FPの資格取得のメリットとデメリット | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

FPの資格取得のメリットとデメリット

はじめに

「お金のことがよくわからない」「将来のお金の不安がある」「もっとお金に余裕が欲しい」

このような悩みを抱えている人は、少なくないのではないでしょうか。

私も、以前はこのような悩みを抱えていました。

会社員として働いていたので、それなりに収入はあったものの、家計簿をつけてもお金が貯まらない。

将来の年金や老後資金のことを考えると、不安でたまりませんでした。

そんなとき、ファイナンシャルプランナー(FP)の存在を知りました。

FPにお金の悩みを相談してからは、私のお金の悩みは解決しました。

家計の見直しをすることで、無駄な支出を減らし、貯蓄を増やすことができました。

また、将来のお金の計画を立てることで、不安が解消されました。

FPの資格は、お金の悩みを解決し、豊かな人生を送るための大きな助けとなります。

本記事では、FPの資格取得のメリットとデメリットについて、詳しく解説します。

FPの資格取得を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

FPの資格取得のメリット

FPの資格取得には、以下のメリットがあります。

家計管理ができるようになり、お金の不安が解消される

FPの資格を取得すると、お金に関する幅広い知識を身につけることができます。

その知識を活かして、家計の見直しを行うことで、無駄な支出を減らし、貯蓄を増やすことができます。

また、将来のお金の計画を立てることで、不安が解消されます。

FPの資格取得で家計管理ができるようになり、お金の不安が解消された例

Aさんは、会社員として働きながら、結婚や出産を控えていました。しかし、家計管理が苦手で、将来のお金の不安を感じていました。

そこで、FPの資格取得を決意し、勉強を始めました。勉強の中で、家計管理の基本的な方法や、貯蓄・投資などの方法、税制や保険などの知識を身につけました。

勉強を終え、Aさんは家計の見直しを行いました。その結果、無駄な支出を減らし、毎月1万円の貯蓄ができるようになりました。また、将来のお金の計画を立てることで、漠然とした不安が具体的なものになり、安心感が高まりました。

具体的な事例

Aさんは、家計簿をつけることで、収入と支出のバランスを把握しました。その結果、食費や交際費などの無駄な支出を減らすことができました。また、貯蓄や投資のメリット・デメリットを学び、自分に合った方法で貯蓄を始めました。

将来のお金の計画では、結婚や出産、住宅購入などの目標を設定しました。また、それらの目標を達成するために、必要なお金と、そのために毎月いくら貯蓄する必要があるかを算出しました。

Aさんは、FPの資格取得をきっかけに、家計管理ができるようになり、お金の不安が解消されました。また、将来のお金の計画を立てることで、目標に向かって前向きに進むことができるようになりました。

FPの資格取得で家計管理ができるようになり、お金の不安が解消されるためのポイント

FPの資格取得で家計管理ができるようになり、お金の不安が解消されるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • 家計管理の基本的な方法を学ぶ
  • 貯蓄・投資などの方法を学ぶ
  • 税制や保険などの知識を学ぶ
  • 家計簿をつけるなど、実際に家計管理を実践する
  • 将来のお金の計画を立てる

また、FPの資格取得は、家計管理だけでなく、さまざまなお金に関する悩みや不安を解決するきっかけにもなります。例えば、

  • 住宅購入やローンの借り換えを検討している
  • 老後の資金計画を立てたい
  • 相続や遺言について相談したい

といった悩みや不安がある場合にも、FPの資格取得を検討してみるとよいでしょう。

お金に対する苦手意識がなくなり、自信がつく

FPの資格を取得すると、お金に関する知識が身につき、お金に対する苦手意識がなくなり、自信がつきます。

そのため、お金に関する判断や決断がしやすくなります。

また、お金に関する情報に敏感になり、最新の情報をキャッチアップしやすくなります。

FPの資格取得でお金に対する苦手意識がなくなり、自信がついた例

Bさんは、会社員として働きながら、将来のお金の不安を感じていました。しかし、お金に関する知識が少なく、漠然とした不安を抱えているだけでした。

そこで、FPの資格取得を決意し、勉強を始めました。勉強の中で、お金に関する幅広い知識を身につけることができました。

勉強を終え、Bさんはお金に対する苦手意識がなくなり、自信がつきました。具体的には、以下のことに変化がありました。

  • お金に関するニュースや情報を理解できるようになった
  • お金に関する相談に自信を持って対応できるようになった
  • お金に関する意思決定ができるようになった
具体的な事例

Bさんは、FPの資格取得のために、通信講座を受講しました。通信講座では、お金に関する基本的な知識から、具体的なケーススタディまで、幅広い内容を学ぶことができました。

勉強の中で、Bさんは、お金に関する知識が不足していたことに気づきました。例えば、

  • 税金の種類や仕組み
  • 保険の種類やメリット・デメリット
  • 投資の種類やリスク

といった知識が、ほとんどありませんでした。

しかし、通信講座で学んだことで、これらの知識を身につけることができました。また、お金に関するニュースや情報を理解できるようになり、お金に関する相談にも自信を持って対応できるようになりました。

Bさんは、FPの資格取得をきっかけに、お金に関する苦手意識がなくなり、自信がつきました。また、お金に関する知識を身につけることで、将来のお金の不安を解消することにもつながりました。

FPの資格取得でお金に対する苦手意識がなくなり、自信がつくためのポイント

FPの資格取得でお金に対する苦手意識がなくなり、自信がつくためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • お金に関する幅広い知識を身につける
  • お金に関する知識を実際に活用する

お金に関する知識を身につけることで、お金に対する苦手意識を克服することができます。また、お金に関する知識を実際に活用することで、自信をつけていけるでしょう。

例えば、

  • 家計簿をつけることで、収入と支出のバランスを把握する
  • 貯蓄や投資の検討を行う
  • 住宅購入やローンの借り換えを検討する

といったことを、実際にやってみるとよいでしょう。

また、FPの資格取得をきっかけに、お金に関する勉強会やセミナーに参加するのもおすすめです。お金に関する知識をさらに深めることで、より自信をつけることができます。

収入アップの可能性が高まる

FPの資格を取得すると、金融機関や保険会社、不動産会社など、さまざまな業界で活躍できるようになります。

また、FPの資格は、資格手当や昇進の際に有利に働く場合もあります。

FPの資格取得で収入アップの可能性が高まった例

Cさんは、会社員として働きながら、将来の収入アップを目指していました。しかし、自分のスキルや経験では、なかなか収入アップを実現することができませんでした。

そこで、FPの資格取得を決意し、勉強を始めました。勉強の中で、お金に関する幅広い知識と、金融商品の販売やコンサルティングなどのスキルを身につけることができました。

勉強を終え、CさんはFPの資格を活かして、金融機関でファイナンシャルプランナーとして働き始めました。ファイナンシャルプランナーとして、顧客のお金に関する相談に乗ったり、金融商品の販売やコンサルティングを行ったりすることで、収入アップを実現しました。

具体的な事例

Cさんは、FPの資格取得のために、通信講座を受講しました。通信講座では、お金に関する基本的な知識から、金融商品の販売やコンサルティングのスキルまで、幅広い内容を学ぶことができました。

勉強の中で、Cさんは、お金に関する知識やスキルが、自分の将来の収入アップにつながることに気づきました。また、ファイナンシャルプランナーという仕事に魅力を感じ、ファイナンシャルプランナーとして働くことを決意しました。

Cさんは、ファイナンシャルプランナーとして働き始めてから、以下のことに取り組みました。

  • 顧客のお金に関する悩みや不安をしっかりと聞き、理解する
  • 顧客の状況や目標に合わせて、最適なアドバイスを行う
  • 金融商品の販売やコンサルティングを通じて、顧客の資産形成を支援する

Cさんの努力の結果、顧客からの信頼を獲得し、収入アップを実現することができました。

FPの資格取得で収入アップの可能性が高まるためのポイント

FPの資格取得で収入アップの可能性が高まるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • FPの資格を活かして、どのような仕事に就きたいかを考える
  • FPの資格を活かして、どのようなスキルを身につけたいかを考える
  • FPの資格を活かして、どのような収入アップを目指すかを考える

FPの資格を取得するだけでは、収入アップを実現することはできません。FPの資格を活かして、どのような仕事に就き、どのようなスキルを身につけ、どのような収入アップを目指すかを明確にすることが重要です。

また、FPの資格取得をきっかけに、金融機関やFP事務所などでの就職や転職を検討するのもおすすめです。FPの資格を活かして、専門的な知識やスキルを活かせる仕事に就くことで、収入アップを実現しやすくなります。

独立開業や副業ができるようになる

FPの資格を取得すると、独立開業や副業ができるようになります。

独立開業すれば、自分のペースで働きながら、自分のスキルや経験を活かして、収入を得ることができます。

また、副業としてFPの知識やスキルを活かせば、収入アップやスキルアップにつながります。

FPの資格取得で独立開業や副業ができるようになった例

Dさんは、会社員として働きながら、将来の独立開業を夢見ていました。しかし、自分のスキルや経験では、なかなか独立開業を実現することができませんでした。

そこで、FPの資格取得を決意し、勉強を始めました。勉強の中で、お金に関する幅広い知識と、顧客のニーズを把握するスキルを身につけることができました。

勉強を終え、DさんはFPの資格を活かして、独立開業しました。独立開業後は、個人や企業のお金に関する相談に乗ったり、金融商品の販売やコンサルティングを行ったりしています。

具体的な事例

Dさんは、FPの資格取得のために、通信講座を受講しました。通信講座では、お金に関する基本的な知識から、顧客のニーズを把握するスキルまで、幅広い内容を学ぶことができました。

勉強の中で、Dさんは、自分のスキルや経験を活かして、独立開業ができることに気づきました。また、FPの資格を活かして、顧客のお金に関する悩みや不安を解決することに、やりがいを感じました。

Dさんは、独立開業してから、以下のことに取り組みました。

  • 顧客のお金に関する悩みや不安をしっかりと聞き、理解する
  • 顧客の状況や目標に合わせて、最適なアドバイスを行う
  • 金融商品の販売やコンサルティングを通じて、顧客の資産形成を支援する

Dさんの努力の結果、顧客からの信頼を獲得し、独立開業が軌道に乗りました。

FPの資格取得で独立開業や副業ができるようになるポイント

FPの資格取得で独立開業や副業ができるようになるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • FPの資格を活かして、どのような仕事をしたいのかを考える
  • FPの資格を活かして、どのようなスキルを身につけたいのかを考える
  • FPの資格を活かして、どのような独立開業や副業を実現したいのかを考える

FPの資格を取得するだけでは、独立開業や副業を実現することはできません。FPの資格を活かして、どのような仕事をし、どのようなスキルを身につけ、どのような独立開業や副業を実現したいのかを明確にすることが重要です。

また、FPの資格取得をきっかけに、FP関連の勉強会やセミナーに参加するのもおすすめです。FPに関する知識やスキルをさらに深めることで、独立開業や副業が成功しやすくなります。

FPの資格取得なら最短で学べるメダリストクラブへ↓↓↓



FPの資格取得のデメリット

FPの資格取得には、以下のデメリットもあります。

勉強時間がかかる

FPの資格は、3級、2級、1級と3段階に分かれています。

3級は比較的簡単ですが、2級や1級になると難易度が上がり、勉強時間がかかるようになります。

FPの資格取得で勉強時間がかかる例

Eさんは、会社員として働きながら、FPの資格取得を目指していました。3級は独学で取得しましたが、2級や1級は取得するために、通信講座を受講しました。

通信講座では、テキストやWeb講義、添削課題などを使って、勉強を進めました。しかし、2級や1級は、3級よりも難易度が上がり、勉強時間がかかると感じました。

Eさんは、以下のようなことに取り組みました。

  • 通勤時間や休憩時間など、隙間時間を活用して勉強する
  • テキストやWeb講義だけでなく、参考書や問題集などを活用して、理解を深める
  • 添削課題を丁寧に解き、自分の弱点を克服する

Eさんの努力の結果、通信講座のサポートを受けながら、2級と1級を取得することができました。

FPの資格取得で勉強時間を短縮するポイント

FPの資格取得で勉強時間を短縮するためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • 自分の学習スタイルに合った勉強方法を見つける
  • 効率的な勉強方法を身につける
  • 計画的に勉強を進める

FPの資格取得は、短期間で取得しようとすると、勉強時間がかかる可能性があります。自分の学習スタイルに合った勉強方法を見つけ、効率的な勉強方法を身につけて、計画的に勉強を進めることで、勉強時間を短縮することができます。

また、FPの資格取得をきっかけに、FP関連の勉強会やセミナーに参加するのもおすすめです。FPに関する知識やスキルをさらに深めることで、勉強が効率的になることがあります。

FPの資格取得までの時間は、以下の要素によって異なります。

  • 学習スタイル
  • 勉強の進捗状況
  • 試験の難易度

学習スタイルが独学の場合は、自分のペースで勉強を進めることができるため、比較的長い期間をかけて取得を目指すことができます。一方、通信講座や予備校に通う場合は、カリキュラムに沿って勉強を進めることができるため、比較的短期間で取得を目指すことができます。

また、勉強の進捗状況によっても、取得までの時間は異なります。ある程度の基礎知識がある場合は、短期間で取得を目指すことも可能です。一方、基礎知識が少ない場合は、ある程度の時間をかけて取得を目指す必要があります。

最後に、試験の難易度によっても、取得までの時間は異なります。3級は比較的簡単なため、短期間で取得を目指すことができます。一方、2級や1級は難易度が高いため、ある程度の時間をかけて取得を目指す必要があります。

具体的な取得までの時間を示すのは難しいですが、以下のような目安があります。

  • 3級:1~3ヶ月
  • 2級:3~6ヶ月
  • 1級:6~12ヶ月

もちろん、これはあくまでも目安であり、個人差があります。自分の学習スタイルや勉強の進捗状況を踏まえて、無理のない計画を立てることが重要です。

なお、FPの資格は、合格率が比較的高いため、しっかりと勉強すれば取得することは可能です。

費用がかかる

FPの資格取得には、受験料や教材費などの費用がかかります。

また、通信講座や予備校に通うと、さらに費用がかかります。

FPの資格取得にかかる費用

FPの資格取得にかかる費用は、以下の通りです。

  • 受験料

受験料は、FP技能検定3級が3,300円、2級が4,400円、1級が6,600円です。

  • 教材費

教材費は、FP技能検定3級が10,000円~20,000円、2級が20,000円~30,000円、1級が30,000円~40,000円です。

  • 通信講座や予備校の費用

通信講座や予備校の費用は、会社や講座によって異なります。

例えば、FP技能検定3級の通信講座の費用は、10,000円~30,000円、2級の通信講座の費用は、20,000円~50,000円、1級の通信講座の費用は、30,000円~70,000円です。

安く利用できる方法

FPの資格取得を安く利用できる方法としては、以下のようなものがあります。

  • 独学で勉強する

独学で勉強すれば、教材費や通信講座や予備校の費用を抑えることができます。ただし、自分自身で勉強計画を立て、スケジュールを管理する必要があります。

  • 無料の教材や資料を活用する

日本FP協会や各都道府県FP協会では、無料の教材や資料を提供しています。これらの教材や資料を活用することで、教材費を抑えることができます。

  • セールやキャンペーンを利用する

通信講座や予備校では、セールやキャンペーンを実施していることがあります。これらのセールやキャンペーンを利用することで、費用を抑えることができます。

  • 割引制度を利用する

通信講座や予備校によっては、割引制度を用意していることがあります。例えば、学生や社会人、主婦など、対象となる人であれば、割引を受けることができます。

まとめ

FPの資格取得には、費用がかかりますが、独学や無料の教材や資料を活用することで、費用を抑えることができます。また、セールやキャンペーン、割引制度を利用するのもおすすめです。

独学で合格するのは難しい

FPの資格は、独学でも合格することは可能ですが、難易度が高いため、十分な勉強時間を確保する必要があります。

また、最新の情報をキャッチアップするためにも、勉強を続ける必要があります。

FPの資格取得は、独学でも合格することは可能ですが、難しいと言えます。

その理由は、以下の2つが挙げられます。

  • FPの知識は幅広い

FPの資格は、お金に関する幅広い知識を問う試験です。税金、保険、投資、不動産、相続など、さまざまな分野の知識を身につける必要があります。

独学で勉強する場合、これらの分野の知識をすべて網羅するのは、かなりの労力と時間が必要となります。

  • 独学ではモチベーション維持が難しい

独学で勉強する場合、自分自身で勉強計画を立て、スケジュールを管理する必要があります。また、わからないことがあったときに、質問できる相手がいない場合もあります。

そのため、モチベーションを維持するのが難しいという声も多く聞かれます。

独学でFPの資格取得を目指す場合の対策

独学でFPの資格取得を目指す場合、以下の対策をするとよいでしょう。

  • 効率的な勉強方法を身につける

FPの資格は、合格率が比較的高いため、しっかりと勉強すれば取得することは可能です。しかし、効率的な勉強方法を身につけないと、勉強に時間がかかったり、挫折したりする可能性があります。

過去問を解いて傾向を把握したり、苦手分野を重点的に勉強したりするなど、自分に合った勉強方法を見つけることが大切です。

  • モチベーションを維持する工夫をする

独学で勉強する場合、モチベーションを維持するのが難しいという声が多く聞かれます。そのため、以下のような工夫をして、モチベーションを維持するようにしましょう。

* 勉強スケジュールを立てて、計画的に勉強する
* 勉強仲間や勉強会に参加して、モチベーションを高める
* 合格体験記を読んだりして、合格のイメージを膨らませる
通信講座や予備校の利用も検討する

通信講座や予備校を利用すると、プロの講師による授業を受けることができ、効率的に勉強を進めることができます。また、わからないことがあったときに、すぐに質問できるというメリットもあります。

独学で勉強するのが難しいと感じた場合は、通信講座や予備校の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

FPの資格取得におすすめの通信講座は【Medalist Club】
FPの資格取得におすすめの通信講座である【Medalist Club】について、その特徴やメリット・デメリット、口コミ・評判などを詳しく解説します。

 

FPの資格取得メリットデメリットまとめ

FPの資格取得のメリット

  • お金に関する幅広い知識が身につく
  • 家計管理や資産運用に役立つ
  • 就職や転職に有利になる
  • 独立開業や副業ができるようになる

FPの資格取得のデメリット

  • 勉強時間がかかる
  • 費用がかかる
  • 独学で合格するのは難しい

FPの資格取得のメリットとデメリットを踏まえた、取得の可否判断

FPの資格取得は、メリットとデメリットを踏まえて、取得の可否を判断することが大切です。

メリットを重視する

お金に関する知識を身につけたい、家計管理や資産運用を学びたい、就職や転職に有利になりたい、独立開業や副業を目指したいなど、FPの資格を取得することで得られるメリットを重視する場合は、取得を検討するとよいでしょう。

デメリットを軽減する

勉強時間がかかる、費用がかかる、独学で合格するのは難しいなどのデメリットを軽減するために、以下のような対策を検討するとよいでしょう。

  • 勉強時間を確保する
  • 費用を抑える方法を検討する
  • 通信講座や予備校を利用する

結論

FPの資格取得は、メリットとデメリットを踏まえて、自分に合った方法で取得を目指すことが大切です。

FPの資格取得には、メリットとデメリットがあります。

メリットをしっかりと理解し、デメリットを受け入れられるかどうかが、取得の判断基準となります。

FPの資格は、お金に関する知識やスキルを身につけ、豊かな人生を送るための大きな助けとなります。

本記事を参考に、FPの資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。



参考文献

  • 一般社団法人日本FP協会「ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格とは」

 

 

タイトルとURLをコピーしました