初めてのエイジングケアシャンプー選びに悩んでいる方にオススメのシャンプー5選です! | たまブログ

エイジングケアシャンプー選びに悩んでいる方にオススメのシャンプー5選

5種類のシャンプー比較

エイジングケアシャンプーとは?

 

髪と頭皮の健康を保ち、健やかな状態を維持するのに必要な栄養成分を配合したエイジング効果の高いシャンプーのことです。

加齢とともに気になる、髪のボリューム・ハリ・コシがなくなってくる症状に対し効果のある成分を豊富に配合しています。

近頃よく聞く、エイジングケアってなんだろう?

「エイジング」とは加齢や老化のことを指し、

「エイジングケア」とは、年齢に応じた肌のお手入れのことをいいます。

例えば、年代によって似合う服装が変わるように、お肌も頭皮も年代に合うスキンケアやシャンプ-が異なります。

エイジングケアシャンプー種類も多くてどれを使っていいのか悩みますよね?

そこで、エイジングケアシャンプーを選ぶときに抑えておきたいポイントを紹介しますね!

エイジングケアシャンプーを選ぶ時のポイント

 

エイジングケアシャンプーを選ぶ際には頭皮の悩み、髪の悩みを解消するものを選ぶのが重要です。

悩みを解決するには、問題が起こっている原因を解決できる成分が、しっかり入っているかがポイントになります。

今の髪の状態を作り出した原因の一つには、頭皮の状態が含まれてますので頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶことも大事なポイントです。

シャンプーの効果や効能がしっかり反映される為には、自分の髪質や状態などをきちんと把握して自分に合ったシャンプーで髪の悩みを解決して行きましょう。

エイジングケアシャンプーの選び方は、髪の悩み頭皮の悩みにあわせた目的で選びましょう!

パサつく髪の乾燥対策には保湿成分を重視して選ぶ。

年齢を重ねると肌の水分量が低下するように、髪や頭皮の水分量も減ってしまいます。

若い頃に比べると、髪や頭皮の乾燥が気になる、髪がパサつくなと感じる方も多いでしょう。

そんな方にオススメなのが、保湿成分が配合されたシャンプーです。

髪や頭皮の健康を考えたエイジングケアシャンプーには、

植物エキスや植物由来のオイルなどの「天然由来保湿成分」が使われることが多いようです。

ホホバオイルやアルガンオイルなどは、保湿だけではなく髪のツヤを出すために使用されています。

髪の細さ・薄さが気になるならハリコシ成分を重視して選ぶ。

年齢と共に髪が細くなり、それに伴い髪全体の量が少なく見えてしまう悩みを持つ方も多くいらっしゃいます。

薄毛は髪が抜けて本数が少なくなることだけが原因ではなく、1本1本の髪が細くなることも原因のひとつなのです。

対策としては、髪にハリやコシ、ボリュームをあたえてくれる成分が配合されたエイジングケアシャンプーがオススメです。

ヒト型ナノセライドやアミノ酸成分、頭皮の状態を整える植物エキスなどが配合された製品を選ぶと良いでしょう。

髪のベタつきが気になる方は洗浄力を重視して選ぶ。

 

加齢とともに髪のベタつきや臭いが気になる方も多いようです。

髪のベタつきにはいくつかの原因があり、そのひとつにホルモンバランスの乱れがあります。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の過剰分泌が起こるため、髪や頭皮のベタつきの原因となります。

その場合、髪や頭皮に負担をかけずに洗浄できる成分が配合されたシャンプーがおすすめです。

ただし洗浄力が強すぎると頭皮の乾燥を促進し、その結果皮脂の分泌量が増えて髪や頭皮がベタつくこともあるので、

ほどよい洗浄力のシャンプーを選ぶことが大切です。

ノンシリコンかどうか重視して選ぶ

 

髪や頭皮の健康のために、ノンシリコンシャンプーを求める方が増えています。

シリコンは髪の表面をコーティングし、手触りを良くしたり髪同士の摩擦を減らしたり、

ドライヤーの熱から髪を守る役割があります。ただし、頭皮にシリコンの成分が残ると、

かゆみやフケなどの頭皮トラブルの原因となります。

シリコンもデメリットばかりではないため一概に悪いと言い切れませんが、

もし植物由来の成分でシリコンと同じように髪をコーティングすることができるのなら、

ノンシリコンシャンプーを選ぶ方が良いかもしれません。

頭皮環境に対応した成分が含まれているかを重視して選ぶ

 

頭皮や髪の悩みは、頭皮環境を整えることで改善が期待できます。
せっかく毎日シャンプーをするのですから、

できれば頭皮環境を整える成分が配合されたエイジングケアシャンプーを選ぶことをおすすめします。

配合成分はシャンプーによって異なりますが、植物エキスや植物オイルが配合されることが多いようです。

植物エキス・海藻エキスに含まれているビタミンやミネラルが皮膚の生まれ変わりを助ける効果があります。

肌質にあわせたオススメのシャンプー選び方

 

肌質に合ったオススメのシャンプーはどんなシャンプー

頭皮のトラブルや髪の悩みは、自分に合ってないシャンプーを使用していると起こります。

みなさん肌の状態が違いますので、自分の肌質に合ったシャンプーを選ぶことが重要です。

皮脂が多めの方は適度な洗浄力があるシャンプー

皮脂が多めの方は、つい洗浄力が高い製品を選んでしまいがちです。

しかし、洗浄力が高すぎるシャンプーは頭皮にとって必要な皮脂まで落としてしまうために、

かえって皮脂の分泌を促進してしまいます。さっぱりと洗いたい方は、

適度な洗浄力がありスッキリした使用感の製品を選ぶと良いでしょう。

敏感肌なら低刺激性のシャンプー

敏感肌の方は、アミノ酸系の洗浄成分を使用した低刺激性のシャンプーがオススメです。

ただし、現在皮膚疾患があり通院している方は、かかりつけの医師に相談してからシャンプーを選んでください。

乾燥肌なら保湿成分配合のシャンプー

乾燥肌の方は、頭皮も乾燥していることが考えられます。

髪はもちろん頭皮の乾燥にも効果が期待できる、保湿成分が配合されたシャンプーを選びましょう。

使い続けられる価格のものを選びましょう

エイジングケアシャンプーは、ぜいたく品ではなく毎日使う消耗品なので、

価格も重要なポイントとなります。どれだけ髪や頭皮に良い製品でも、

価格が高すぎては使い続けることができません。納得できる価格帯の製品

長い目で考えて、家計を圧迫しない程度のものを選びましょう。

頭皮のケアとエイジングケアシャンプー購入に悩む人の為に選んだシャンプー5選

それでは、エイジングケア特に今回は頭皮のケアを重視して選んでみました。

おすすめなシャンプーをご紹介します。どのシャンプーを選ぶべきか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

haru「kurokamiスカルプ」

haru「kurokamiスカルプ」

天然由来100%の肌に優しいシャンプー
ヤシ由来、4種の洗浄成分(うち3種がアミノ酸)で、洗浄力はマイルドでありながら、保湿力も高い

33種の天然美容成分が頭皮と髪に浸透し、リンス・コンディショナーをしなくてもサラサラの仕上がりに。

頭皮のケアも抜群

フケ・かゆみ・ニオイが気になっているという女性の方にも最適で、
抗菌効果のあるサトウダイコン、かゆみを抑えるためにセロリから抽出した成分、マテ茶葉発酵液を配合していて、ニオイの原因となる皮脂の酸化を防ぎます。

シリコン・合成ポリマー・カチオン界面活性剤・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成防腐剤・合成保存料が全て無添加。敏感肌で刺激の少ないシャンプーを探している人におすすめです。

きしみやすい/フケ・かゆみ・ニオイが気になる/敏感肌の人におすすめ

 

クレアルオーガニックシャンプー

クレアルオーガニックシャンプー

オーガニックにこだわってサロン経営者と作ったオールインワンシャンプーです。

年齢髪のために厳選した成分を贅沢に配合。
年齢とともに失われるチカラを補い、髪本来の輝きを引き出します。

アミノ酸系の洗浄成分を配合しているから頭皮にも優しく、ふっくら柔らかな泡で傷みやすい髪をしっかり洗い上げ潤いを保ちます。

クレアルオーガニックシャンプーのこだわり成分

【オーガニックの品質にこだわり】

オーガニック認証取得の国内工場で製造人にも環境にもやさしくあるために以下の成分を不使用!!

6つの不使用成分

クレアルオーガニックシャンプーは、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤
紫外線吸収剤、シリコン、合成香料、合成着色料の添加物は一切含まれていません。

こだわりの成分は?

髪や頭皮と同じアミノ酸からできた天然100%の洗浄成分

妊娠中の経皮毒の心配無用。「ヘマチン」「クロタン」のW黒艶成分

傷んだ髪を補修する「リデンシル」「キャピキシル」配合

保湿成分のプラセンタとヒアルロン酸でトリートメント

使用全成分が公開されている安心

甘く上品なローズの香り 天然精油「ローズペダル」

アミノ酸系の洗浄成分で頭皮に優しいシャンプー

髪が痛みパサつく方にオススメです!

 

アミノ酸シャンプー 「アロマのやさしさ」

アミノ酸シャンプー 「アロマのやさしさ」

アミノ酸シャンプー 「アロマのやさしさ」は、
アロマテラピーの優しさから生まれたアミノ酸シャンプーです。

本当に安心して使える成分だけを使ったシャンプーです。

シリコンやコーティング剤、石油系合成界面活性剤、スルホン酸系洗浄成分
などは一切使っていません。

パラベンなどの旧指定成分、合成香料、着色料、パール化剤などの余計なものも入っていないシャンプーです。

本当に安心して使っていただくために「アロマのやさしさ」は本当のアミノ酸シャンプーをお届けします。

物凄く泡立ちが良かったり、使ってすぐに髪に良い演出をする成分は頭皮にダメージを与えることがあります。

シャンプー購入するときに注意するポイントは!

シャンプーして頭皮にダメージを与える成分が入っていないか、しっかり成分表示表を確認しましょう。

シャンプーには薬事法に従って全成分が表示されています。成分名中に「硫酸」「スルホン酸」等の名前のつくものは、脱脂力・タンパク変性作用が強いため、特に要注意です(ラウレス硫酸Na、ラウレル硫酸、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na等)。お手元のシャンプーを一度確かめてみてください。

 

髪や頭皮に優しいと言われているアミノ酸シャンプーとは何でしょう?

「アミノ酸シャンプー」という名前には、はっきりとした定義がありません。

「アミノ酸シャンプー」という言葉には法的な決まりがないので、「アミノ酸成分」をほんの少しだけ配合したシャンプーも 「アミノ酸シャンプー」という名称で販売されていることがよくあります。

つまり、どんなに頭皮に悪影響のある成分を使っていても、シャンプーを作っている会社が「うちのシャンプーはアミノ酸シャンプーです」と言えば、 「アミノ酸シャンプー」になってしまうわけです。

アミノ酸シャンプーか見分けるポイントは?

「アミノ酸シャンプー」と謳っていても、「硫酸」「スルホン酸」という名前のつく成分が一緒に配合されているものは、脱脂力やタンパク質変性作用が強く、頭皮に大きな負担をかけてます。こうしたシャンプーには注意が必要です。
(ラウレス硫酸、ラウリル硫酸、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na等)

「アロマのやさしさ」にふくまれるアミノ酸系洗浄成分は?

代表的な成分として下記の3成分が入ってます。

ココイルグルタミン酸TEA
ココイルアラニンTEA
ラウラミノプロピオン酸Na

この3種類の成分の特徴は?

刺激性が低く、頭皮に優しい。洗浄成分自体に髪のダメージに浸透して保湿する働きがあります。

「アロマのやさしさ」はノンシリコンシャンプーです。

「シリコン」は撥水性と潤滑性をもつ成分で、カーワックスに使われることで良く知られています。シャンプーやリンスにこのシリコンを配合しておくと即効的にキューティクルに吸着する性質があり、使ってすぐに髪質が良くなっこうした効果の多くはシリコンによるものです。

シリコンは髪の表面をコートするだけで、髪に浸透して保湿したりダメージを補修する効果は全くない上、吸着力がとても強いため髪から剥がれる際にキューティクルを一緒にはがしてしまうことがあるという問題があります。

シリコンに頼ったヘアケアは、深まったダメージを覆うために、さらにシリコンが必要になるという悪循環に陥ってしまいます。たように「演出」する働きがあります。

「シリコン」よりさらに問題なのが、髪を滑らかにする「コーティング剤」(いわゆるリンス成分)です。

シャンプーに入っているコーティング剤の多くは「低分子性カチオン(陽イオン)界面活性剤」と呼ばれるものです。聞きなれない名前だと思いますが、実はシャンプーやトリートメントに使われる成分の中で、最も頭皮に深いダメージを与えるのがこの「低分子性カチオン活性剤」なのです。

シャンプーに配合されている以上、頭皮に触れないように使うことはできません。こうした成分の入ったシャンプーは一時的に髪質が良くなったという「演出」と引き換えにして、頭皮の健康にとって良くない成分を毎日頭にすり込んでいるのです。

シリコンの成分名

「ジメチコン」「シクロメチコン」「シリカ」「シリル」「シロキ」「シラン」「シロキサン」
これらが成分名の一部にでも入っていたらシリコンです。通常、シリコンの入っているシャンプーやリンスは数回使っただけで、髪質がサラサラになったような「感触」が得られます。シリコン入りシャンプーの仕上がり感は、ほとんどが髪に吸着したシリコンの働きによるものです。

「アロマのやさしさ」は無添加のシャンプー

人によっては、皮膚を刺激したりアレルギー反応を示したりする可能性のあるパラベンなど、旧指定成分は一切使っていません。

パール化剤、着色料などシャンプーの色を整える余計な成分や、合成香料ももちろん無添加です。

デリケートな赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなで毎日の健やかなシャンプ-を安心してお使いいただけます。

頭皮と髪にできるだけ負担をかけないようにするためには、シャンプーを弱酸性に保つ必要があります。

アルカリ性を帯びた液体は頭皮に対する刺激が強く、髪の毛に対してはキューティクルを開いて傷つきやすくしてしまう性質があります。

「アロマのやさしさ」はpH値を6.2に保った弱酸性のシャンプーです。毎日のシャンプーでも、頭皮にも髪自体にも負担をかけることのない優しいシャンプーです。

美しい髪を作る頭皮の健康を大切に考えたい方に
短期的、表面的な「演出」を求めて大切なものを犠牲にするのではなく、美しい髪を生む頭皮の健康を大切に考えたい方に。

シリコンやコーティング剤を一切使わず、植物由来のアミノ酸成分と植物油、天然精油が頭皮と髪に働きかける「アロマのやさしさ」は必ずご満足いただけるシャンプーです。

髪の乾燥やパサつき、髪の傷みが気になる、フケや湿疹などの頭皮トラブルが気になる方にオススメのシャンプーです。

 

マイナチュレ・スカルプシャンプー

マイナチュレ・スカルプシャンプー

女性でも髪の悩みは多いですよね、ボリュームが足りない、シャンプーしていると髪が抜けてしまうシャンプーが合わず頭が痒くなったりフケが出てきて悩んでる。

年齢と共に頭皮の状態と髪の毛は劣化していきます。

そこでエイジングケアができるマイナチュレ・スカルプシャンプーです。

マイナチュレ・スカルプシャンプーには合成香料、着色料、シリコン、パラベン、石油系界面活性剤(E.O.P.O)、合成ポリマー、紫外線吸収剤、サルフェート、タール色素の添加物は一切含まれていません。

8種類のオーガニック成分配合、28種類の植物成分配合が入っている。

セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウサンザシエキス、ラベンダーエキス、ノバラエキスキューカンバーエキス、ローズマリーエキス、タイムエキス、セージエキス。

オーガニック成分は髪によくさらに肌にも優しいものが多く配合されています。

植物成分28種類も含まれている植物の力を取り入れたシャンプー、植物由来で作られた成分を多く配合したシャンプーです。

独自開発のシャンプーボトルが凄い

マイナチュレ・スカルプシャンプーでは独自開発したボトルでシャンプーの劣化を防いでいます。

シャンプーは空気に触れてしまうと酸化してしまって劣化するので、常に新しいシャンプーとして使うことができる仕様にしてあります。

マイナチュレ・スカルプシャンプー特徴は

マイナチュレ・スカルプシャンプーはアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、アミノ酸系洗浄剤を使用したシャンプーになり、
人の髪や皮膚のたんぱく質を構成しているアミノ酸と同じ成分でできている

頭皮・髪に優しい皮脂を取り過ぎない、弱酸性で環境にやさしい、良い洗い上がりです。

薄毛に悩んでいる、髪と地肌にいい天然成分が配合してあり、抜け毛・フケ予防や髪のハリ・コシを向上させたい方にオススメのシャンプーです。

 

【髪萌薬用シャンプーHATSUMOE】

髪萌薬用シャンプーHATSUMOE

髪萌シャンプーは、女性の抜け毛や薄毛、頭皮環境のみだれにダイレクトにアプローチし、美髪や育毛の効果が厚労省にも認可された、薬用成分『グリチルリチン酸2K』をメインの成分としてブレンドしています。

髪萌シャンプーは、美しく、ハリツヤ、コシのある美髪を育てるための頭皮環境の土台を健やかに整える効果が、愛用者からも高く評価され、使用後数回でも髪質のより良い変化・ボリューム感を期待することができます。

5種類の植物エキス

髪萌シャンプーには、保湿に特化したローマカミツレエキスや、

抗炎症・抗酸化作用のあるシャクヤクエキス、頭皮のめぐりを安定化させ、

育毛をサポートするアルニカエキスなど、15種類もの植物有用エキスを配合しています。

15種類それぞれのヘアケア成分の相乗浄化によって、

女性に良くある髪と頭皮のトラブルを根本的に改善しながら、年齢を感じさせない、

生まれたてのような美髪と、健やかな頭皮へと仕上げてくれます。

6つの無添加で頭皮に優しい

髪萌シャンプーは、石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、合成香料、合成着色料など、女性の髪と頭皮に負担・刺激を与えてしまう添加物を一切使用していません。

ハリ・コシ使うほどに実感していきます。

汚れ・老廃物・余分な皮脂を洗い落としながらも、必要な皮脂や潤いは奪わない絶妙に調整された洗浄力で、頭皮を清潔に健やかに保ちます。

コンディショナー不要で髪を傷めず、ツヤ・コシが使い続けることでますます品質の良さを実感します。

健康な髪を地肌から育てる。

育毛効果が認められている有効成分グリチルリチン酸2Kをはじめ、15種類もの有用植物エキスを配合。
頭皮環境を整え、毛髪を育てる土壌づくりを促進します。

グリチルリチン酸2Kとは?

マメ科の甘草(カンゾウ)から抽出した成分「グリチルリチン」の誘導体。

グリチルリチン誘導体は優れた抗炎症作用・抗アレルギー作用をもつことで知られており、女性本来の美しい髪を育てる「育毛」の土台となる頭皮環境を整えます。

育毛効果が認められていることもあり、医薬部外品の原料として広く使われています。

フケ、かゆみ、汗臭・・・頭髪のストレスから解放!

有用成分の働きで、不快なふけ・かゆみ、頭皮や毛髪の汗臭を防ぎ、清潔感のある頭皮環境を実現します。

洗いあがりはすっきりと、とてもナチュラル。
頭皮と毛髪が素に戻り、シャンプー後の育毛ケアが素直に浸透するのが感じられます。

頭皮への負担が少ない!ヘアカラーの色落ちもゆるやか・

『髪萌薬用シャンプー』はアミノ酸系の頭皮にやさしい弱酸性。
必要以上に皮脂を取りすぎないので育毛ケアに最適です。
カラートリートメントの色落ちも防ぎます。

頭皮や薄毛、髪のボリューム、ハリ・コシに悩む方にオススメです。

 

まとめ

 

今回は頭皮のケアに重点を置いて、エイジングケアシャンプーをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

エイジングケア、アミノ酸系と謳っていてもその言葉に惑わされずに、自分自身で成分を確認することが大切になります。どんな成分が配合されているのかきちんと確認して、良質なエイジングケアシャンプーを選んで健康的な髪の毛になりましょう!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました