傷んだ髪の原因?解決・改善する7つの方法とエイジングケアオススメシャンプー | たまブログ

傷んだ髪の原因?解決・改善する7つの方法とエイジングケアオススメシャンプー

ヘアケア

傷んだ髪パサパサ髪で悩んでます、年齢も気になりエイジングケアを

 

髪の毛がパサパサで悩んでいます。

白髪染めやヘアアイロンを頻繁に使ってたので髪の傷みがヤバイです。

洗ってても指通りもよくないし…

シャンプーを変えようと思うのですが何がいいのでしょうか?

できれば、白髪染めが長くもってほしいのですが…

ここ数年、数ヶ月ごとのの白髪染めと、毎日ヘアアイロンをあてていたせいで、髪が痛んでしまいました。

髪を切ればいいのでしょうが、ショートが似合わないんです

白髪が増えて、縮れたような髪しか生えてきません。髪にはハリ・コシ・ツヤがなくなり、白髪が多くなってカラーリングの回数も増えることに。

頭皮は脂っぽく、生えてくる髪はすでに縮れてペタンとしており、髪型も決まりにくくなります。

エイジングケアが気になり出しました。

早く始めておけばよかったかも・・・

 

 

髪がパサパサになった、その根本的な原因とは何なのでしょうか。問題を解決するためには、そこにしっかりと向き合う必要があります。

白髪染め、パーマ、ヘアアイロンなど、オシャレを追求するため日常的に利用してきたものが原因のはずです。

すでに多くの人が体感として気づいているように、最も分かりやすい原因は次の3つで、髪の老化を実年齢よりも加速させています。

カラーリングやパーマ・ヘアアイロンの3つ、ところが原因には、さらに続きがあるのです。

傷んだ髪をケアするために、美容院で施術しているトリートメントでさらに悪化していく?

美容院で施術しても、しばらくするとパサパサの髪にもどってしまい、だんだんヒドくなってきませんか?

一時的に潤いが増して髪がキレイになったと錯覚してしまうため、ほとんどの人は問題があると気づきません。

そもそも、髪の毛が潤いを保つ仕組みは、頭皮から出る脂分と汗が混ざり合って作られる皮脂膜(保護膜)によるものです。

トリートメントで人工的に脂分を与えると頭皮は自ら脂分をだすことを止め、乾燥肌や乾燥毛が進んでしまいます。傷んだ髪をケアしたつもりが、かえって拍車をかけていることになるんです。

要するに、トリートメントを必要とする髪質にしないことが大切です。

そのためには、原因の大元である「カラーリングとパーマ・ヘアアイロンをやめる」という結論にたどりつきます。

単純明解な答えにもかかわらず、実行するのは難しいでしょう。かと言って、身についた習慣を続けるかぎりは、平均年齢より若い段階で白髪が増え、薄毛も進みます。化学物質によるダメージは、着実に体に蓄積していくのですから。

カラーリングやパーマを続ければ続けるほど、髪も頭皮もどんどん傷んでいき、白髪は増え、髪の毛が細くなり、髪の分け目が目立つようになります。

そして薄毛が目立って白髪が増えると、美容院に通う頻度も増すことに。ボリュームをだそうとパーマをかけ、髪は傷んで薄毛をさらに進行させる、悪循環はスピードアップするばかりです。

髪の毛の傷む原因は、ヘアカラーといった誰もが知っているものから、意外と知られていないものまでいろいろあります。

髪へのダメージが一番大きいのは、ヘアカラーやパーマ

パーマ、ヘアカラーは薬品を髪の内部へ入れるため、髪への負担が大きくなってしまいます。美容院で行うパーマやヘアカラーは、事前の準備や、薬剤にこだわってできるだけダメージを減らすよう工夫されていますが、頻繁に行えばダメージが蓄積してしまいます。

市販のカラー剤を使って自分で行う場合は、傷まないようなケアも難しいためなおさらダメージが大きくなってしまいます。

カラーやスタイルをよく変える人は、その分髪の痛みも増えていくため十分なケアが必要です。

シャンプーはヘアケアの重要ポイント

髪の洗い方には、髪を傷めないために大切なポイントがいくつもあります。

いきなりシャンプーをつける前に、簡単なブラッシングや、お湯のみで汚れをしっかり落としておくと、シャンプーの泡立ちがよくなり、髪をこすってしまう心配が減ります。

シャンプーはまず手のひらで泡立ててから、髪の毛ではなく頭皮を洗うようにすることがポイント。

また、シャンプー・トリートメントは残らないように十分にそそぎましょう。髪をこする・頭皮につめをたてて洗う、といった洗い方はNGです。

お風呂からあがったら、髪をやさしくタオルドライします。タオルでできるだけ水分をとっておくと、ドライヤーを当てる時間が減らせ、髪にやさしくなります。

傷んだ髪を補修する方法は?

 

 

髪の毛の補修といって最初に思い浮かぶのはヘアトリートメントやパックだと思います。

シャンプーの後で少し水分を拭き取ってからトリートメントを付けて数分間放置します。

この時に温かいタオルで髪を包むと、トリートメントの成分がより髪へ浸透するので、補修力が高まります。ヘアカラーやパーマ、紫外線などで傷んだ髪は定期的にトリートメントでケアしてあげましょう。

指の腹などを使って頭皮をマッサージして血行を促進したり、ビタミンなどが配合された洗い流さないタイプのトリートメントを付けることで、さらなる補修効果が期待できます。

髪を傷めないために心がけること

髪が傷む原因になることを極力取り除くのが一番です。洗ったり補修したりといったケアも大切ですが、外出時の紫外線対策も重要です。

黒い髪は紫外線を集めやすいので、紫外線防止スプレーなどで紫外線を防ぎます。

また、朝と夜と2度のシャンプーも髪への負担が大きいので、シャンプーは1日1回にしましょう。

夜ふかしも髪の健康を損なう原因なので、夜ふかしの人は気をつけましょう。

一度傷んでしまった髪を完全に元通りに修復することはできません。だからこそ、

毎日のちょっとした心がけで健康な髪を維持できるようにしたいですね。

 

髪の毛がパサパサになってしまう原因まとめ

 

1・乾燥による髪の毛内部の水分不足

2・カラーリングやパーマの繰り返しによるダメージ

3・過度な温度のストレートアイロン・カールアイロン

4・加齢による髪の毛内部の変化

 

特にカラ-リングやパ-マ・ヘアアイロンは痛みが激しいので使用するのは控えようと思います。

 

パサパサになってしまった髪の毛を改善させる7つの方法

 

 

1・毛髪補修・美容効果の高いヘッドスパを受ける

2・シャンプーを変える

3・クレンジングによる毛穴ケア

4・毛先のパサパサに特化したトリートメント

5・ドライヤー前後の洗い流さないトリートメント・ツヤ出しトリートメントスプレー

6・毛先のトリミング

7・スタイリング時のストレートアイロン・カールアイロンの温度を下げる

 

髪の毛がパサパサになる前にやっておくべきヘアケア・頭皮ケアは!

 

1・シャンプー後の乾かし方・ドライヤーの当て方

2・定期的なヘッドスパ

3・頭皮に水分と栄養を入れる

この3点に気をつけて乾燥する髪や頭皮の予防になるので辛抱強く続けたいなと思います

 

「今すぐにパサパサをどうにかしたい!」

髪の毛がパサパサだと、どうしてもお顔全体の印象が実年齢よりも高く見られてしまいがちですよね。

女性の方であれば誰しもが実年齢よりも若く見られたいと思うもの。

 

 

エイジングケアシャンプーが良いらしいけど?

ここからは、30代・40代・50代の女性におすすめの、人気があるエイジングケアシャンプーをご紹介します。

エイジングケアシャンプーとは?

 

 

加齢に負けない若くてハリツヤのある髪の毛を取り戻してくれるのが、エイジングケアシャンプーです。

エイジングとは、加齢のことです。

40代・50代になってくると、鏡をふと見た時に髪のボリュームや分け目が気になり始めてしまいますよね。

シャンプーをエイジングケアできるものに変えれば、後ろ姿だけでも娘と間違えられるようなそんな若見せ効果が!

肌が年齢を重ねるとともに、若い10代の頃とは違い変化してくるのが30代前後からですが、髪の毛も同じように年齢を重ねるごとに変化していきます。

20代までは髪の毛に悩みはなかったのに、急に自分の髪の毛が扱いにくくなってしまったや、30代になってきてスタイルが決めにくくなってきてしまったなどのトラブルに見舞われてしまうことがあるかもしれません。

そういった時に活躍するのが、エイジングケアシャンプーです、

年齢とともに出てきた悩みを改善する成分が入ったシャンプーなので、悩み別に正しいものを選ぶことが大事です。

髪の毛も大事ですが、頭皮のことも考えてシャンプー洗浄成分の違いでの選びかたもこだわると良いでしょう。

髪にもエイジングケアを。

年齢とともに気になる髪の悩み以前は気にもならなかったのに、年齢を重ねるとともに色んな髪の毛の悩みがでてくるのではないでしょうか。

 

 

年齢とともに出てくる代表的な悩みを4つご紹介します。

 

 

1・髪が細くなってきた

2・抜け毛

3・ハリコシがなくなる

4・うねりやすくなってきた

髪の悩み1・髪が細くなってきた

髪の毛が以前よりも鏡を見てボリュームがなくなったことに気付き、よく見ると細くなってきていませんか?

それは年齢と共に髪の毛にもダメージが出やすくなっているからです、とくに10代の頃からカラーやパーマを繰り返し、ケアを怠っているとより早い段階で髪の毛が細く、やせ細ってしまいやすくなります。

枝毛や切れ毛のようにすぐ見て判るものではなく、時間をかけて徐々に細くなってしまっているので、最近髪の毛が細くなってきたと気付いた時には、早めの対処が必要です。

髪の悩み2・抜け毛

季節を問わず抜け毛が気になりだしたら、加齢と関係があるかもしれません。

新陳代謝が盛んな若いころは抜けてもすぐに次の毛が生えたり、抜けにくい健康な頭皮を保っていられますが、スタイリング剤などが洗髪の際に落とし切れていなかったり、カラーやパーマで髪の毛が傷み細くなると、毛根も細くなり抜けやすくなります。

抜け毛の早急な対処法は難しいですが、地肌環境から改善させてエイジングケアシャンプーを用いることで、新しく生える髪の毛を育てていくことから始めることがおすすめです。

 

 

 

髪の悩み3・ハリコシがなくなる

セットしても以前よりもボリュームが出ない、コテで髪の毛を巻いたりパーマをしても持ちが悪い、全体的に髪の毛に元気が無いように思う、そんな悩みは30代や40代と歳を重ねるごとに増えていきます。

最近までは気に入っていた髪の毛のスタイルが急に決まらなくなる、髪の毛が伸びたことも関係しますが、ハリやコシが出にくくなり根元からスタイリングが持続しなくなってきたのも原因の一つ。

そのような悩みが出てきたら、まずエイジングケアシャンプーで髪の毛の悩みに応じたシャンプーへ変えることにより髪の毛の内側から改善を目指しましょう。

髪の悩み4・うねりやすくなってきた

くせ毛でも、梅雨でもないのに最近よくうねる、扱い辛くなってきて悩んでいるということはありませんか?

確かに天気や湿度でうねりやすくなったりもしますが、年齢とともに髪の毛は弱くなり、くせがつきやすく少しの環境の変化でもうねりやすくなってしまいます。

特に40代を超え50代へ向かうと細くなってきた髪の毛のままだと更にうねりやすくなってしまい、白髪が混ざって目立ちやすくなるので、くせ毛でもないところがうねりやすくなってきたら注意が必要です。

エイジングケアシャンプーの選び方

 

 

一体どこを基準にエイジングシャンプーを選べばよいのか4つご紹介します。

 

1・頭皮タイプを知る

2・なりたい髪質を知る

3・価格

4・洗浄成分

エイジングケアシャンプーの選び方1・頭皮タイプを知る

今現在の頭皮タイプをきちんと理解することで、髪の毛とともに地肌ケアにもつながります。
年齢とともに乾燥しやすくなる頭皮ですが、汗をかきやすく蒸れやすい方はさっぱり仕上がりタイプをおすすめします。

乾燥している地肌をそのままにしておくと、フケや乾燥からくるかゆみの原因にもなってしまうので、日々のシャンプーのケアから見直すことが必要。

エイジングケアシャンプーも頭皮タイプによって種類があるので、どれが自分に合うかを確認し選びましょう、女性であればすっきりしたくても男性用は刺激が強すぎたりするので30代以降はあまりおすすめしません。

エイジングケアシャンプーの選び方2・なりたい髪質を知る

好みの髪質は人それぞれなので、どんな髪質になりたいかで選んでみると良いでしょう。

エイジングケアシャンプーだけで髪質を改善しようとすると時間はかかりますが、少しずつ改善しているので使い続けることが大事です。

また、カラーやパーマをよくしている方は、髪の毛のダメージを改善させるタイプを選びながら、仕上がりをさらさらかしっとりかを選ぶと、髪の毛の芯からケアできるのでおススメです。

ダメージが少ないけれど、髪質を変えたい方は効果が早く出やすいのでなりたい髪質のシャンプーを選びましょう。

エイジングケアシャンプーの選び方3・価格

エイジングケアシャンプーを使って髪の毛を改善していくときに、即効性はないので使い続けて実感できるようになるまでは、選んだエイジングケアシャンプーを買い続けることになるので、コスト面もよく考えておく必要があります。

ドラッグストアで購入できるものから、通販や専門店などまで幅広く商品があるので安ければ良いではなく、地肌にも触れるものなのでよく考え無理のない範囲で自分の目指す髪質に合ったシャンプーを選びましょう。

エイジングケアシャンプーの選び方4・洗浄成分

シャンプーは、アミノ酸系・石けん系・高級アルコール系、石油系に分かれます、一番流通量が多いのは高級アルコール系、石油系です。

洗浄力も高く、商品種類も多いので選びやすいですが、敏感肌の方は刺激が強いためにアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

石けん系はアミノ酸系シャンプーよりも洗浄力が強いですが、髪の毛がゴワゴワなりやすいのでリンスやトリートメントが必要なので同シリーズを揃えるのがポイント。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が一番弱いのですが、髪の毛の内側へ効果が期待できるシャンプーなので、髪の毛と地肌のために成分にもこだわりたいかたへおススメです。

髪のパサつきが気になる方に!おすすめのエイジングケアシャンプー

 

髪の毛のパサつきを抑えるなら、蓄積したダメージを修復しなければなりません。

髪のパサつきを改善する、エイジングケアシャンプーのおすすめを紹介します。

【100%天然由来で安心!】haru kurokami スカルプ

天然由来100%の肌に優しいシャンプー
ヤシ由来、4種の洗浄成分(うち3種がアミノ酸)で、洗浄力はマイルドでありながら、保湿力も高い。

33種の天然美容成分が頭皮と髪に浸透し、リンス・コンディショナーをしなくてもサラサラの仕上がりに。

頭皮のケアも抜群

フケ・かゆみ・ニオイが気になっているという女性の方にも最適で、
抗菌効果のあるサトウダイコン、かゆみを抑えるためにセロリから抽出した成分、マテ茶葉発酵液を配合していて、ニオイの原因となる皮脂の酸化を防ぎます。

10種類の不使用成分

シリコン・合成ポリマー・カチオン界面活性剤・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成防腐剤・合成保存料が全て無添加。敏感肌で刺激の少ないシャンプーを探している人におすすめです。

きしみやすい/フケ・かゆみ・ニオイが気になる/敏感肌の人におすすめ!

「年々髪の毛の悩みが増えてきた」

「無添加のもので、肌にも髪の毛にも良いものを使いたい」

30代〜40代の女性に多い、悩みを解消するために株式会社nijitoが発売した「100%天然由来成分」からできた子供も一緒に使用できる安心、安全なシャンプーです。

その他にもエイジング・補修保湿成分を含んでいるので、元気が無くなったヘア
スタイルの女性に特におすすめ!

髪にふんわりとしたボリュームを持たせたい方はもちろん、分け目や抜け毛が気になる方でも使うことが出来ます。

haru kurokamiスカルプ

 

 

【楽天ランキング16週連続1位】販売数100万本突破 美容室専売品シャンプー

ラフィ-シャンプー・トリートメント!

こんな方にオススメ です

頭皮のかゆみ・フケ・ぱさぱさ髪にお悩みの方 ・低刺激シャンプーをお探しの方に!

「美容師が作った頭皮と髪に優しいシャンプー」

毎日するシャンプーだからこそ、 低刺激×高保湿×天然由来にこだわったサロン品質シャンプー ・コスパのよい1リットルサイズ。

・60店舗以上の美容室で使用されている、サロン専売品です。

・沖縄の海洋深層水使用 ・優しい洗浄力で頭皮と髪を洗い上げる「ベタイン系シャンプー」

オキナワモズクエキス(フコイダン)が  頭皮と髪をしっかりと保湿し、紫外線から守ります。

天然由来成分でしっかりと保湿し、髪と頭皮のバリア機能を上げ、  紫外線やほこり、花粉、乾燥などの外的ダメージを防ぎます。

特に地肌と保湿にこだわっている、低刺激なので頭皮トラブルに悩んでいる方にもオススメなシャンプーです!

 

 

 

【女性用】フケ・カユミ・頭皮臭が気になる方の頭皮ケアM3040スカルプシャンプー

老舗の床屋さんがお客様の為に開発した常識を変えたスカルプシャンプーです!

M3040スカルプシャンプーは.心地の良い香り!

パチュリ、ローズマリーを主体にゼラニウム、ラベンダー、ムスクで調和した オリエンタルフローラルハーブの香りが日々のストレス、不安やイライラを軽減し やる気を上昇させます。

スカルプシャンプーだけにとどまらず、心地よい香りを意識したスカルプシャンプーです。

無添加、無着色、ノンシリコン、パラベンフリーのアミノ酸系シャンプーですので 敏感肌・乾燥肌の方にも安心して使用することができます。

14種類の頭皮コンディショニング成分を配合しており根元、フケ、カユミ、ハリ、コシ、臭いなどの 頭皮のコンディショニング、頭皮ケアをサポートする成分を贅沢に配合しています。

. ワカメの16.6倍のネバネバ成分であるフコイダンの成分が フケ、かゆみを抑制し毛髪と頭皮に潤いを与え乾燥を防ぎ.頭皮の潤いをしっかりたもってくれます!

トンガ王国産の天然もずくから抽出される貴重な高粘性フコイダンは髪や肌のタンパク質に結合する機能をもつ親油性の硫酸基とミネラル成分を豊富に含んでいます。

気になる体臭、加齢臭を防ぐ柿タンニンの成分の消臭効果が加齢臭、悪臭の発生を抑えて気になる臭いも和らげてくれます。

フケ・かゆみ頭皮の臭い、乾燥・保湿が気になる方にオススメで使った後の心地よい香りは心身共にリラックスさせてくれます。

 

タイトルとURLをコピーしました