薄毛を改善する食べ物、薄毛は食生活が関係している! | たまブログ

薄毛を改善する食べ物、薄毛は食生活が関係している!

薄毛や抜け毛に関する記事

薄毛に良い食べ物と栄養素は?

 

あなたは今、髪の毛にとって健康な食生活をしていますか?

「髪にいい」と思い込んでしていることが、薄毛の原因になっているかもしれませんよ。正しい知識を身につけて薄毛を改善していきましょう。

薄毛対策に重要な三大栄養素とは?

薄毛対策に重要な働きをしてくれる三大栄養素といわれているのが

「ビタミン」「ミネラル」「タンパク質」です。

それぞれがどのような働きをして、どんな食べ物に含まれているのかを調べてみました。

ビタミン

ビタミンA、ビタミンBなどの各種ビタミン類も、健やかな髪の成長をサポートしてくれる薄毛対策に欠かせない栄養素です。

ビタミンAは、代謝をアップして血流をよくし、頭皮環境をよくする働きがあり、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれています。ビタミンBは髪の毛のもととなるケラチンの生成を助ける働きをする栄養素で、あさりやまい

たけ、ししゃもなどに含まれています。

ミネラル

亜鉛などのミネラルは髪の毛の健やかな成長に欠かせない栄養素です。髪の毛を作り出す毛母細胞の増殖を促進するだけでなく、薄毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑制する作用にも期待できます。

亜鉛は特に何もしていなくても1日に15mgほど消費されてしまい、飲酒や喫煙、過度なストレスによっても減少してしまうため、意識して摂取するのが望ましいといえます。

牡蠣や豚レバー、納豆、いわし、ナッツ類などに含まれているため、メニューに取り入れてみましょう。

タンパク質

髪の毛は「ケラチン」といわれるタンパク質で構成されているため、髪の毛の原料として欠かせない栄養素です。ケラチンは食事で摂取したタンパク質をもとに、体内で分解後再結合して生成されます。

タンパク質は肉や魚、卵、乳製品、大豆などに多く含まれます。

ミネラル

亜鉛などのミネラルは髪の毛の健やかな成長に欠かせない栄養素です。髪の毛を作り出す毛母細胞の増殖を促進するだけでなく、薄毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑制する作用にも期待できます。

亜鉛は特に何もしていなくても1日に15mgほど消費されてしまい、飲酒や喫煙、過度なストレスによっても減少してしまうため、意識して摂取するのが望ましいといえます。

牡蠣や豚レバー、納豆、いわし、ナッツ類などに含まれているため、メニューに取り入れてみましょう。

これらのさまざまなビタミンを上手く組み合わせ、バランスよく食べましょう。

食生活でホルモンバランスを整える

女性特有の薄毛の原因として、「女性ホルモンの乱れ」も挙げられます。女性ホルモンの中には「エストロゲン」というものがあります。エストロゲンは、髪の毛の成長やヘアサイクルに大きく関わるホルモンです。このホルモンは産後や更年期に減ってしまうことがあり、それが原因で薄毛になってしまうことも。食事でホルモンバランスを整えることも薄毛改善に繋がります。

食べ方としては、ひとつの食材を多く食べるのではなく、肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、良質な油など、さまざまな栄養素をバランス良く食べることと、3食きちんと食べること。特に良いとされているのは、納豆などの発酵食品や、ゴボウやバナナなどの食物繊維とオリゴ糖が多く含まれている食材です。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをし、食物繊維は腸内環境を整えてくれます。

まとめ

食事だけで髪の毛が全て改善されれば苦労はしません。食生活の改善は基本中の基本の改善策です。しかし薄毛などの症状を取り巻く要因は日常生活にたくさん潜んでいます。

食生活と共に日常生活の改善をおすすめします。しっかり睡眠をとり日頃のストレスを溜めないで、体の疲労をなくすなどを心がけていく事が大事です。

 

タイトルとURLをコピーしました