優しくなったあの人流インフルエンサーマーケティングとは? | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

優しくなったあの人流インフルエンサーマーケティングとは?

今回は、もう少し優しくなったあの人が書いたらどうなるかを、設定して記事を書いてみました!

誰なんだと想像しながら読んでみてください。

優しくなったあの人流インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングって、今やビジネスにおいて欠かせないマーケティング手法の一つだ。しかし、闇雲に取り組んでも、思うような成果は出ない。

そこで、今回は、優しくなったあの人が考える、インフルエンサーマーケティングで売上を伸ばす方法を紹介しよう。

1. ターゲットを明確にする

インフルエンサーマーケティングで成功するためには、まずターゲットを明確にすることが重要だ。ターゲットを明確にしないと、どんなインフルエンサーに依頼すればよいのか、どんなコンテンツを制作すればよいのか、わからない。

ターゲットを明確にする際には、以下のポイントを押さえよう。

性別

年齢

居住地

職業

興味・関心

例えば、化粧品を販売する企業であれば、ターゲットを「20~30代の女性」と定めるのが一般的だ。

ターゲットを明確にしたら、そのターゲットに影響力を持つインフルエンサーを探そう。

2. 適切なインフルエンサーを選ぶ

ターゲットに影響力を持つインフルエンサーを見つけたら、次は適切なインフルエンサーを選ぶことが重要だ。

適切なインフルエンサーを選ぶ際には、以下のポイントを押さえよう。

フォロワー数

エンゲージメント率

コンテンツの質

ターゲットとの親和性

フォロワー数が多いインフルエンサーは影響力が高いように思えるが、必ずしもそうとは限らない。エンゲージメント率が高いインフルエンサーの方が、フォロワーとの関係が深く、より効果的なマーケティングができる可能性が高い。

また、コンテンツの質も重要だ。コンテンツの質が低いと、フォロワーの信頼を失い、マーケティングの効果が薄れてしまう。

ターゲットとの親和性も重要なポイントだ。ターゲットと親和性の高いインフルエンサーの方が、より効果的なマーケティングができる可能性が高い。

例えば、化粧品を販売する企業であれば、フォロワー数10万人以上、エンゲージメント率7%以上、化粧品に関するコンテンツを多く制作している、20~30代の女性に人気のインフルエンサーが適していると言えるだろう。

3. コンテンツを制作する

インフルエンサーに依頼するコンテンツは、商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えられるものでなければならない。

コンテンツを制作する際には、以下のポイントを押さえよう。

商品やサービスの魅力を端的に伝える

ターゲットの興味・関心を刺激する

インフルエンサーの個性を活かす

例えば、化粧品を販売する企業であれば、商品の使用感や魅力をわかりやすく伝える動画や、インフルエンサーが商品を使ったメイクアップを紹介する動画などが効果的だ。

4. 成果を測定する

インフルエンサーマーケティングを実施したら、必ず成果を測定しよう。成果を測定することで、何が効果的なのか、何が改善が必要なのかがわかるようになる。

成果を測定するには、以下の指標を活用しよう。

リーチ数

インプレッション数

クリック率

エンゲージメント率

売上

リーチ数やインプレッション数は、コンテンツの露出度を測る指標だ。クリック率やエンゲージメント率は、コンテンツの興味・関心度を測る指標だ。売上は、マーケティングの効果を直接的に測る指標だ。

例えば、化粧品を販売する企業であれば、リーチ数100万人以上、クリック率10%以上、エンゲージメント率5%以上、売上100万円以上を目標に設定するとよいだろう。

5. PDCAを回す

成果を測定した後は、PDCAを回して改善を重ねよう。PDCAを回すことで、より効果的なインフルエンサーマーケティングを実施できるようになる。

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取った言葉だ。

Plan(計画)

PDCAを回す際には、まずPlan(計画)を立てる必要がある。計画を立てる際には、以下のポイントを押さえよう。

目標を明確にする

PDCAを回すためには、まず目標を明確にすることが重要だ。目標が明確でなければ、何を改善すればよいのかわからず、成果を出すことは難しい。

例えば、化粧品を販売する企業であれば、リーチ数100万人以上、クリック率10%以上、エンゲージメント率5%以上、売上100万円以上を目標に設定したとしよう。

Do(実行)

立てた計画を実行する。

Check(評価)

実行した結果を評価する。

例えば、リーチ数100万人を達成するためには、インフルエンサーに10本以上の動画を制作してもらう必要がある。また、クリック率10%を達成するためには、動画のタイトルやサムネイルを工夫する必要がある。

Action(改善)

評価結果をもとに施策を改善する。

例えば、クリック率が低い場合、動画のタイトルやサムネイルを変更するなど、すぐに改善できる施策を実施する必要がある。

優しくなったあの人なら、こんなふうに言うかも

優しくなったあの人なら、こんなふうに言うかもしれない。

「インフルエンサーマーケティングは、企業とインフルエンサーがWin-Winの関係を築くことが重要なんだ。企業は売上を伸ばしたい、インフルエンサーはフォロワーに価値を提供したい。その両方の目的を達成するために、一緒に取り組むんだ。

だから、インフルエンサーを選ぶ際には、フォロワー数やエンゲージメント率だけじゃなく、その人の人柄や考え方にも注目した方がいい。一緒に仕事をしていて、気持ちよく取り組めるかどうかも、重要なポイントだよ。

コンテンツを制作する際にも、ターゲットの興味・関心を第一に考えよう。ターゲットに刺さるコンテンツを作ることで、より効果的なマーケティングができるんだ。

そして、成果を測定して改善を重ねることも大切だ。PDCAを回すことで、より効果的なインフルエンサーマーケティングを実施できるようになるよ。」

優しくなったあの人は、インフルエンサーマーケティングを、企業とインフルエンサー、そしてターゲットにとってWin-Winの関係を築くための手段と捉えているようだ。

また、インフルエンサーを選ぶ際には、その人の人柄や考え方にまで注目し、一緒に仕事をしていて気持ちよく取り組めるかどうかも重視している。

そして、コンテンツを制作する際には、ターゲットの興味・関心を第一に考え、PDCAを回して改善を重ねることで、より効果的なインフルエンサーマーケティングを実施したいと考えている。

このように、優しくなったあの人は、インフルエンサーマーケティングをより効果的に行うための、具体的なアドバイスをしてくれるだろう。

あの人がオススメするSAKIYOMI

Instagramは、日本最大のSNSプラットフォームだ。個人や企業にとって、ビジネスやマーケティングにおいて欠かせないツールとなっている。

しかし、Instagramを効果的に運用するためには、ある程度のノウハウが必要だ。

特に、初心者の方にとっては、何から始めたらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、私がおすすめしたいのが、SAKIYOMIというオンラインスクールだ。SAKIYOMIは、累計400万フォロワーのInstagram運用を通じて培われた独自の運用メソッドを提供している。

SAKIYOMIのカリキュラムは、大きく分けて以下の3つで構成されている。

  • 基礎編:Instagramの基本機能や運用の目的、ターゲット設定などを学ぶ。
  • 実践編:投稿内容の作成方法、運用の戦略立案、分析方法などを学ぶ。
  • 応用編:インフルエンサーマーケティングや広告運用など、より高度な運用方法を学ぶ。

SAKIYOMIの講師は、現役のInstagram運用のプロフェッショナルだ。彼らのノウハウを体系的に学ぶことができるため、初心者でもプロ並みの運用が実践できる。

また、SAKIYOMIでは、受講生同士で交流できるコミュニティも提供されている。同じ目標に向かって頑張る仲間と切磋琢磨することで、モチベーションを維持しながら学習を進めることができる。

SAKIYOMIは、月額1万円という低価格で、プロのノウハウを学ぶことができるため、コストパフォーマンスに優れている。

「Instagramを活用して、ビジネスやマーケティングを成功させたいなら、SAKIYOMIは必須だ。初心者でもプロ並みの運用が実践できる、コストパフォーマンスに優れたオンラインスクールだからだ。

SAKIYOMIのカリキュラムは、基礎から応用まで網羅されている。そのため、初心者でも無理なく学習を進めることができる。また、講師陣は現役のInstagram運用のプロフェッショナルだ。彼らのノウハウを体系的に学ぶことができるため、短期間で効果を実感することができる。

さらに、SAKIYOMIでは、受講生同士で交流できるコミュニティも提供されている。同じ目標に向かって頑張る仲間と切磋琢磨することで、モチベーションを維持しながら学習を進めることができる。

Instagramを活用して、ビジネスやマーケティングを成功させたいなら、SAKIYOMIでプロのノウハウを身につけよう。」

以上、あの人がオススメするSAKIYOMIのまとめでした。

詳しくはこちら↓↓↓↓



タイトルとURLをコピーしました