転職ドラフトで内定ゼロを回避するための履歴書の使い方 メリット デメリット 評判 | たまブログ

転職ドラフトで内定ゼロを回避するための履歴書の使い方 メリット デメリット 評判

あなたは転職を考えていますか?

間違いなく、その手続きは少し大変かもしれません。

今回は、エンジニア向けのイベント型転職サービス「転職ドラフト」のサービスを解説します。

転職ドラフトは、年収アップ率98%という驚異的な数字を誇っているのが特徴です。

なぜ他のサービスより優れているのか、その理由を知るために、応募時にノーアポ・ノーオファーにならないための効果的な履歴書の書き方について解説していきます。



転職ドラフトとは?

転職ドラフトは、エンジニア向けのイベント型転職サービスです。

このサービスの特徴は、ブラインドでの求人応募と転職フェアを組み合わせたような仕組みになっていることです。

求人企業は2週間ごとに料金を支払い、応募してきた優秀な求職者のリストにアクセスすることができます。

その後、雇用主は候補者の履歴書を確認し、面接を受ける候補者を選ぶ機会があります。

各ドラフトが終了すると、求職者は自分のステータス(内定、内定辞退、ドラフト終了後内定なし)を通知され、再びプロセスが開始されます。

転職ドラフト用レジュメの効果的な書き方

ジョブドラフト用の履歴書を効果的に書くことは、面接に選ばれる確率を上げるための重要なポイントです。

そのポジションにふさわしい人物であることを示すために、自分自身や自分の経験に関する関連情報を記載することが重要です。

まず、名前、Eメール、電話番号などの連絡先と、プロフェッショナルな顔写真を掲載します。次に、学歴や職歴を列挙します。

それぞれの職や学位について、組織や大学、担当した内容、経験年数、希望するポジションとの関連性など、具体的な内容を記載しましょう。

その後、関連するスキルや、受賞歴などを列挙します。

最後に、あなたの人柄と職歴を保証してくれる人を2~3人選び、推薦状として提出します。

転職ドラフトサービスのメリット・デメリット

転職ドラフトは、求職者にとって多くのメリットがあります。

求人企業は質の高い求職者を確保できるため、採用への足がかりになります。

また、求職者は、開始から終了までわずか2週間しかかからないため、迅速に採用されるチャンスがあります。

さらに、年収アップ率98%という驚異的な成功率を誇ります。

しかし、「転職ドラフト」にはデメリットもあります。

まず、求人企業は応募の中から対応する企業を選ぶことができるため、求職者には選択の余地がない。

また、人事管理ができないため、雇用主は個人に合わせた転職活動のメリットを受けることができません。

また、匿名性が高いため、求職者は特定の企業から不採用になった理由についてのフィードバックを受けられない可能性があります。

ジョブドラフト前に評判を上げるコツ

ジョブドラフトは匿名で行われますが、ドラフト前に自分の評判を上げる方法があります。

まず第一に、オンライン上でプロフェッショナルなイメージを維持することです。

つまり、ネガティブな内容や不適切な内容の投稿を控え、雇用主があなたの外見や言葉遣いを尊重できるようにすることです。

さらに、LinkedInのプロフィールを作成し、自分の経験やスキルをアピールするために最適化しましょう。

最後に、業界内の人々と関係を築くことです。

応募先の企業や採用担当者と知り合いになり、ドラフト前にあなたのことを知ってもらうようにしましょう。

まとめ

転職ドラフトは、早期採用と年収率アップのチャンスを提供する、エンジニア向けのイベント型転職サービスです。

転職ドラフトを最大限に活用するためには、求職者は自分のスキルや経験を強調する最適な履歴書を書く必要があります。

また、転職ドラフトに参加する前に好感度を上げておくことが成功への近道です。



タイトルとURLをコピーしました