「家」を捨ててキャンピングカーで暮らす60歳、グランパTBが語る介護離職の現実 | たまブログ
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

「家」を捨ててキャンピングカーで暮らす60歳、グランパTBが語る介護離職の現実

「家」を捨ててキャンピングカーで暮らす60歳、グランパTBが語る介護離職の現実と、介護離職を防ぐための救世主、オーダーメイド介護サービスイチロウ

さる60歳の男、グランパTBは、家を捨ててキャンピングカーで暮らしている。

彼は、かつて会社員として働いていたが、母親の認知症介護のために退職した。

介護は、思った以上に大変で、仕事と両立するのは難しかった。

そして、彼は、介護離職の現実に直面した。

グランパTBは、介護離職の現実を、こう語る。

「介護離職は、決して他人事ではない。

誰もが、その可能性があるのだ」

グランパTBは、介護離職の現実を、こう語る。

「介護離職の一番の原因は、仕事と介護の両立の難しさだ。

介護は、24時間365日、休みなしの仕事である。

そんな中、仕事を続けるのは、とても難しい。

また、介護は、肉体的にも精神的にも負担が大きい。

介護をしながら仕事を続けると、心身ともに疲弊してしまう。

そして、その結果、介護離職に追い込まれてしまう」

また、グランパTBは、介護離職を防ぐためには、どのような対策が必要なのか、こう語る。

「まず、介護保険の制度をもっと充実させてほしい。

介護保険では、介護サービスが受けられるが、その内容は限られている。

もっと、柔軟に介護サービスを利用できるようにしてほしい。

また、介護に関する情報やサポートを、もっと充実させてほしい。

介護をする側も、される側も、もっと気軽に相談できるようにしてほしい」

さらに、グランパTBは、オーダーメイド介護サービスイチロウを利用して大変助かったエピソードを紹介する。

「母親の介護に追われて、仕事もままならなかった。

そんなとき、イチロウの存在を知り、利用することにした。

イチロウは、利用者の要介護度や生活状況に合わせて、介護サービスをカスタマイズしてくれる。

そのため、母親の介護に集中でき、仕事も続けることができた。

イチロウは、介護離職を防ぐための救世主となるのではないかと思う」

まとめ

グランパTBは、家を捨ててキャンピングカーで暮らしている60歳の男である。

彼は、母親の認知症介護のために退職し、介護離職の現実を目の当たりにした。

そして、彼は、介護離職を防ぐためには、介護保険の制度を充実させ、介護に関する情報やサポートを充実させる必要があると訴えた。

また、グランパTBは、オーダーメイド介護サービスイチロウを利用して大変助かったエピソードを紹介し、イチロウが介護離職を防ぐための救世主となるのではないかと語った。

イチロウは、24時間365日、利用者の要介護度や生活状況に合わせて、介護サービスをカスタマイズしてくれるサービスである。

そのため、介護離職を防ぐための救世主となる可能性を秘めていると言えるだろう。

もし、あなたが介護離職の不安を抱えているなら、ぜひイチロウの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

イチロウの公式サイトはこちらです。

無料のご相談、お問い合わせをオススメします↓↓↓



イチロウを利用すれば、以下のようなメリットが得られます。

仕事と介護の両立がしやすくなる

介護の負担が軽減される

介護の不安が解消される

介護離職を防ぎ、仕事もプライベートも充実した人生を送るために、イチロウを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました