なお、FP2級と宅建士は、どちらも金融・経済に関する知識が求められる資格です。そのため、両方の資格を取得することで、金融・経済に関する専門知識を身につけることができ、就職や転職の際に有利になります。

金融や不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができる

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)では、以下の知識とスキルを身につけることができます。

  • 金融商品(預貯金、保険、投資信託、株式、債券、不動産など)に関する知識
  • 税制(所得税、住民税、相続税など)に関する知識
  • 社会保障(年金、健康保険、介護保険など)に関する知識
  • 不動産に関する知識
  • ライフプランニングに関する知識
  • 提案書作成に関するスキル

これらの知識とスキルは、個人の資産運用やライフプランニングを行う上で、必要不可欠なものです。

具体的には、以下の場面で役立てることができます。

  • 自分の資産運用やライフプランを立てたい
  • 家族や友人の資産運用やライフプランをサポートしたい
  • 金融機関や保険会社、不動産会社などの金融業界で働きたい

また、AFP資格は、国際的に認められている資格です。そのため、海外で働くことを考えている人も、AFP資格を取得することで、自分のキャリアを広げることができます。

このように、2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を受講することで、金融や不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができます。これは、個人の生活やキャリアにおいて、大きなメリットとなるでしょう。

以下に、それぞれの知識とスキルの具体的な内容を説明します。

金融商品に関する知識

金融商品には、預貯金、保険、投資信託、株式、債券、不動産など、さまざまな種類があります。それぞれの商品の特徴やメリット、デメリットを理解することで、自分に合った資産運用を行うことができます。

税制に関する知識

税制は、資産運用やライフプランニングにおいて、重要な要素です。所得税、住民税、相続税などの基本的な税制の知識を身につけることで、節税対策を行うことができます。

社会保障に関する知識

社会保障は、老後の生活を支えるための重要な制度です。年金、健康保険、介護保険などの基本的な社会保障制度の知識を身につけることで、老後の生活設計を立てることができます。

不動産に関する知識

不動産は、資産運用の手段として人気があります。不動産の種類や価格、購入・売却の方法などの基本的な不動産知識を身につけることで、不動産投資を行うことができます。

ライフプランニングに関する知識

ライフプランニングとは、人生の目標や計画を立てることです。ライフプランニングに関する知識を身につけることで、自分の人生の目標や計画に合っ資産運用やライフスタイルを実現することができます。

提案書作成に関するスキル

提案書は、顧客に自分の提案内容をわかりやすく伝えるための資料です。提案書作成に関するスキルを身につけることで、顧客のニーズを把握した上で、最適な提案を行うことができます。

仕事の選択肢が広がる

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を取得することで、仕事の選択肢が広がります。

その理由は、以下の2点です。

  • 金融業界で働くことができる

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、金融業界で働くための基礎知識とスキルを身につけることができる資格です。そのため、金融機関や保険会社、不動産会社などの金融業界で働きたい人におすすめです。

具体的には、以下の職種で活躍することができます。

  • 金融商品の販売・営業

  • 資産運用のコンサルティング

  • ライフプランニングのサポート

  • 金融に関する情報提供

  • 独立開業も可能

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を取得することで、独立開業も可能になります。

独立開業するためには、顧客を獲得するための営業力や、提案書を作成するスキルなどが必要です。2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)で身につけた知識とスキルを活かして、独立開業を目指すことができます。

このように、2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を取得することで、金融業界で働くことができるだけでなく、独立開業も可能になります。これは、仕事の選択肢を広げる大きなメリットとなります。

以下に、具体的な仕事の例を挙げます。

  • 金融機関
    • 銀行員
    • 証券会社営業員
    • 保険外交員
  • 保険会社
    • 保険営業員
    • 保険プランナー
  • 不動産会社
    • 不動産営業員
    • 不動産コンサルタント
  • 税理士事務所
    • 税理士
    • 会計士
  • 独立開業
    • ファイナンシャルプランナー
    • セミナー講師
    • ライター

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、金融や不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができる資格です。この資格を取得することで、自分の仕事の選択肢を広げ、活躍の場を広げることができます。

給与や待遇の向上が期待できる

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を取得することで、給与や待遇の向上が期待できます。

その理由は、以下の2点です。

  • 資格手当や昇給の可能性が高まる

多くの企業では、FP資格を取得した従業員に対して、資格手当を支給したり、昇給の際に有利になる制度を導入しています。そのため、2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を取得することで、給与や待遇の向上につながる可能性があります。

  • 仕事の幅が広がり、責任あるポジションに就く可能性が高まる

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を取得することで、金融や不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができます。そのため、より専門的な仕事や、責任あるポジションに就く可能性が高まります。

具体的には、以下の例が挙げられます。

  • 資格手当
    • 月額1万円~3万円程度
  • 昇給
    • 通常の昇給額よりも1~2段階アップする
  • 仕事の幅
    • 金融商品の販売・営業
    • 資産運用のコンサルティング
    • ライフプランニングのサポート
    • 金融に関する情報提供
  • 責任あるポジション
    • 金融機関の支店長
    • 保険会社の営業部長
    • 不動産会社の営業所長
    • 独立開業

このように、2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)を取得することで、給与や待遇の向上が期待できます。この資格を取得することで、自分のキャリアアップや収入アップにつながるでしょう。

なお、給与や待遇の向上は、企業や個人のスキルや経験によっても異なります。そのため、必ず給与や待遇が向上するわけではありません。

2級FP技能士とは?

2級FP技能士とは、お金に関する知識やスキルを身につけた人のことをいいます。厚生労働省が認定する国家資格で、ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格の中では2番目に難易度が高い資格です。

FPとは、Financial Planningの略で、お金の計画や管理を行う仕事です。2級FP技能士は、顧客のライフプランや目標に応じて、資産運用や保険などの提案を行うことができるレベルとされています。

具体的には、以下の知識やスキルを身につける必要があります。

  • 財務(家計簿のつけ方や資産運用の基本)
  • 社会保障(年金や社会保険の制度)
  • 税制(税金の種類や節税対策)
  • 金融(銀行や証券会社の商品やサービス)
  • 不動産(住宅ローンや不動産投資)
  • 相続・事業承継(相続や事業承継の対策)
  • 保険(保険の種類や選び方)

2級FP技能士の資格を取得するためには、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。学科試験は、70分間で70問のマークシート形式の試験です。実技試験は、2時間30分で200点満点の記述式の試験です。

学科試験は、FPに関する基礎的な知識を問う問題が出題されます。実技試験は、顧客のライフプランに応じた資産運用や保険などの提案を行う能力を問う問題が出題されます。

2級FP技能士の資格を取得すると、以下のメリットがあります。

  • 就職や転職に有利になる
  • 資産運用や副業に役立つ
  • 独立・開業も可能になる
  • プライベートでの金銭管理に役立つ

2級FP技能士の資格は、幅広い分野で活躍できる資格です。就職や転職、資産運用、独立・開業など、さまざまな目的に役立つ資格です。

2級FP技能士の受験資格は、以下の通りです。

  • 満18歳以上
  • 高等学校卒業程度以上の学力

なお、日本FP協会が実施するFP技能検定は、AFP資格審査試験を兼ねています。2級FP技能士の合格者は、 AFP資格の審査を受けることができます。AFP資格は、日本FP協会が認定する民間資格です。

2級FP技能士の資格を取得するためには、学習が必要です。独学で学習することもできますが、通信講座やスクールに通って学習することもおすすめです。

具体的な学習方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • テキストや問題集を使って独学で学ぶ
  • 通信講座を利用して学ぶ
  • スクールに通って学ぶ

独学で学ぶ場合は、テキストや問題集を活用して、基礎的な知識から応用的な知識までを身につけることが大切です。通信講座やスクールに通う場合は、プロの講師から指導を受けながら、効率的に学ぶことができます。

2級FP技能士の資格は、お金に関する知識やスキルを身につけたい人にとって、とても役立つ資格です。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

AFP認定研修(基本課程)とは?

AFP認定研修(基本課程)とは、日本FP協会が認定する民間資格である「AFP資格」を取得するための研修講座です。

AFP資格は、ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格の中では3番目に難易度が高い資格です。FPとは、Financial Planningの略で、お金の計画や管理を行う仕事です。AFP資格は、FPに関する基本的な知識やスキルを身につけた人のことをいいます。

AFP認定研修(基本課程)では、以下の6つの分野について学習します。

  • FP基礎
  • ライフプランニング・リタイアメントプランニング
  • 金融資産運用設計
  • リスクと保険
  • タックスプランニング
  • 不動産運用設計
  • 相続・事業継承設計

学習の総仕上げとして、課題に基づいた「提案書(ライフプランを実現するための計画書)」を作成します。

AFP認定研修(基本課程)の受講資格は、以下の通りです。

  • 満18歳以上
  • 高等学校卒業程度以上の学力

AFP認定研修(基本課程)の修了により、AFP資格の認定審査を受けることができます。AFP資格を取得すると、以下のメリットがあります。

  • 就職や転職に有利になる
  • 資産運用や副業に役立つ
  • 独立・開業も可能になる
  • プライベートでの金銭管理に役立つ

AFP認定研修(基本課程)は、FPに関する基本的な知識やスキルを身につけたい人にとって、とても役立つ研修講座です。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

具体的な学習内容としては、以下のようなものが挙げられます。

  • FPの基礎知識(倫理・コンプライアンス、FPの基本的な考え方)
  • ライフプランニング(ライフプランの作成、ライフイベントの対応)
  • 金融資産運用(金融商品の種類、運用の基本)
  • リスクと保険(リスクの種類、保険の種類、選び方)
  • タックスプランニング(税金の種類、節税対策)
  • 不動産運用(不動産投資の基本、リスクと対策)
  • 相続・事業継承(相続・事業承継の対策)

学習方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • テキストや問題集を使って独学で学ぶ
  • 通信講座を利用して学ぶ
  • スクールに通って学ぶ

独学で学ぶ場合は、テキストや問題集を活用して、基礎的な知識から応用的な知識までを身につけることが大切です。通信講座やスクールに通う場合は、プロの講師から指導を受けながら、効率的に学ぶことができます。

AFP認定研修(基本課程)は、以下の方法で受講することができます。

  • 各認定教育機関が実施する通信講座
  • 各認定教育機関が実施する集合講座
  • 日本FP協会が実施するeラーニング

各認定教育機関によって、受講料やカリキュラムなどが異なりますので、比較検討して自分に合った講座を選ぶとよいでしょう。

FPの資格とは?

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格は、お金に関する知識やスキルを証明する資格です。FPとは、Financial Planningの略で、お金の計画や管理を行う仕事です。FPの資格を取得することで、以下のようなメリットがあります。

  • 就職や転職に有利になる
  • 資産運用や副業に役立つ
  • 独立・開業も可能になる
  • プライベートでの金銭管理に役立つ

FPの資格には、大きく分けて2種類あります。

  • 国家資格である「FP技能検定」
  • 民間資格である「AFP資格」「CFP®資格」

FP技能検定

FP技能検定は、厚生労働省が認定する国家資格です。FPの資格の中では、最も基礎的な資格とされています。

FP技能検定には、1級、2級、3級の3つの級があります。1級が最も難易度が高く、3級が最も難易度が低くなります。

FP技能検定は、学科試験と実技試験の両方に合格することで、資格を取得することができます。

AFP資格

AFP資格は、日本FP協会が認定する民間資格です。FPの資格の中では、3番目に難易度が高い資格とされています。

AFP資格を取得するには、AFP認定研修(基本課程)の修了が必要です。AFP認定研修(基本課程)は、6つの分野について学習する研修です。

CFP®資格

CFP®資格は、日本FP協会が認定する民間資格です。FPの資格の中では、最も難易度が高い資格とされています。

CFP®資格を取得するには、CFP®認定研修の修了と、実務経験が必要です。CFP®認定研修は、11の分野について学習する研修です。

FPの資格取得のメリット

FPの資格を取得することで、以下のようなメリットがあります。

  • 就職や転職に有利になる

FPの資格は、金融機関や保険会社、不動産会社など、さまざまな業界で重宝される資格です。FPの資格を取得することで、就職や転職の際に有利になります。

  • 資産運用や副業に役立つ

FPの資格を取得することで、お金に関する知識やスキルを身につけることができます。そのため、資産運用や副業を行う際に役立ちます。

  • 独立・開業も可能になる

FPの資格を取得することで、独立・開業も可能になります。FPとして独立・開業することで、自分のペースで働くことができます。

  • プライベートでの金銭管理に役立つ

FPの資格を取得することで、自分のお金の使い方を見直すきっかけになります。そのため、プライベートでの金銭管理にも役立ちます。

FPの資格取得を目指す人へのアドバイス

FPの資格取得を目指す人へのアドバイスとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の目的を明確にする

FPの資格は、就職や転職、資産運用、独立・開業など、さまざまな目的で取得する人がいます。自分の目的を明確にすることで、効率的に学習することができます。

  • 自分に合った学習方法を選ぶ

FPの資格の学習方法は、独学、通信講座、スクールなど、さまざまな方法があります。自分に合った学習方法を選ぶことで、モチベーションを維持しながら学習することができます。

  • 継続して学習する

FPの資格は、一度取得すればそれで終わりではありません。資格取得後も、新しい知識や情報をキャッチアップしていくことが大切です。

FPの資格は、お金に関する知識やスキルを身につけることができる、とても役立つ資格です。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

宅建士とは?

宅建士とは、宅地建物取引業法に基づき定められた国家資格者です。

宅地建物取引業者が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務を行う、不動産取引の専門家です。

宅建士の資格を取得するためには、宅地建物取引士試験に合格し、都道府県知事の登録を受けなければなりません。宅地建物取引士試験は、学科試験と実技試験の2科目から構成され、毎年1回実施されます。

宅建士の資格を取得することで、以下のメリットがあります。

  • 不動産業界での就職・転職に有利になる
  • 独立・開業が可能になる
  • 顧客の利益を守る仕事ができる

宅建士の資格は、不動産業界での就職・転職に有利になります。不動産会社では、宅建士の資格を取得していることが必須条件となっている場合もあります。また、宅建士の資格を取得することで、独立・開業することも可能です。独立・開業することで、自分のペースで働くことができます。

宅建士は、顧客の利益を守る仕事です。宅建士は、宅地建物取引業者が行う取引において、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務を行うことが求められています。

宅建士は、不動産取引の専門家として、幅広い分野で活躍できる資格です。不動産業界への就職・転職や独立・開業を考えている人、顧客の利益を守る仕事に興味がある人は、ぜひ宅建士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

宅建士の具体的な仕事内容

宅建士の仕事は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 媒介業務
  • 代理業務
  • 売買契約の締結のあっせん

媒介業務

媒介業務とは、売主と買主の間を仲介することです。宅建士は、売主から物件の情報を収集し、買主に物件を紹介するなどの活動を行います。

代理業務

代理業務とは、売主または買主の代理人として、売買契約の締結や手続きを行うことです。宅建士は、売主または買主の依頼を受けて、売買契約の締結や必要書類の作成などの手続きを行います。

売買契約の締結のあっせん

売買契約の締結のあっせんとは、売主と買主の間で売買契約が成立するように、両者を調整することです。宅建士は、売主と買主の意見の相違を調整したり、売買契約書の作成を支援したりするなどの活動を行います。

宅建士の資格取得を目指す人へのアドバイス

宅建士の資格取得を目指す人へのアドバイスとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 学科試験と実技試験の両方合格を目指す

宅地建物取引士試験は、学科試験と実技試験の2科目から構成されています。

学科試験は、宅地建物取引に関する法律や知識を問う試験です。

実技試験は、顧客の相談に応じて、適切な提案を行う能力を問う試験です。両方合格を目指して、しっかりと学習しましょう。

  • 自分に合った学習方法を選ぶ

宅地建物取引士試験の学習方法は、独学、通信講座、スクールなど、さまざまな方法があります。自分に合った学習方法を選んで、モチベーションを維持しながら学習しましょう。

  • 過去問を解いて、実力を把握する

過去問を解くことで、出題傾向や問題の解き方などを把握することができます。過去問を解いて、自分の実力を把握し、弱点を補うようにしましょう。

宅地建物取引士は、不動産業界で活躍できる資格です。ぜひ、宅建士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

FP資格と宅建士のダブルライセンスを取得した方がよい理由は?

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)でFP資格と宅建士のダブルライセンスを取得した方がよい理由は、以下の2つが挙げられます。

  1. 学習範囲が重複しているため、効率的に学習できる

2級FP技能士と宅建士の試験には、学習範囲が重複している部分があります。具体的には、以下のとおりです。

  • 財務
  • 社会保障
  • 税制

これらの分野は、FPの資格と宅建士の資格の両方において、基本的な知識として必要となります。そのため、2つの資格を同時に取得することで、重複する部分の学習を効率化することができます。

  1. 両方の資格を取得することで、幅広い分野で活躍できる

FPの資格と宅建士の資格を両方取得することで、お金と不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができます。そのため、金融機関や保険会社、不動産会社など、さまざまな業界で活躍できるようになります。

どちらから先に取った方がよいかは、それぞれの人の状況や目的によって異なります。

  • 金融や経済に興味があり、FPとして活躍したい人は、2級FP技能士を先に取得するのがおすすめです。2級FP技能士を取得することで、FPに関する基本的な知識とスキルを身につけることができます。その後、宅建士の資格を取得することで、不動産に関する知識とスキルを身につけることができます。

  • 不動産業界で活躍したい人は、宅建士を先に取得するのがおすすめです。宅建士を取得することで、不動産に関する基本的な知識とスキルを身につけることができます。その後、2級FP技能士の資格を取得することで、お金に関する知識とスキルを身につけることができます。

どちらから先に取得するか迷っている場合は、両方の資格の試験概要や学習内容をよく理解した上で、自分の状況や目的に合った方から取得することをおすすめします。

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、金融や不動産業界で活躍したい人にとって、非常におすすめの研修です。

資格取得を目指すなら、資格対策ドットコムのeラーニング講座がおすすめです。

低価格で充実の講座内容

いつでもどこでも学習可能

丁寧なサポートで合格へ導く

ぜひ、資格取得の第一歩として、資格対策ドットコムのeラーニング講座を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらから


 

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の受講方法

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、主に以下の2つの方法で受講することができます。

  • 通信教育
  • 通学講座

通信教育は、自宅で自分のペースで学習することができます。通学講座は、講師の指導を受けながら学習することができます。

どちらの方法を選ぶかは、自分のライフスタイルや学習スタイルに合わせて決めましょう。

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の受講料

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の受講料は、各教育機関によって異なります。

一般的な相場は、10万円から20万円程度です。

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の受験資格

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の受験資格は、以下のとおりです。

  • 2級FP技能士の受験資格を満たしていること
  • 18歳以上であること

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の合格率

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の合格率は、約40%から50%程度です。

合格率は比較的高いですが、しっかりと学習を積んで臨むことが大切です。

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の口コミ・評判

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)の口コミ・評判は、以下のとおりです。

  • 「FP資格と宅建士のダブルライセンスを効率的に取得することができた」
  • 「金融や不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができた」
  • 「仕事の選択肢が広がり、給与や待遇も向上した」

なお、これらの口コミ・評判は、あくまでも一例です。実際の口コミ・評判は、教育機関や受講者の学習スタイルによって異なります。

まとめ

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、2級FP技能士とAFP資格の両方を取得できる研修です。
この研修を受講することで、FP資格と宅建士のダブルライセンスを効率的に取得することができます。

具体的には、以下のメリットがあります。

FP資格と宅建士のダブルライセンスを効率的に取得できる

金融や不動産に関する幅広い知識とスキルを身につけることができる

仕事の選択肢が広がる

給与や待遇の向上が期待できる

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)は、金融や不動産業界で活躍したい人にとって、非常におすすめの研修です。

資格取得を目指すなら、資格対策ドットコムのeラーニング講座がおすすめです。

低価格で充実の講座内容

いつでもどこでも学習可能

丁寧なサポートで合格へ導く

ぜひ、資格取得の第一歩として、資格対策ドットコムのeラーニング講座を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらから



このリンクをクリックすると、資格対策ドットコムのeラーニング講座の詳細ページにアクセスできます。

ここでは、各講座の概要や料金、カリキュラムなどを確認することができます。

また、無料体験も実施しているので、ぜひ気軽に試してみてください。

資格取得を目指すなら、資格対策ドットコムのeラーニング講座で、あなたの目標を達成しましょう!

タイトルとURLをコピーしました