薄毛や抜け毛が気になるあなたAGAと言う病気かも?AGAの特徴と原因は? | たまブログ

薄毛や抜け毛が気になるあなたAGAと言う病気かも?AGAの特徴と原因は?

薄毛や抜け毛に関する記事

AGAの特徴と原因は?

「AGA」とは何でしょう?

 

近頃よく目にしますよねAGAって何でしょう?

よくわからないので調べてみました。

Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。

その名が示すとおり、薄毛の悩みの中でも特に成人男性によくみられる症状であり、頭頂部や額の生え際の髪が薄くなっていってしまう現象を表しています。

「AGA」の4つの特徴

成人男性にみられる脱毛症状である「AGA」では、抜け毛や薄毛といった症状が徐々に進行していきます。

頭頂部や額の生え際の髪が細く短いまま充分に育たずに抜け落ちてしまい、徐々に薄毛が目立つようになってしまいます。

「AGA」による薄毛の進行の特徴として、頭頂部から徐々に進行する場合や額の生え際から徐々に進行する場合や、さらにこの両者の混合タイプが見られます。

さらにこの「AGA」は進行性であるため、何もケアをせずに放置しておくとその薄毛がどんどん進行してしまうという特徴があります。

「AGA」の原因について

一般的に「AGA」の主な原因として、男性ホルモン遺伝の影響に加えてストレスや生活習慣などが考えらています。

1・男性ホルモンの影響による「AGA」

「AGA」を引き起こす直接的な原因物質として、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素のはたらきによってジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで発生します。

「AGA」の方の脱毛してしまった箇所の頭皮からは多量の「ジヒドロテストステロン」が検出されています。

この「ジヒドロテストステロン」は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことによって生成されます。

こうして出来た「ジヒドロテストステロン」には、毛髪の元となる「毛母細胞」の働きを低下させる作用があることから、「AGA」の直接的な原因物質として考えられています。

2・遺伝による「AGA」

薄毛の症状が若くして発症した男性ではX染色体にある「アンドロゲン」という男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が見られることがわかりました。

このことから、遺伝子変異によってアンドロゲンの働きが強まることが「AGA」の原因となるのではないかと考えられるようになりました。

受容体遺伝子に変異が見られたX染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父が「AGA」であったなら遺伝する可能性があるとも考えられていますが、「AGA」の原因となる遺伝子は他にもあると考えられており今後の研究に注目したいですね。

3・ストレスによる「AGA」

ストレスによって自律神経やホルモンバランスが崩れると、血行が悪化して毛髪の成長に必要な栄養が毛根へと行き渡らなくなってしまう可能性があります。

この事によってコラーゲンが「毛母細胞」へと行き渡らなくなってしまい、毛母細胞自体が減少してしまい薄毛へとつながってしまう事もあります。

4・生活習慣による「AGA」

髪の毛の成長に必要となるビタミン類や亜鉛。これらが不足してしまうようなバランスを欠いた食習慣も「AGA」の原因と言えるでしょう。

毛髪の成長に不可欠なミネラルや亜鉛は、アルコールを分解する為に消費されてしまいます。過度な飲酒も「AGA」の原因と考えられます。

喫煙習慣も頭皮の血行を妨げてしまいます。このことから毛髪の成長に必要な栄養が毛根へと行き渡らなくなってしまい薄毛の原因とかんがえられます。

運動不足や睡眠不足も同様に結構を悪化させてしまうので「AGA」の原因となりうるでしょう。

不規則・不摂生な生活習慣には「AGA」を招いてしまうリスクがあると思われます。

「AGA」の治療は?

AGAを改善できる治療法

AGAの治療には、まず自分でも出来るヘアサイクルを戻す効果が期待できる育毛剤の使用や、頭皮や髪の原料となるアミノ酸を配合した育毛シャンプーの使用など、比較的お手軽に始められる改善方法を取り入れてみましょう。

どうしても気になる額の後退など、実際に薄毛の症状が確認できる場合にはAGAである可能性があるので専門のクリニックで診断してもらいましょう。

クリニックでは、細胞レベルから毛包を活性化させる効果のある薬を取り入れる「育毛メソセラピー」という治療方法も、軽度のAGA治療には大変効果的が期待できると言われています。

このような場合には、薄毛の症状が見られる箇所に直接塗布する「ミノキシジル」や、内服薬として服用する「フィナステリド」などのAGAの症状に対して高い治療効果が期待できる成分を含んだ薬物を服用します。

まとめ

いよいよクリニックでも手に負えないときには最終手段としてかつらの着用や植毛などによって薄毛による見た目的な問題を解消する方法もあります。

髪の悩みは人それぞれ違いますので、すごく気になるのであれば、一刻も早く専門のクリニックを受診されることをオススメします。

あなたの悩みが早く解決しますように!

 

タイトルとURLをコピーしました