保育士の最適な転職時期は?「立つ鳥跡を濁さず」で円満退職を! | たまブログ

保育士の最適な転職時期は?「立つ鳥跡を濁さず」で円満退職を!

保育士の転職・就職

 

保育士の最適な転職時期とは?

 

こんにちはたまちゃんです!

今回は、保育士の最適な転職時期を調べてみました。

今の職場に物凄く不満があるわけではないけど転職したいので、みんなに迷惑がかからない円満退職に近い転職の時期はいつがいいの?

又退職の意思を伝えるのはどのぐらい前に報告しておけば良いのかな?と思われてる方に転職に最適な時期を調べましたので転職活動の参考にしていただけたらなと思います。

退職は今までお世話になった人々に改めて感謝する時です。「立つ鳥跡を濁さず」とよくいわれるように、立ち去る者は、見苦しくないようきれいに始末をしていくべき また、引き際も美しく去っていきたいですね。

今回も最後までよろしくおねがいします。

保育園は、子どもを預かるため信頼が何より大切です。

繊細な子どもたちや保護者の方々が不安な気持ちにならないためにも、転職はかなり慎重にならなければなりません。

保育士の方が転職を考えた際に、意識したい大切なポイントが「転職の時期」です。

保育士は大切な子どもを預かる職業であるため、転職は時期をしっかり見極めて転職しなければなりません。

保育士の転職に最も良いタイミングは?

日本の会社で3月期決算(事業年度が4月から3月まで)が多いのは、国や地方公共団体等の公的機関の会計年度が4月から3月までとなっていることが大きな理由でどこの企業もだいたい、年度単位で運営しています。4月から始まり、3月で終わるのです。

保育園も同じで、4月から翌年3月までの1年間を一年度として数えています。

よほどの理由がない限りは3月まで務めてから転職するのが一般的なのです!

一年度のうちで、担当するクラスや子どもが入れ替わることは基本ないので、転職後のスタートは新年度開始の4月に合わせることが最適です。

その理由は、新規・新卒採用者と一緒に働き始められるので新しい職場に馴染みやすい。

4月から新しい先生と1年間を過ごすので、園児や保護者と信頼関係が築きやすいところです。

退職したいと伝える時期はいつが良いの?

円満退職の為には辞めたいと伝えるのは保育園の就業規則に則って行いましょう。

民法上は退職日の2週間前までに、退職の意思を伝えればよいこととなっているのですが、就業規則に「退職の1ヶ月前までにその意思表示をすること」などと決められているケースもありますので円満に退職をしたいと思っているのなら、あらかじめ就労規則を確認し、いつまでに退職の意思を伝えるべきか検討しておきましょう。

基本的には多くの保育園が、より良い園の運営のために、11月から12月頃に職員の、来年度の希望を確認しています。

転職・退職を考えている人は、だいたいこの頃11月に入ってから退職したいと上司に伝えると良いでしょう。

遅くても1ヶ月前には伝えておくべきでしょう。11月ごろに来年度の構想を練り始める施設が多いので、その時期までには園長先生や主任さんに退職の意思表示をするのが3~4ヶ月前に伝えるのが理想ではないでしょうか。

お世話になった皆さんに感謝の思いで円満退職!

引き際も美しく円満に退職するためには「立つ鳥跡を濁さず」という言葉を行動で示しましょう。自分が辞めた後に、自分が受け持ってたポジションが上手くまわっていくように後任の方へしっかり引き継ぎを行ってくださいね。

特に気になる心配な子どもさんもいると思うんです。その子その子に適した指導や対処方法があるので、気をつけたい注意するポイントをまとめておきましょう。

保護者さんも、自分の子どもをかわいがってくれた保育士さんと別れるのはセンチメンタルになるんですよね。保護者の方、特にお母さんには感謝の気持ちを伝えておきましょう。

責任感を持って3月一杯まで務め上げて円満退職を目指しましょう!

転職活動を開始する時期はいつが良いの?

 

新年度の4月に転職するためには、前年度のうちにしっかり準備を行いましょう。
夏前の6月頃は情報収集を中心にして、保育士の求人数が増え始める秋頃の10月から転職活動を開始することがおすすめだと思います。

6月は、保育園の行事が落ち着いてくる時期で、保育士のみなさんもクラス運営に慣れてくるころでしょう転職に向けた行動を取りやすくなります。この時期の転職活動は、情報収集程度に抑えておいたほうがいいでしょう。?

保育士の求人が多い時期は10月から3月ごろまでです。やっぱり、求人が多い時期に転職活動を本格的に始めると選択肢が多いので良い求人は見つけやすいでしょう!

保育士の仕事は、毎日忙しい職業です。

朝は早いですし、行事前は残業や持ち帰りの仕事もあるでしょう。

働きながら転職活動をするのは、時間や体力に限りがあります。

そんな時に助けになるのが転職支援サイトです。転職支援サイトの転職エージェントがあなたの心強い味方になってくれますよ!

登録は無料・今悩んでいる転職のことなどなんでも相談にのってくれて、しかも無料でできます。自分の代わりになって転職活動を助けてくれる心強い存在です。

転職支援サイトの専門キャリアアドバイザーが丁寧に相談・対応してくれますよ!

転職前はいろいろ不安な事も多いでしょう。

でも転職支援サイトのアドバイザーさんが親身になっていろんな相談に乗ってくれるのは頼もしくてすごく助かります。しかもサ-ビ-スは全て無料で受けられますので

転職を少しでも考えてて不安がある方は転職支援サイトに登録しておきましょう。

保育士さんがよく使われている転職支援サイト

 

仕事をしながら転職活動を1人で行うのであれば、仕事が多忙の上にいろんな事に気を使うことが多くなるので精神的にも疲れ果ててしまいます。

転職する前に倒れてしまっては、なんにもならないので転職支援サイトのコンサルタントさんにお願いして転職活動を一緒に進めて行く事をオススメします。

自分に物凄く自信があるならば必要ないのでしょうが、精神的にも肉体的にも自信がない方又多忙な方には凄く助けになるのが転職支援サイトのコンサルタントさんやキャリアアドバイザーさんやエージェントさんと言われる方々なので転職しようかなと思った時に転職支援サイトに登録しておきましょう。

登録するのは面倒だ難しいと思われてる方もいらっしゃるようですが登録は凄く簡単で2分もあれば登録完了しますので。この先の転職活動を1人で戦い抜く思いをするなら簡単なものです。

それから、転職支援サイトは最低でも2~3社は登録しておきましょう。いろんな職場の条件の比較ができますし、あなたに合った職場も見つかる確率も数段跳ね上がります。

 

 

 

 

転職支援サイト利用の流れを紹介します

 

1・気になる転職支援サイトの無料登録申し込みをする

公式サイトの登録フォームからカンタンに申し込めます。申込みをしてしばらくすると担当者からの連絡が来ます。

2・ヒアリング

あなたの希望条件や転職に関する不安点を伝えてください。ヒアリングに費用は一切かかりません

3・求人案件のご紹介

キャリアアドバイザーやコンサルタントが、あなたの希望条件を叶える求人を紹介してくれます。

4・園見学

希望の方には、園見学のサポートも。不安に感じる方はお気軽にご相談ください。

5・面接

はじめての転職で慣れない方もご安心ください。希望者にはアドバイザーの面接同行も可能です。

6・入職

給与条件や入社時期など、専任のキャリアアドバイザーが、あなたの代わりに交渉します。

7・転職後のフォローもあります

新しい環境で不安に感じるなどありましたら、お電話でもメールでも構いませんので、
お気軽にキャリアアドバイザーへ相談してください。

以上が一般的な転職支援サイトの登録から入職後までの流れになります。

保育士の転職まとめ

転職に最適な時期は、保育園の新年度開始となる4月です。

新規の採用者と一緒に働き始められるため職場に馴染みやすくなり、区切りの良いスタートを切ることができるでしょう。

転職支援サイトは各求人施設から手数料を頂戴しています。求職者の方は、費用が一切発生することなくご利用いただけます。

給与や福利厚生などの充実した職場、離職率が低い職場、子育てママにうれしい育休、時短制度がある職場など、あなたのニーズに合わせた求人案件を用意してくれます。

園見学の交渉・調整など、面接・転職前の現場理解もサポートしてくれます。

今の現状よりも良いところに自分に合ってる職場が早く見つかるといいですね!

たまちゃんは頑張る人を応援しています!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました