フリーランス・副業で動画編集を始めるなら【MOVE】のマンツーマンサポートがおすすめ! | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

フリーランス・副業で動画編集を始めるなら【MOVE】のマンツーマンサポートがおすすめ!

動画編集の需要は年々高まっており、フリーランスや副業として動画編集を始める人も増えています。

しかし、動画編集のスキルや案件獲得の方法を独学で身につけるのは、なかなか難しいものです。

そこでおすすめなのが、【MOVE】のマンツーマンサポートです。【MOVE】は、動画編集のスキルから案件獲得まで、1年間マンツーマンでサポートしてくれるサービスです。↓↓↓↓



 

  • 動画編集のスキルをプロの講師から直接学べる

【MOVE】の講師は、動画編集のプロフェッショナルです。

Premiere ProやAfter Effectsの基本から応用まで、丁寧に指導してくれます。

また、案件獲得を前提としたカリキュラムで、受講期間中にポートフォリオを3つ制作するなど、実践的なスキルを身につけることができます。

  • 案件獲得のノウハウをマンツーマンで学べる

【MOVE】では、クラウドソーシングサイトに特化した案件獲得サポートを行っています。

営業の基礎知識から、実際に案件を獲得するところまで、プロのカウンセラーがマンツーマンでサポートしてくれます。

また、案件ごとに提案文の作成を行い、面談対策も行ってくれるので、安心して案件獲得に挑戦できます。

  • 添削・通話サポートで着実にスキルアップ

【MOVE】では、添削回数の縛りはありません。

着実にスキルアップしていただくために、何度でも添削を行っていきます。

また、通話サポートも追加費用・回数制限なしで実施しているので、わからないことがあればいつでも質問することができます。

【MOVE】無料相談会の内容

【MOVE】では、無料相談会を実施しています。無料相談では、以下の内容を説明します。

  • なぜ動画編集を始めようと思ったのかというところからヒアリング
  • 動画編集者を目指すために必要なステップアップ
  • 勉強方法
  • 案件獲得に必要な流れ

無料相談会は、【MOVE】のサービスに興味がある人なら誰でも参加できます。ぜひ、一度参加してみてはいかがでしょうか。

無料相談会へのご予約は、以下のリンクからお願いいたします。↓



フリーランス・副業で動画編集を始める前に知っておきたいこと

近年、動画コンテンツの需要が高まり、動画編集者の仕事も増えています。そのため、フリーランスや副業で動画編集を始める人も増えてきました。

しかし、フリーランスや副業で動画編集を始める際には、いくつか注意すべき点があります。

ここでは、フリーランス・副業で動画編集を始める前に知っておきたいことを詳しく解説します。

動画編集の需要や将来性

まず、動画編集の需要や将来性について知っておきましょう。

動画コンテンツは、YouTubeやSNSなどの普及により、あらゆるシーンで使われるようになりました。

そのため、動画編集者の仕事も増えており、今後も需要が高まっていくと予想されています。

また、動画編集は、スキルさえあれば場所や時間にとらわれずに働くことができる仕事です。

そのため、フリーランスや副業として始める人も多くなっています。

フリーランス・副業で動画編集をするメリット・デメリット

フリーランス・副業で動画編集をするメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分のペースで働ける
  • 自由な働き方ができる
  • 収入アップの可能性が高い

一方で、デメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 営業やマーケティングが必要
  • 収入が不安定になる可能性がある
  • 社会保障が受けられない可能性がある

動画編集を始める前に必要なスキルや知識

フリーランス・副業で動画編集を始める前に、以下のスキルや知識を身につけておきましょう。

  • 動画編集ソフトの基本操作
  • 動画編集の基礎知識
  • 動画編集の応用技術

動画編集ソフトの基本操作を身につけることで、動画の編集をスムーズに行うことができます。

また、動画編集の基礎知識を身につけることで、動画の構成や演出などを理解することができます。

さらに、動画編集の応用技術を身につけることで、より高度な編集を行うことができます。

動画編集の案件の探し方

フリーランス・副業で動画編集の案件を探す方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • クラウドソーシング
  • エージェント
  • 直接営業

クラウドソーシングでは、簡単な案件から複雑な案件まで幅広く募集されています。

エージェントでは、案件の紹介や営業代行などをしてもらえます。直接営業では、自ら企業や個人に営業して案件を獲得します。

案件の探し方については、自分のスキルや経験、希望する案件の条件に合わせて選ぶとよいでしょう。

動画編集の案件の単価や収入モデル

  • 動画編集の案件の単価や収入モデル

動画編集の案件の単価は、案件の規模や内容によって大きく異なります。

また、収入モデルとしては、時給制や成果報酬制などがあります。

動画編集の案件の単価

動画編集の案件の単価は、案件の規模や内容によって大きく異なります。

一般的には、以下のとおりの単価相場があります。

  • 1本あたり5,000円~1万円:YouTubeやSNSの動画編集など、比較的単純な編集作業が求められる案件
  • 1本あたり1万円~5万円:企業のWebサイトや広告などの動画編集など、専門的なスキルや経験が求められる案件
  • 1本あたり5万円~10万円以上:CMや映画などの動画編集など、高度な編集スキルや経験が求められる案件

ただし、これはあくまでも目安であり、実際にはスキルや経験、案件の難易度、納期、クライアントの条件などによっても単価は変動します。

動画編集の収入モデル

動画編集の収入モデルとしては、以下のようなものがあります。

  • 時給制:1時間あたりの単価で報酬が支払われます。
  • 成果報酬制:納品した動画の成果(視聴数や再生回数など)に応じて報酬が支払われます。
  • 月額制:月額の固定報酬で、案件の大小にかかわらず報酬が支払われます。

時給制は、初心者でも比較的始めやすいモデルです。しかし、案件の単価が低い場合や、納期が長い案件の場合は、収入が不安定になる可能性があります。

成果報酬制は、スキルや経験を活かして高収入を狙えるモデルです。しかし、成果が出なければ収入がゼロになるリスクがあります。

月額制は、安定した収入を得たい場合に適したモデルです。しかし、案件の単価が低い場合や、納期が長い案件の場合は、収入が少ない可能性があります。

自分のスキルや経験、希望する収入に合わせて、適切な収入モデルを選ぶことが大切です。

動画編集のスキルアップ方法

動画編集のスキルアップ方法としては、以下のようなものが挙げられます。

* 独学
* スクールやセミナーを受講する
* 動画編集のコミュニティに参加する

独学では、書籍や動画教材などを活用して学習することができます。

スクールやセミナーを受講することで、プロから直接指導を受けることができます。

動画編集のコミュニティに参加することで、他の動画編集者と交流しながらスキルアップすることができます。

動画編集の失敗談と成功談

フリーランス・副業で動画編集を始める際には、失敗談も参考にするとよいでしょう。

失敗談から学ぶことで、同じ失敗を繰り返すことを防ぐことができます。

成功談からは、成功するためのノウハウを学ぶことができます。

動画編集の失敗談

動画編集の失敗談としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 納期に間に合わなかった
  • クライアントの要望を理解できなかった
  • 技術不足でクオリティが低かった
  • 営業やマーケティングができず、案件を獲得できなかった

納期に間に合わなかった

フリーランス・副業で動画編集をする際には、納期を守ることが重要です。しかし、初心者のうちは、動画編集のスキルや経験が不足しているため、納期に間に合わないことも多いようです。

納期に間に合わないようにならないためには、以下のことに注意しましょう。

* 案件の規模や内容を正しく把握する
* 余裕を持ったスケジュールを組む
* 作業の効率化を図る

クライアントの要望を理解できなかった

クライアントの要望を理解できないと、納得のいく動画を制作することができません。また、クライアントからの指摘や修正に対応することも難しくなります。

クライアントの要望を理解するためには、以下のことに注意しましょう。

* ヒアリングを丁寧に行う
* 要望を具体的に確認する
* 疑問点はすぐに質問する

技術不足でクオリティが低かった

動画編集の技術不足で、クオリティが低い動画を制作してしまうケースもあります。

技術不足を克服するためには、以下のことに注意しましょう。

* 動画編集ソフトの基本操作を身につける
* 動画編集の基礎知識を学ぶ
* 応用技術を習得する

営業やマーケティングができず、案件を獲得できなかった

フリーランス・副業で動画編集をする際には、自分で案件を獲得する必要があります。しかし、営業やマーケティングのスキルや経験が不足しているため、案件を獲得できないケースも多いようです。

営業やマーケティングを成功させるためには、以下のことに注意しましょう。

* 自分のスキルや強みをアピールする
* ターゲットを明確にする
* アプローチ方法を工夫する

動画編集の成功談

動画編集の成功談としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の好きなことを動画にすることで、多くの人に喜んでもらえた
  • 動画編集のスキルを磨くことで、収入アップにつながった
  • 動画編集のスキルを活かして、フリーランスとして独立した

自分の好きなことを動画にすることで、多くの人に喜んでもらえた

動画編集のスキルを活かして、自分の好きなことを動画にすることで、多くの人に喜んでもらえることがあります。

例えば、趣味の料理や旅行の様子を動画にすることで、同じ趣味や興味を持つ人から共感やコメントをもらうことができます。また、自分の経験や知識を動画で発信することで、人々の役に立てることもできます。

動画編集のスキルを磨くことで、収入アップにつながった

動画編集のスキルを磨くことで、収入アップにつながることもあります。

動画編集のスキルが上がることで、より高度な編集ができるようになります。

これにより、単価の高い案件を獲得したり、複数の案件を同時に受けることができたりします。

動画編集のスキルと案件獲得のノウハウを身につけて、フリーランス・副業として活躍したい人は、ぜひ【MOVE】の無料説明会に参加してみてください。↓↓↓


動画編集のスキルを活かして、フリーランスとして独立した

動画編集のスキルを活かして、フリーランスとして独立することもできます。

フリーランスとして独立することで、自分のペースで働くことができ、収入を自由にコントロールすることができます。

また、自分のスキルや経験を活かして、よりやりがいのある仕事をすることができます。

以上、動画編集の失敗談と成功談について詳しく解説しました。

これらの失敗談と成功談を参考にして、動画編集のスキルアップや成功を目指してみてはいかがでしょうか。

【MOVE】まとめ

フリーランス・副業で動画編集を始めたいなら、【MOVE】のマンツーマンサポートがおすすめです。

動画編集のスキルと案件獲得のノウハウを身につけて、フリーランス・副業として活躍したい人は、ぜひ【MOVE】の無料説明会に参加してみてください。↓↓↓



タイトルとURLをコピーしました