犬のお散歩メッセージワッペンリードに付けて使うメッセージワッペン | たまブログ

犬のお散歩メッセージワッペンリードに付けて使うメッセージワッペン

ペット

犬のお散歩中にいきなりワンちゃんを触られたことはありませんか?

 

・勝手に犬が触られ、嫌な思いをした方

・いきなり犬に触る人たちに対して対応に困ったことがある方

こんなことがあった方に犬のお散歩メッセージワッペンはオススメです!

犬とのお散歩中、愛犬を触ろうとする方に触られるのは“ダメです”と言いにくい..
そんなお悩みの飼い主様待望のアイデア商品! つけると安心!
言葉で伝えなくても意思表示ができる(百“言”は一見にしかず)【犬のお散歩メッセージワッペン】



約6割の飼い主さんが「やめてほしい」と思っている!

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん400名に「散歩のときに、見ず知らずの人がいきなり愛犬を触ってくるのをどう思うか」について、アンケート調査を実施していたのでご紹介します。

回答者には「やめてほしい」「なんとも思わない」「嬉しい」の選択肢の中から1つ選んでもらいました。

約6割の飼い主さんが「やめてほしい」と思っている!

その結果、飼い主さんの57.0%が「やめてほしい」と思っていることが判明! 「嬉しい」と感じている飼い主さんは28.0%、「なんとも思わない」と感じている飼い主さんは15.0%という結果になりました。

「やめてほしい」と思ってる理由は?

  • 「万が一噛んでしまったり、傷つけてしまったら取り返しがつかないからやめてほしい」
  • 「驚いた犬が噛んだりするといけないので、いきなりは困る」
  • 「うちの子は人見知りのビビリさんなので、いきなり来られると吠えまくってビビリ倒すので」
  • 「犬が受け入れていればいいですが、犬の性格や状況、生態を理解せず何も考えず触ってくるのはやめてほしい」
  • 「いきなりは、たとえ好意であってもなにがあるかわからないのでやめてほしい」
  • 「噛むことはしませんが、見知らぬ人に触られるのは抵抗があります。噛んでしまったら大変ですし、触られることに愛犬が怖がることも考えられるし、いろんなことを考えると触らないでほしいと考えてしまいます」

人見知りだったり臆病だったりと、いろんな性格のコがいますよね。

また、どんなにおとなしいコでも、いきなり触られたらビックリして飛びかかったり噛みついたりする可能性もあるから、やめてほしいと考えている方が多くいるようですね。

 

犬の気持ちWEB MAGAZINE出典

万が一怪我をさせてしまったらと思うと心配ですよね

そんなときに便利なのが

犬のお散歩メッセージです



犬のお散歩メッセージワッペンの特徴

 

 飼い主様の犬の散歩時の不安の声に応えた商品 

他の犬や人間が苦手だったり、病気やケガ、過去のトラウマ・環境の変化からストレスや治療のためなど、

様々な理由で人や他の犬との距離を置きたい犬もいます。人の性格がそれぞれ違うように、すべての犬が人に懐っこくはありません。

お散歩中に、 許可なく触った人が犬に噛まれても責任は犬の飼い主様!

特にいきなり犬に触る人たちに対し、対応に困る!という犬や飼い主様に代わってメッセージを伝えるメッセージワッペンです。

犬の飼い主さんの了解を得てから触るようにしたほうがトラブルを回避できるかので。

このワッペンはすごくわかりやすくて良いですよ!

商品の特徴

・飼い主様の犬のお散歩時の不安の声に応えたアイデア商品!

・言葉で伝わなくても意思表示ができる(百“言”は一見にしかず)

・使い方は簡単(お使いのリードにワッペンを挟むだけ)、色んな素材のリード貼り合わせて使用

・軽いので犬への負担なし(約13g)、子犬も楽 ・刺繍タイプで劣化しにくく、雨の日など濡れても安心(洗濯可)

・遊離ホルムアルデヒドの溶出量と着色料試験をクリア、万が一犬が噛んでも安心

着けて分かりやすいアイコンと大きさにこだわった商品になっています!

どんな素材のリードでも動かずに固定できます。

柔らかい素材のリードの場合もリードに損傷がないように保護するリボンも加えて、細部までこだわりました。

是非一度商品を見てください。



犬のお散歩のトラブル防止!
「こわがりです」などワッペンをリードにつけて言わなくても目で伝える【【犬のお散歩メッセージワッペン】

犬のお散歩中、いきなり犬を触られるのは嫌!
犬が怖がって噛むかもしれない..など犬と飼い主様のお悩み解決商品【【犬のお散歩メッセージワッペン】

いきなり犬に触る人たちに対し、対応に困る!という犬や飼い主様に代わってメッセージを伝えるメッセージワッペン【【犬のお散歩メッセージワッペン】

犬のお散歩メッセージまとめ

 

飼い主さんが見ていない時に「勝手に触られる」は防ぎようがありません。

例えば、ほんの少しの間だからと、犬をつないで待たせて買い物していませんか?

想像してください。

飼い主さんがいなければ、勝手に触られるだけでなく、勝手に何か食べ物を与えられてしまうかもしれませんよ。

愛犬が怖がって威嚇して相手を噛んでしまうかもしれません。

そんな悲しいことが起こらないように

犬のお散歩メッセージを利用してみてはいかがでしょうか!

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

 





タイトルとURLをコピーしました