医師の転職で失敗しない成功させる為の注意点!転職サイトを利用する | たまブログ

医師の転職で失敗しない成功させる為の注意点!転職サイトを利用する

医師の転職・就職

医師の転職活動失敗しない為に気をつける事

 

こんにちは、いつもご訪問ありがとうございます。

今回は、転職をする際に、まず何から始めたらいいのかなと思われる方も多いのでは?

無計画での転職は上手く行きません。

失敗しない転職をする為にもしっかりと計画を立てて

転職活動を進めていきましょう!

やみくもに行動を起こし、行き当たりばったりで進めるのではうまくいく事は難しいので

まずは転職活動の基本的な流れを理解し、計画を立ててみましょう。

敵を知り己を知れば百戦殆うからずです!

転職活動をスタートする際に、気をつけること

 

 

最初に始めて欲しいのが自分の事をよく知ること、深く掘り下げる事、真理の追求、「自己分析」です!

闇雲に企業を探すのではなく、「今、自分ができることは何か」

「これから本当に何がしたいのか」「理想と現実の間には差がある、ギャップは何なのか」

をしっかりと考え、自分が願っている、自分が本当に望む、なりたい自分を見つけて欲しいなと思います。

自分が望んでいなくても人生は、あっという間に終わってしまいます!

生きているとなにが起こるかわからないので後悔のないように、本当に自分が望む事をやって欲しいなとおもいます。

インターネット上には昨今求人案件数が増え多くの求人情報が溢れています。

自分自身を冷静に見つめる目を持っていないと、大量の情報に溺れるばかりで、人生の指標が見出せなくなって、また同じ過ちを犯してしまい混乱しては元の木阿弥です。

より良い選択ができるように、まずは本当の「自己分析」をオススメします!

「今とは別の仕事がしたいなあ」と思っている方であれば、「なぜ別の仕事がしたいと思ったか?」 まず根本の原因から考えてみましょう。

今の仕事がつまらないのか?

なぜつまらないと感じているのか?

を突き詰めてみると、実は今とは別の仕事である必然性はなかった…という結論になることもあります。

「なぜ」「なぜ」「なぜ」とご自身の考えを深掘りしていくと、自分でも気づいていなかった自身の潜在的な本音が見えてくるはずです。

意外と的外れな理由で辞めようとしていることもあるので、よく考えてみることをおススメします。

 

 

転職を成功させる大切な3つの事

 

 

 1・転職をしたい理由をはっきりさせましょう

転職を成功させる為には、「なぜ転職したいのか」ということをよく考えて口に出し言語化するということです。

激務、給与、人間関係、働きやすさなどの転職理由において、常に「なぜ転職をしたいのか」という理由を具体的に言語化するようにしておきましょう。

激務が理由であっても、その他に給与や人間関係など叶えたい条件や譲れない条件があるはずです。

自分が将来的に、どんなキャリアへ進みたいのかをしっかりと考えてみて下さい。5年・10年のスパンで考えたとして、どういったポジションで活躍したいのでしょうか?これを考えることで、自分が目指す方向性を明確にすることができます。

将来性を考慮すれば、今は会社を辞めるべきではないかもしれません。仕事が辛くても頑張って耐えることで、今後に繋がる場合があるわけですね。キャリアのために転職が必要になって初めて、会社を辞めるべきだといえるでしょう。

そういったメインではない条件を軽視してしまうと、また不満が溜まり短いサイクルで再び転職をしてしまう危険性があります。

最も叶えたい条件のほかに、できれば叶えたい条件の詳細を最低でも2-3個ほど見つけておくと転職した後で減らすことができるでしょう。

本当になりたい自分の進む方向が決まったら強い意志をもち、毎日一人のときに口に出しイメージして信念をしっかり持ち進んで行きましょう。

 

 

 2・転職をする時は焦りは禁物

いくら現在の職場に不満を持っていても、急いで転職をすることはおすすめできないこともあります。

各医療機関からどんな求人が出るかはタイミングによるところが大きく、現在の職場に不満がありすぎて今出ている求人で決めてしまおうとすると、自分が重視する条件を十分にかなえられないこともあります。

転職を考える際は、ある程度どっしりと構え焦らないようにすることが重要です。

急いては事を仕損じるとはよく聞きますが、まさに転職するときは焦らないことです。

特に4月と9月は人事異動で求人が活発化する時期です。転職は年単位でじっくりと行うものと考えておきましょう。

 3・転職サイト・エージェントを利用しましょう

現在の医師転職では転職サイトや転職エージェントを利用することがほとんどです。転職エージェントを利用すると、以下のようなメリットがあります。

 

 

転職サイト・エ-ジェントを使うメリット

 

 

 履歴書や職務経歴書の相談に乗ってくれる

履歴書や職務経歴書の作成するとき、どんなことを書けばよいか相談に乗ってくれますし、受けたい病院がどんなポイントを重視するか教えてくれることもあります。

 面接などで有利に働くことがある

転職エージェントは基本的に担当している医療機関と長年の付き合いがあります。そのため医師を入職させる過程で、応募先がどのようなことを重視しているか把握しています。面接の際にどのようなことに気を付ければいいかも教えてくれるため、有利に働くことがあります。

 好条件求人をスピーディーに教えてくれる

転職エージェントと積極的にコミュニケーションを取っていると、好条件求人が出た際にすぐ教えてくれることがあります。好条件求人は人気が高くタイミングが重要ですので、転職エージェントに登録したら、定期的に担当コンサルタントから情報をもらうようにしましょう。

あらかじめ転職で重視する条件などを伝えておけば、コンサルタントも積極的に動いてくれるでしょう。

 

医師転職ドットコム

情報収集力が高く利用者の満足度が94.7%と非常に高い。
非公開求人数10,000件以上。
年収アップ率146%と業界随一の実績を誇る。
希望に該当する求人が元々なかった医療機関に打診したり、
粘り強い交渉で転職者の希望や年収アップを叶える。

 

エムスリーキャリア

コンサルタントが優秀
常勤の転職に強い
内科の転職に強い
常勤を希望している人
関東地方、関西地方、東海地方に住んでいる方
内科を希望している方
あなたに代わって条件交渉や手厚いサポート
転職した医師の満足度が96.1%となっています。
医師登録実績8年連続NO.1

 

民間医局

全国にある医師求人から探せる
非常勤でもアルバイトでも専任コンサルタントのサポートを受けられる
自分に変わって年収や労働条件の交渉を行ってくれる
女性医師に親身に寄り添い、仕事と家庭が両立できる
全国各地の大小の医療機関と確かな信頼関係を築いている
便利にスポットバイトができる
アフターフォローに力を入れている民間医局はおすすめです。

 

転職の原因となる6つの理由

 

 

転職をするにあたって何より大事になるのは、その転職の動機、理由です。医師が転職を考える理由は多くの場合、次の6つのタイプに分けられます。

1・今より多く稼ぎたい

医師に限らず、転職の動機として多いものは収入面、年収です。他の医師の給与を知ったことをきっかけに、より高い収入を望んで転職をする医師は多いです。

 

 

2・勤務時間を減らして勤務地も選びたい

「頻繁に転勤があるために家族と過ごす時間が持てない」ことは、多くの医師が転職を考えるきっかけとなっています。

同様に、「激務続きで仕事以外に何もできない」「今の働き方では子育てと両立できない」

「両親の介護のために実家の近くで勤務したい」などの理由で、転職を希望する医師も近年増えています。

3・スキルを磨きたい

「将来の開業のために総合診療の経験を積める病院に移りたい」という場合のほか、現在の勤務先では専門医の取得ができないため、取得できる病院に移るというパターンです。

4・スキルを活かした診療を行いたい

40~50代の医師に多い理由です。ワーク・ライフ・バランスを配慮しつつ、身につけたスキルを活かして働ける場所への移動を望む医師は増えています。

5・人間関係にホトホト疲れてしまった

職場の人間関係は、医師に限らずどんな職場でも転職理由の1つです。どのような職場であってもソリが合わないという人も中にはいるものの、「現在の職場でのストレスから解放されたい」といった事情で転職という方法が最もよい場合があります。

6・医局や病院の方針と馬が合わない、理想の医療を目指したい

経験を積み自分の診療スタイルができあがってきた30~40代の医師に多い転職理由です。ここから開業への道を選ぶ方もいます。

 

 

 

転職活動の進め方・5つの流れ

 

転職活動の進め方・流れは大きく分けて以下の5つです。

  1. 転職活動の準備
  2. 応募書類の作成
  3. 求人に応募する
  4. 面接対策する
  5. 内定・退職手続き

詳しく見ていきましょう。

1・転職活動の準備

これまでの経験を活かして同じ業界で転職する場合はその限りではありませんが、未経験の仕事に挑戦したい場合や、異業種への転職を検討している場合は、求人を探したり、応募したりする前に、情報収集や転職の目的を整理することから始めましょう。

少し面倒だと思うかもしれませんが、事前準備は転職活動を進める上で重要なプロセス。準備しないまま転職活動を始めることは、地図や荷物を持たずに山を登るようなもの。

無駄な動きが増えてしまい、転職活動の長期化を招いたり、希望に合った求人への応募を逃してしまったりする可能性もあります。

自己分析

応募書類や面接の場で、自分を理解して興味を持ってもらわないと採用には結びつきません。

そのため、これまでの経験から、自分の強みや弱みを明らかにする必要があります。また、自分にどんな仕事が向いているのかわからない場合も、自己分析によって明らかになってくることも。

転職によって本当に実現したいことを整理しましょう。

情報収集

具体的にどんな所で働きたいのか。その特徴将来性など、応募する企業を探し、比較検討を行い、具体的に自分がどのように活躍できそうか、しっかりと情報収集を行いましょう。

ここで情報収集しておくと、企業に伝える志望動機にも活かせます。

2・応募書類の作成

転職が初めての場合につまずきやすいのが応募書類の作成です。
特に職務経歴書は、書き方によって選考に影響が出やすい重要な書類。書き方のポイントを参考にして、できるだけ採用担当者に魅力が伝わる応募書類を目指しましょう。

履歴書作成

応募書類の第一歩。まず、履歴書を作成します。

いきなり記入してしまうと、余白が目立ったり書ききれなくなったりすることも。あらかじめ書くことをまとめてから、ゆっくり丁寧に記入すると失敗を防ぐことができます

職務経歴書作成

中途採用の場合は職務経歴書も必要です。

書類の仕上がりによって、応募から面接への通過率や印象が変わることも。読みやすさを心がけて、あなたの経験が魅力的に映るようにまとめましょう。

なお、デザイナーなど実績を確認される職種の場合は、職務経歴書とは別にポートフォリオが必要なこともあります。

3・求人に応募する

準備が整ったら、いよいよ応募開始です。希望の職種や、希望勤務地、業種などの条件から、求人を探してみましょう

なお、面接に行ってみたら「想像していたイメージと違う…」ということもあり得るので、興味を持った企業は積極的に応募して、ご自身の目で確認するようにしましょう。

4・面接対策する

身だしなみや立ち振る舞いなど基本的な面接マナーの把握だけでなく、自分の魅力を上手に伝えるための面接対策をしておきましょう。

また、「志望動機」「退職理由」など、面接の定番質問については、あらかじめ回答の準備を忘れずに

5・内定・退職手続き

仕事をしながら転職活動をしていた方の場合、内定が決まったら退職の手続きが待っています。

退職にあたって、状況によっては引継ぎがうまくいかず長引いてしまったり、会社から強い引き留めに合ってしまって交渉に難航したりする可能性も。

また、退職手続にはいくつかの書類があります。書類不足が発生しないように、事前に確認しておきましょう

内定

企業から内定連絡が来たら、入社承諾の返事をする前にきちんと労働条件を確認しておきましょう

あらかじめ面接が終わった時点で企業から伝えられた労働条件をメモしておくと、確認がスムーズです。

退職手続き

円満退社のために、関係各位への報告や仕事の引き継ぎ、退職に関する事務手続きなどは余裕を持って行いましょう。

また、健康保険証名刺入館証など会社から支給されているものの返却と、年金手帳など受け取るものの確認も忘れずに。

 

 

 

平均的な転職活動期間はどのぐらい?

 

 

在職中の場合は、長期に及んでしまうと仕事との両立は難しく、離職中の場合は離職期間の長さがデメリットになる可能性があるため、転職活動は、あらかじめスケジュールを立てておきましょう。

内定への返事も期限があるため、活動時期をあらかじめ決めて、入社企業の比較検討ができる状態を目指すことが、転職活動で後悔を生まないコツです。

「3~6カ月」が転職活動期間の目安

転職活動の流れを大きく分けると、「自分はどんな仕事が向いているのか」「転職に何を求めるのか」を明らかにする自己分析から始まり、企業や業界の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成、そして求人への応募、面接と進みます。

「情報収集~書類作成」で2週間「応募~面接」で1~2カ月「内定~入社」までは1~3カ月程度が各期間の目安になります。

「今すぐに病院を辞めたい」という思いにいたる原因が、その職場にはあるはずです。転職活動を始める前に、職場のどのような点に不満を感じ、転職をすることで、どのように改善をしたいのかを明確にしておく必要があります。

 

「良い転職」とは

 

「良い転職」とはなんでしょう?

自身のキャリアプランを達成する上で必要な条件をクリアするものであるといえるでしょう。

その条件の中には、もちろん収入や勤務地をはじめ、勤務形態、専門性をどれほど発揮できるか、何が学べるかなどさまざまな要素が含まれ、これらを実現・獲得できることこそが転職の最大のメリットだといえます。以下に、転職で得られる代表的なメリットを紹介します。

異動のない安定した職場による生活満足度の向上

医局と市中病院との一番の違いは、異動のある・なしでしょう。医局は教育システムが充実している、専門医の取得や海外留学のできる環境など数々のメリットはありますが、人事異動でさまざまな関連病院に派遣されることは避けられません。

時には1年未満という短いスパンで異動を繰り返すこともあれば、単身赴任にならざるを得ない場合もあり、「家族との時間を多く持つため」は、多くの医師にとって転職の動機となっています。

市中病院や産業医は異動のない勤務条件が多いので、通勤時間や月の当直回数などワーク・ライフ・バランスにも考慮して選べば、家族との時間も増え、より満足度の高い生活が期待できます。

将来的な開業を視野に入れて必要となる経験を積める

大学病院は専門分野のスキルを高め、研究を深めるのには適していますが、開業に当たって必要となるような総合診療経験を積むのには向いていません。

そこで将来の開業を見据え、雇われ院長としてクリニックに勤務する、市中病院に勤務するなどの道を選ぶ医師もいます。

開業医の平均年齢は41歳前後といわれています。40代前半での開業を目指すなら30代後半、40代後半~50代での開業を考えているなら、40代前半には転職しておくことも選択肢のひとつです。

年収や待遇の向上

大学の医局は助教で年収約700万円、准教授で900万円、教授で1000万~1300万円と言われています。一方、民間の病院では500万~600万円前後からスタートして、部科長で1500万円、院長で2000万円が相場。

平均で約1200万円前後とされています。産業医は企業によりますが年収約800万~1500万円ほどが目安です。ただし高い専門性が必要な場合や、地方など医師が少ない場所の場合は、目安を大幅に超える高待遇の求人も少なくありません。

医師の転職は極端な売り手市場が続いているので、転職エージェント(コンサルタント)などを利用して情報さえしっかり集めれば、収入面で高待遇の勤務先を見つけることはさほど難しくないといえるでしょう。

勤務地

これは最後の点となりますが、転職によって大きく変化する条件として勤務地があります。

東京を始めとする都市部の病院は、交通の便が良く、最先端の医療に触れられること、大規模病院なら研究会や勉強会などから得られる情報も充実しているなどのメリットが多くある一方で他の転職候補者も多く、総じて医師の供給過多によって勤務医の年収平均安い数字に止まっているなどの特徴もあります。

これに対して地方では、一般的に医師の需要が高いため年収が高い、専門分野意外も治療する機会が多いためジェネラリストとしても鍛えられる、豊かな自然が感じられる点などがメリットとなり、逆に交通の便が悪く子どもの教育環境も限られてしまいがちといった点などがデメリットになります。

 

医師転職における求人情報の探し方

 

これまで紹介してきたように、転職を成功させるためには転職の動機の明確化に始まり、キャリアの方向性の決定、情報の入手、実際の職場環境の確認、条件交渉……と検討しなければいけないこと、決断・実行しなければいけないことがたくさんあります。

しかし、忙しい毎日の中で、実際にこれらすべてを1人でこなすことは無理がありますし非効率的でもあります。そこで具体的な転職活動の方法としては、転職エージェント(コンサルタント)を利用することも選択肢の一つです。

転職エージェント(コンサルタント)のサービスとは、求人の提案・キャリア相談・条件交渉・面接フォローなどが一体化したもの。エージェントは医療機関から成功報酬をもらうビジネススタイルなので、医師側はすべて無料で利用できます。

 

転職エージェント(コンサルタント)3つの選び方

 

 

 

転職を失敗させないためには転職サイトへの登録が必須です。しかし、医師の転職サイトは非常に数が多いので、「どう選べばいいのかわからない」という方が多いと思います。医師転職サイトの選び方は、次の3つがポイントになります。

  • 求人数が多いか
  • 自分にあう担当者か
  • 管理体制

1・求人数の多さ

自分に合う職場を見つけ出すためには、多くの求人に目を通せる環境を作っておくことが大切です。

転職サイトによっては限られたユーザーしか公開されない「非公開求人」もあるので、求人数が多い転職サイトは必ず1つ以上登録しておくようにしましょう。

2・担当者の良し悪し

同じ転職サイトであっても、担当者に知識や経験の差がある、あるいは相性が良くない場合もあります。

複数の転職サイトに登録しておけばリスクヘッジになるので、複数の転職サイトに登録しておくのが定石です。

3・交渉力を備えているか?

医師の転職は要件が多く、転職希望者と採用側で全ての要件をマッチさせるのは困難です。

内定へと導くには、妥協点を見出し、双方と交渉しなければなりません。

これには、転職エージェントの担当者の交渉力が大きく依存しています。
一口に「転職エージェント(コンサルタント)」といっても、会社ごとに案件数やサービス、得意分野にはばらつきがあり、どこを選んでも同じというわけではありません。

転職に関する多くの要素を任せるだけに、エージェント選びは転職の結果にも直結します。

まずはエージェントに問い合わせして、担当のコンサルタントが信頼できる人物かどうかを見極めることが必要です。

担当者が親身になってくれるかなどは、転職エージェント(コンサルタント)を選ぶ上で一つの指標になります。

転職活動まとめ

 

 

ありがちな失敗を避けて転職を成功させましょう。

前述のとおり、医師の転職は、通常の転職と同じく複数の転職サイトに登録するのが一般的です。

複数の転職サイトに登録すれば、それだけ多くの求人に目を通せるようになりますし、相性の良い担当者に会える確率も上がります。ぜひ、後悔しない転職活動を行ってください。

医師の方が使われているオススメの転職支援サービス

 

 

 

医師転職ドットコム

「医師転職ドットコム」は、転職を検討中の医師におすすめの転職支援サービスです。

医師転職ドットコムでは業界に精通したコンサルタントがサポートしてくれるので、満足のいく転職を実現する近道となるでしょう。

医師転職ドットコムでは、転職のプロである専門のコンサルタントの親身なサポートを受けることができます。収入・業務内容・労働時間・アクセス面といった希望条件・こだわりについてしっかりヒアリングされ、その条件に沿った案内を受けることができます。

転職サービスではコンサルタントの質が重視されますが、レスポンスの良いスタッフが的確に対応してくれるのが医師転職ドットコムの強みと言えます。そして、今目の前にある転職というイベントだけでなく、5年後、10年後の将来のキャリアプランについても相談しアドバイスを受けられる体制が整っています。

また履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策についてもフォローを受けることができます。

求職者の先生は完全に無料で利用できるので、まずは情報収集から始めることをおすすめします。

こんな医師におすすめ
  • 収入アップしたい人
  • 自分で交渉するのが苦手な人
  • 知り合いに頼らず勤務先を見つけたい人

 

医師転職ドットコム

情報収集力が高く利用者の満足度が94.7%と非常に高い。
非公開求人数10,000件以上。
年収アップ率146%と業界随一の実績を誇る。
希望に該当する求人が元々なかった医療機関に打診したり、
粘り強い交渉で転職者の希望や年収アップを叶える。

 

エムスリーキャリアエージェント

「M3.com」が運営する「M3(エムスリーキャリアエージェント)」。医師の間で絶対的な知名度を誇るM3だからこそ多くの医師から信頼を集めています。

M3グループならではの医療業界に精通した情報網・情報量が魅力で、医師の転職を全面バックアップしてくれるはず。医師の満足度が非常に高いのも大きな特長です。

こんな医師におすすめ

  • 常勤の勤務先を探している
  • 年収をアップさせたい
  • 信頼できるエージェントにまかせたい
  • エージェントの交渉力にこだわりたい

 

エムスリーキャリア

コンサルタントが優秀
常勤の転職に強い
内科の転職に強い
常勤を希望している人
関東地方、関西地方、東海地方に住んでいる方
内科を希望している方
あなたに代わって条件交渉や手厚いサポート
転職した医師の満足度が96.1%となっています。
医師登録実績8年連続NO.1

 

民間医局

「民間医局」はメディカル医局が運営しており、転職支援や非常勤求人紹介サービスの提供をしている転職エージェントです。

転職サービスのみならず、非正規雇用の募集も行っているので、医師の仕事に少しチャレンジしたいと考えている方にも打ってつけと言えます。

民間医局は人材紹介以外に、医療・地域情報の発信や、医師の保険・ドクター向け福利厚生サービスの事業を行うなど精力的に医師らのサポートを行っています。

転職希望の方は、全国の拠点のエージェント、あなたのご希望に応じてオーダーメイドで求人を収集・提案してくれ、サポートも充実しています。

豊富な求人に交渉・提案力の強さもあり、半年以上の転職期間にも対応しているのでじっくり転職活動することもできます。

こんな医師におすすめ

  • 自分ひとりで研修先や転職先を見つけるのが不安
  • 忙しくて転職活動ができないからプロにサポートしてもらいたい方

 

民間医局

全国にある医師求人から探せる
非常勤でもアルバイトでも専任コンサルタントのサポートを受けられる
自分に変わって年収や労働条件の交渉を行ってくれる
女性医師に親身に寄り添い、仕事と家庭が両立できる
全国各地の大小の医療機関と確かな信頼関係を築いている
便利にスポットバイトができる
アフターフォローに力を入れている民間医局はおすすめです。

 

ドクタ-ズキャリアエ-ジェント

リクルートドクターズキャリアは好待遇な求人が多く、量も多いコンサルタントの質が高い連絡がマメで、スピーディーと医師の方からの支持率は83%になるそうです。

この数字はインターネット調査会社を通じて、2011年10月末から11月にかけて全国の病院の勤務医師800名(有効回答数)にアンケート調査を実施した数字です。公式サイトから

リクルートドクターズキャリアは職業安定法に基づき厚生労働大臣から許可を得た正規の事業者なので安心してサ-ビスを利用することができます。

就業される医師の方から利用料をいただくことはありません、サ-ビスの全てを無料で利用できます。

リクルートドクターズキャリアは、企業に人材を紹介する見返りとして、入社が決まった場合に企業から成果報酬を受け取る事で成り立っているのです。

企業から報酬をもらって運営しているので、利用者からお金をもらう必要がないからです。

 

リクルートドクタ-ズキャリア

医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
無料登録で非公開求人の閲覧が可能
大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
専門医資格取得求人、開業支援求人豊富
好条件の高収入求人が豊富

 

40代50代60代の医師転職ドットコム

「40代50代60代の医師転職ドットコム」は、医師や薬剤師を中心とした転職支援を行う株式会社メディウェルが運営する医師転職サイトです。

40代50代60代の医師転職ドットコムは、40代と50代、そして60代の医師に特化して支援をする転職エージェントです。

この転職エージェントでは40代以降の転職に限定していますので、全国5拠点にいるコンサルタントからより専門的なアドバイスをもらうことができます。

メディウェルに在籍しているキャリアコンサルタントは、医療施設側のことも良く理解しています。

本当に知りたい情報は求人票では分からないことが多いです。

医療施設の雰囲気、人間関係、経営状況、働くドクターや従業員の感じ、残業時間、風土、経営者の性格、裏情報など、これらは求人票から読み取ることができません。

こういった「本当に知りたい情報」も、キャリアコンサルタントがきちんと伝えてくれます。

特に、メディウェルでは経営コンサルティングも行っているため、より施設側の状況を知っています。

転職に失敗しないためにも、転職エージェントの利用はかなり有効と言えます。

40歳以上の医師の転職活動は「40代50代60代の医師転職ドットコム」に相談してみてください。

 

40代50代60代の医師転職ドットコム見逃せないリアルな口コミ!

40代50代60代の医師転職ドットコム見逃せないリアルな口コミ!
「40代50代60代の医師転職ドットコム」は口コミでも人気その理由は? こんにちは、ご訪問ありがとうございます。 40歳以降に医師の方が転職を考えると言う事は、今後の生き方を選択するくらいの重いものではないでしょうか...

 

「40代50代60代の医師転職ドットコム」

【利用した方が良い方】

40代以降で医師転職をしようとしている方
常勤でしっかりと働き、年収も大幅にアップしたい人
39,480件の豊富な求人の中から最適な仕事を見つけたい方
利用者の満足度が高い転職サイトを利用したい方(満足度94.7%)
医師転職支援に特化した専門コンサルタントによるサポートを受けたい方
求人票に載らない各医療機関の内情を含めた情報を得たい方
将来的なキャリアアップを目指したい人

 

 

タイトルとURLをコピーしました